滋賀(4)長浜「黒壁スクエア」まち歩きINDEX

滋賀県長浜市「黒壁スクエア」。JR長浜駅からほど近い、北国街道周辺の古い町並みと商店街に広がる、黒壁ガラス館をはじめ、約30館からなる工房・レストラン・ショップに年間300万人の観光客が訪れています。長浜の観光まちづくりを取材してました。

滋賀・長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光INDEX

滋賀・長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり

長浜まち歩き(1)黒壁スクエア・北国街道編
長浜まち歩き(2)長浜商店街・御坊表参道編
黒壁インフォメーションセンター(長浜案内所) ★★★☆☆+
長浜グルメ&グッズ(1)郷土料理「翼果楼」さばそうめん ★★★★☆
長浜グルメ&グッズ(2)長浜一・行列ができる店「鳥喜多」
全国駅&観光案内所評価~JR長浜駅編 ★★★☆☆

にぎわいづくり研究室~賑わい創出のまちづくりレポート
にぎわいづくり研究室「まちづくりの教科書 No.2観光まちづくり編」
事例検証 長浜黒壁ガラスの観光まちづくりの成功と課題
詳細はこちら

取材日:2012年1月21日(土)

※尚、基本取材は、出張のついでに取れる範囲で時間を取って立ち寄って行っているもので、限られた日にち・時間内で見たものです。地域の現状については季節や日時曜日、対応した人によっても異なるもので、時々刻々変化するものですので、その時点での評価としてご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

滋賀(3)彦根城・ひこにゃん・夢京橋旅INDEX

彦根城築城400年祭のキャラクター「ひこにゃん」で一躍飛躍を遂げた、滋賀県彦根市の観光まちづくり&キャラクター活用。イベント後も、観光客数211万人、観光消費額120億円、ひこにゃんグッズ販売額8億円(H22年)を維持しています。今回は、「彦根城」隣接する「夢京橋キャッスルロード」「ひこにゃん」を取材しました。

滋賀県彦根市「彦根城」と「ひこにゃん」観光まち歩きINDEX
彦根城・ひこにゃん観光まちづくり

彦根まち歩き「彦根城登城記」

彦根城登城記(1)いろは松・二の丸櫓・表門橋編
彦根城登城記(2)表門山道~本丸・国宝天守編
彦根城登城記(3)彦根城博物館「ひこにゃん観光」編
彦根城登城記(4)「玄宮園」と茶室「鳳翔台」編

彦根グルメ&グッズ

(1)「夢京橋キャッスルロード」
(2)分福茶屋・つぶら餅・栗むし羊羹 ★★★☆☆+
(3)キャッスルロード「夢京橋あかり館」
(4)「クラブハリエ・彦根美濠の舎」

彦根観光~駅・観光案内所・ホテル評価 

全国ホテルライフ評価~彦根キャッスルホテル編 ★★★☆☆
JR彦根駅・観光案内所評価 ★★★☆☆+

取材日:2012年1月21日(土)

※尚、基本取材は、出張のついでに取れる範囲で時間を取って立ち寄って行っているもので、限られた日にち・時間内で見たものです。地域の現状については季節や日時曜日、対応した人によっても異なるもので、時々刻々変化するものですので、その時点での評価としてご覧ください。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

滋賀県(2)甲賀忍者の里、甲賀市編INDEX

甲賀市にお伺いするのは、これで三度目です。前二回は日帰りでしたが、今回は、二日間滞在するとあって、地元の温泉にも泊まって、仕事ではありますが、信楽に行ったり、合間で、忍者屋敷にも行くことができました。前回11月と今年2月、二回をまとめてルポしたいと思います。

CIMG7117.jpg

滋賀県(1)甲賀忍者の里「甲賀市編」INDEX

1.恋するまち認定(7)甲賀忍者の里「忍者屋敷」への旅
2.おすすめの温泉宿~甲賀流忍びの宿「宮乃温泉」

3.猫民登録 究極の美猫「みーちゃん」

4.甲賀忍者の里グルメ&グッズ(1)和食カフェ「くのいち本舗」
5.甲賀忍者の里グルメ&グッズ(2)甲南PAと忍者バーガー
6.甲賀忍者の里グルメ&グッズ(3)もちもちハウスと米粉タイ焼き
7.甲賀忍者の里グルメ&グッズ(4)ラーメン大賞2009「天下ご麺」
8.甲賀忍者の里グルメ&グッズ(5)稗谷の里「日野菜工房」の日野菜漬け

