石川県(4)ディープな金沢の魅力を探る旅INDEX

2012年10月28日(日)~30日(火)、今回2年ぶりに金沢市内を歩くことができました。地元の方にご案内して頂いてこれまで見ていなかった金沢のディープな部分、あまり一般の観光客には知られていない金沢をご案内して頂くとともに、自分では「箔」と「加賀友禅」にテーマを絞り込み取材した金沢の旅のインデックスです。順次アップしていきたいと思います~。

金沢金箔「箔一ミュージアム」箔巧館

必見!箔一本店「箔巧館」金箔ミュージアム,グッズ&カフェ
加賀友禅を着て歩く、東茶屋さんぽ
東茶屋街「志摩」お茶屋体験
ひかり蔵「金の蔵」映える黄金の庭
東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
金沢一の老舗旅館すみよしや旅館「赤壁の間」
絶品グルメ(19)西茶屋街「甘納豆かわむら」

金沢のご当地グルメ&グッズ
大野醤油「ヤマト醤油・味噌」醤蔵ひしほぐら
金沢港・大野「宝生寿し」おまかせと醤油アイス
主計町さんぽと金沢の名店「なべ・割烹 太郎」
東茶屋街「玉とみ」でお茶屋初体験!
金沢の酒と旬菜なごみ料理・薬膳鍋「日月」
近江町市場「海鮮丼家ひら井本店」ミニ海鮮丼
茶屋「内橋亭」から眺める兼六園
金沢和グッズ&カフェ、加賀友禅体験 東茶屋街「久連波」
東茶屋街「箔座ひかり蔵&あぶらとり箔座」

金沢まち歩きさんぽ
加賀前田家の奥方御殿「成巽閣」
金沢市立安江金箔工芸館&ハコモノパスポート
金沢古民家体験工房「湯涌創作の森」

金沢ガーデンホテル

CIMG8334.jpg 前回2010年の金沢町並み散歩の旅INDEXはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

石川県(3)能登半島の海を巡る旅INDEX

2011年9月1~2日、石川県富来商工会(広域婦人部)からお招き頂き、能登へ行ってきました。台風に備えて前日入りして、翌日午後の講演までの時間、能登半島の西側を案内して頂きました。しかも、能登空港のキャンペーンに当選して、海女採りのあわびやサザエまで後日頂いちゃいました。

CIMG5885.jpg

石川県(3)美しき能登半島の旅

(1)能登金剛「巌門」・日本最古木造の「旧福浦灯台」
(2)機具岩・増穂浦海岸「世界一長いベンチ」と能登グルメ「満升」

・能登グルメ「能登キャンペーん当選!~海女取りアワビ・サザエ

全国空港評価~能登空港編 ★★★☆☆
全国ホテルライフ評価~能登ロイヤルホテル編 ★★★☆☆

テーマ : 中部地方(新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重)の各県の駅
ジャンル : 地域情報

石川県(2)金沢町並みさんぽの旅INDEX

2010年3月16日、小松空港から金沢に入ってきました。四日間の北陸出張のうち、16日と18日、それぞれ3-4時間の滞在でしたが、東茶屋街、兼六園、近江町市場、武家屋敷を歩き、ご当地グルメ「ハントンライス」に挑戦。初日はあいにくの雨模様でしたが、逆にしっとりとした東