9.地域特産品情報(1)黒影米と忍者グッズのみのり産業
10.地域特産品情報(2)無農薬ブルーベリー観光農園「宮ベリー」
11.地域特産品情報(3)信楽の「健陶竹炭」陶器の消臭グッズ

12.甲南ふれあいの館~忍者の里の里山のくらし

テーマ : 滋賀県を・・・
ジャンル : 地域情報

滋賀県(1)白壁と蔵座敷、近江商人の町「五箇荘」

芽 白壁と蔵座敷、近江商人のまち「五箇荘」(滋賀・東近江)

CIMG3399.jpg
先月26日、近江商人の町「五箇荘」を歩いてきました。五箇荘は「売り手よし、買い手よし、世間によし」の三方よしで知られる近江商人発祥の地。白壁と舟板張りの土蔵が続く美しい町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。


むしゅーだ1 五箇荘の旅 INDEX  

2009年11月26日、能登川町商工会さんのお招きで、滋賀県東近江市に行ってきました。短い時間でしたが、せっかくなので、五箇荘まで行ってみることにしました。

1.五箇荘へのアクセス
2.五箇荘観光案内所と観光センター情報
3.恋するまち~重要伝統的建造物群保護地区「五箇荘」の街並み
4.五箇荘グルメ「いっぺき」野菜たっぷりうどん
5.地域に愛されている町「五箇荘」町並み保存

五箇荘情報リンク
ぶらり五箇荘(東近江市観光協会)
NPO法人金堂まちなみ保存会 


芽 五箇荘へのアクセス

CIMG3306.jpg
東京から新幹線で米原まで、そこからJR在来線に乗り換えて、能登川駅へ。そこから、五箇荘にはバスも出ていますが、タクシーでも10分弱です。また、五箇荘へは、近江鉄道で、直接「五箇荘駅」に行くこともできますが、今回、私は能登川で仕事があったので、能登川から向かいました。

CIMG3305.jpg
能登川駅前には、こちらの観光案内所があります。五箇荘に関する資料はここでも入手できます。荷物は能登川駅に残して行くこともできますが、五箇荘にもコインロッカーがあります。駅の案内所のおじさんは、事務的じゃなくて、親切で良かった。

CIMG3370_20091206190249.jpg
パンフレット三種頂きました。

CIMG3374.jpg
タクシーは、近江タクシーなど。バスの便が悪い時は、電話すると来てくれる。


芽 五箇荘観光案内所と観光センター情報

CIMG3307.jpg
五箇荘には、こちらの観光案内所(観光協会)と隣接する五箇荘の物産販売等を行っている観光センターがあります。観光案内所には、レンタサイクルやコインロッカーなどもあります。

CIMG3429.jpg

芽 五箇荘の町並み保存

CIMG3422.jpg
金堂まちなみ保存会など、地域での活動も行われています。時間があったら、こちらにもお邪魔して、お話をお聞きできたら良かったんですが、残念です。

CIMG3344.jpg

CIMG3419.jpg

CIMG3421.jpg

CIMG3414.jpg

CIMG3424.jpg

CIMG3420.jpg
看板は最小限。景観にももちろん、配慮されている。

CIMG3350.jpg
商店すらも美しい。こんな素敵な町が日本にまだあることに、思わず、泣きそうになる。

CIMG3354.jpg
商店にも、民家にも、この町への愛情と誇りが満ち溢れている。

CIMG3353.jpg
まちにはごみ一つ落ちていない。


3.恋するまち~重要伝統的建造物群保護地区「五箇荘」の街並み
4.五箇荘グルメ「いっぺき」野菜たっぷりうどん

テーマ : 滋賀県意外とエエとこやで
ジャンル : 地域情報

彦根グルメ&グッズ「夢京橋キャッスルロード」

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
彦根城近く「夢京橋キャッスルロード」商店街の観光入込客数は、年間32万人(滋賀県で29位/h22年)。

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
ゆるキャラまつりには、2日間で約7万8000人がここを訪れます。しかし、彦根城の入込は72万人。観光客の半数以上はここをスルーしていることになります。

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
ちょっと見ると、飲食店はそこそこあるように感じますが

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
実際にお店を探そうとすると、観光客にとっての選択肢は決して多くありません。

夢京橋つぶら餅
観光客がちょっと寛ぐカフェ的なものも、そうそう入りたいところがなくて、せいぜいこの「つぶら餅」屋くらいです。

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
町並みは、セットパックしたのか、広い歩道や立派な街頭が整備されて

彦根商店街「夢京橋キャッスルロード」
構造物は古い町並み風にはなっているのですが

夢京橋キャッスルロード
歩いて楽しむまちにまではなっていません。

彦根大正ロマン「四番町スクエア」
キャッスルロードに隣接する「四番町スクエア」に入ってみても

彦根大正ロマン「四番町スクエア」
謳われている「大正浪漫漂うまち」は

CIMG7339.jpg
こんな感じで

CIMG7338.jpg
大正浪漫ってもしかしてこの外套のことかな?というか夕方6時過ぎにはほとんど店じまい。

夢京橋キャッスルロード商店街
仕方なくまたキャッスルロードに戻り、どうにかして彦根らしいものを探したものの、居酒屋に入っても食事はないといわれ、仕方なくビールとお通し代を払って出ます。

夢京橋キャッスルロード商店街
そして、彦根まで来て食べたのは

夢京橋キャッスルロード商店街
このどこにでもあるお好み焼き。

唯一の救い?慰めは地酒の「萩の露」。いや、実にこの状況にバッチグーなネーミングの酒な。。。観光で彦根に宿泊する人の数は極めて低いと思いますが、ホテルのレストランも高いだけで特別なものはないし。彦根の夜は実にトホホでありました。夢京橋については、いろいろ課題はありますが、でも、一番はやはり、ここが誰のためのまちなのか見えないことでしょうか。

伊勢神宮とおかげ横丁のような共存共栄で栄える、神社仏閣と観光地が両翼の観光地はまだまだ数えるほど。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

長浜まち歩き(2)長浜商店街・御坊表参道編

長浜黒壁スクエア・大手門通り商店街
長浜の「黒壁スクエア」は、北国街道中心に30館。それが現在の長浜観光の中核を成すものになっていますが、そこから放射状に「大手門通り」や「祝町通り」「博物館通り」「ながはま御坊表参道」など、周辺商店街と連なっています。しかし、周辺の商店街を隅々まで歩く観光客はかなり限定されます。

長浜黒壁スクエア・大手門通り商店街
長浜らしい食というと、ここと「鯖そうめん」くらい。

長浜黒壁スクエア・大手門通り商店街
お店はアーケードの入口にあり、こんな花木も置かれています。

長浜黒壁スクエア・大手門通り商店街
しかし、アーケードの中に入っていくと

長浜「黒壁スクエア」・商店街
だんだん人の姿が減ってきて

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
通りの最後、長浜曳山博物館あたりまでくると、ほとんど人気がなくなってしまいます。

長浜「黒壁スクエア」・商店街
2011年NHKの大河ドラマ「江」の関連のイベント「戦国ふるさと博」も開催されている時期でしたが、2012年になり放送も終わってしまいました。

長浜「黒壁スクエア」・商店街
この通りには「まちづくり役場」や

長浜「黒壁スクエア」・商店街
海洋堂のほか

長浜「黒壁スクエア」・商店街
ここは何だろう?

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
石ころ館、のれん屋さんなどもあり

長浜「黒壁スクエア」・商店街
途中、米川にかかる大手橋のところには

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
こんなのがありまして

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
何やら書いてあり

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
どういうものかオープンになっているのですが、イマイチこれをどうしたら・・・って感じで。うーん、えーっとって唸ってしまいます。

長浜「黒壁スクエア」・商店街活性化
裏の方の商店街にいくとかなりひっそりとしています。

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
大手門通りの先には

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
ながはま御坊表参道があります。

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
古い町並みを残しつつ

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
まちの間を川が流れて

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
ちょっと楽しい感じの店もありますが

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
歩く人はごくわずかで

長浜「黒壁スクエア」・ながはま御坊表参道
通寺(あせび寺)様まで至る人はほとんどいません。随分立派な御寺ですが、表参道もお寺もひっそりとしています。何んとも云えない気持ちになりますが、きっと賑わう日もあるのだと思いたく。社寺と表参道は共存共栄、いろいろと考えてしまいます。

長浜「黒壁スクエア」・ゆう壱番街
そこから「ゆう壱番街」へつながっています。

長浜「黒壁スクエア」・ゆう壱番街
ここを歩く人というのは、本当のまち歩き好きか

長浜「黒壁スクエア」・ゆう壱番街
具体的に目的の店があり、そこを目指している人になるのでしょうか。ここには4つの黒壁スクエアの店舗があります。そういう意味で、黒壁スクエアがこのまちで果たしている役割はとても大きいものがあるといえます。一つのまちで30の施設を活性化させている。こうした取り組みは本当に素晴しいと思います。

長浜の商店街はかなり広がりがあり、店舗数もかなりあります。広さや店舗数があることは良い面もありますが、通りに個性や魅力がないと、たくさんの選択肢の中に埋もれ、結果的には選ばれないことにもなります。長浜のまちづくりはそういう意味で一つの転換点、過渡期にあるのかもしれません。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

長浜まち歩き(1)黒壁スクエア・北国街道編(滋賀)

黒壁ガラス館
滋賀県観光入込客数第一位、年間180万人が訪れる「黒壁ガラス館」をはじめとする「長浜黒壁スクエア」は、観光まちづくりの成功例と云われてきました。しかし、観光入込客数では平成18年243万人と比較すると63万人減。その数は年々減少傾向にあります。長浜の課題は別のレポートで分析するとして、ここでは長浜のまち歩き取材をお送りします。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり
JR長浜駅を出て駅前通りから、北国街道へ向かいます。でも、ここを訪れる人の何人が北国街道の意味を知っているでしょうか。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり
長浜で面白いと思った建造物No.1は私の中ではこれです。この建物は何なんでしょ?すごく興味がありますが、一切の情報はなく、未だ謎です。長浜の「謎空間」!

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり
駅前通りから北国街道に入ってくると、こんな感じ。えっ、「黒壁」ってここ?ってなる感じ。「北国街道」の観光ゲートづくりとしてはどうでしょう。観光でエントランスって結構大事です。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり・北国街道
これがあることで、ゲートとしては最低限ガイドがあるのですが。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり・北国街道
入口あたりにあるこの「郷土資料館」の役割と機能をもう少し見直すといいかも。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり・北国街道
魅力的な町並みも、生きているような、死んでいるような。

長浜「黒壁スクエア」観光まちづくり・北国街道
こうしたお店もありはするのですが、イマイチ何かが足りないような。

長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光
北国街道を進み、黒壁スクエア五号館「札の辻本舗」の角を左に曲がると「黒壁インフォメーションセンター」「寿山」その先には「観光バス乗降所」などがあります。

長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光
寿山「大手町組」長浜曳山祭の山車がおさめられているようです。

長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光
北川「長浜城外堀跡」の先には駐車場があり、団体客はこちらから入ってきます。

長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光
黒壁案内所などがある通り。奥が大手門通り「黒壁ガラス館」などがあります。

長浜「黒壁スクエア」まち歩き観光
五号館の角に戻ってきたところ。

黒壁スクエア・まち歩き観光
黒壁ガラス館の向かいの角にはカフェがあり、少し広場的空間があります。

黒壁スクエア・まち歩き観光
そのまままっすぐ進むと、大手門通りの商店街に行きます。

長浜黒壁まち歩き観光・海洋堂フィギュアミュージアム
黒壁スクエアの変わり種としては、この大手門通り商店街のアーケードの真ん中あたりに「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」があったりする。でも何故ここに海洋堂が?

黒壁スクエア・まち歩き観光
とりあえず、そっちは後にして、ガラス館の角を左に曲がり、北国街道に戻ってすすんでみます。こちらはガラス館隣のパスタレストラン。

黒壁スクエア・まち歩き観光
100年を超える歴史を持つ蔵を改造した黒壁三号館です。ちなみに入ってみようと思いつつ、躊躇したのですが、その理由は二つ。それも長浜の課題の一つかなと思います。

黒壁スクエア・まち歩き観光
その前を通って北国街道を進むと、常夜灯門があり、その先の祝町通りあたりまでガラス関連の黒壁のショップやギャラリーがあります。

北国街道・長浜黒壁まち歩き観光
ずっと奥、どん詰まりあたりに「北国街道」における

北国街道・長浜黒壁まち歩き観光
「武者隠れ道」といわれる由来の説明がありました。

黒壁スクエア・ガラス
長浜とガラス。人を集めるために小樽などを見て持ってきたと聞いていますが、長浜はガラスなのかな~。

長浜黒壁まち歩き観光・ガラス
ガラスの体験教室などもあります。

長浜黒壁まち歩き観光・ガラス
体験工房の施設。

長浜黒壁まち歩き観光
ちょっと小洒落た小径を入っていくと

長浜・黒壁スクエア観光
そこそこ感じのいい空間があって

長浜・黒壁スクエア観光
それなりにおしゃれな店や

長浜・黒壁スクエア観光
空間があったりするんだけど

長浜・黒壁スクエア観光
雰囲気だってそこそこありはするんだけど

長浜・黒壁スクエア観光
この何かが足りない感じっていうのがずっと拭えない。その一番は、これがすでにどっかで見たような景色で、かつ、ここである必然性がないものであることなのかな~。

ちょい長くなったので、続きは「黒壁の観光まちづくり・まち歩き(2)長浜商店街編」にて。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

滋賀・長浜・行列ができる店「鳥喜多」親子丼

JR長浜駅を出て、駅前通りを行くと午前11時過ぎだというのに、すごい行列ができている店がありました。

CIMG7168_20120504110434.jpg
それがこちら「鳥喜多」。近くには長浜「黒壁スクエア」があり、そちらにもたくさんお店がありますが、行列ができている店はここだけ。しかも開店前から待っているらしい。何があるのか?そぱ屋?何屋?と思いつつ、わからずに何度か店の前を覗いてみても行列してて、やっと行列がなくなったと思ったら店内満席。結局、この日は食べることができなかったので、情報だけですが。

ちなみに「まちあるきマップ」のお店の情報には「代々親から受け継いできた味を守り続けているだけの店です」とだけ書かれているだけ。その横に親子丼の写真があり、看板にも小さく「親子丼」てあるし、目当てはこれなのかなと思うのですが。席18の小さな店、味は食べてないのでわかりませんが、またもし長浜に行く機会があれば、試してみたいです。

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

黒壁スクエアインフォメーションセンター

長浜黒壁スクエアの観光まちづくり
JR長浜駅を出て「黒壁スクエア」のある北国街道へは、駅前通りから歩いて入ります。黒壁インフォメーションセンター(黒壁案内所)は、観光バス乗降所近くにあります。そんなに外れではないですが、駅方面から来る客には少し不案内なところがあります。こちらの看板もその近くだったかな?(今年のはじめなので、若干記憶が・・・)

長浜黒壁スクエアの観光まちづくり
黒壁案内所ではおじさんがいて、食事でおすすめの店を尋ねた時、優しく教えてくれました。ちなみに長浜らしいものが食べたいのだけど何がいいか聞いたのですが、長浜というと名物は「鯖そうめん」という若干勇気のいるメニューだったのですが、結構美味しいですよって教えてもらってチャレンジしてみました。

おじさんは笑顔で優しく話してくれて、なんか地元の人とお話できたなーと、いい思い出です。熊野の本宮に行った時も優しい女の人だったけど、観光案内所の人がフレンドリーで優しい人かどうかはとても大事です。そして何より笑顔です。先日、スカイツリー駅の駅員さんが笑顔の練習しているのをニュースで見たのですが、観光地かくあるべきって思います。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

甲賀グルメ&グッズ(1)古民家カフェ「くのいち本舗」

芽 くのいち本舗 滋賀ガイドHP

CIMG2755.jpg
古民家を使った和食カフェ「くのいち本舗」地元商工会の婦人部の活動からスタートしました。

CIMG2759.jpg

CIMG2761.jpg
おばあちゃんとか親せきの家に来たみたい。

CIMG2762_20100309000341.jpg
今回は、こちらを頂きました。

CIMG2764.jpg
ちょい拡大。

CIMG2763.jpg
黒影米のおにぎりだよ。ハート

CIMG2774_20100309000340.jpg
安いよね、

CIMG2777.jpg
シフォンケーキとか、カフェメニューもあるよ。

CIMG2778.jpg
こんな空間。

CIMG2781.jpg


CIMG2753.jpg

CIMG2783.jpg
現在、週末のみの営業。くのいち本舗の情報は、滋賀ガイドさんのホームページで。

続きを読む

テーマ : 滋賀県意外とエエとこやで
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム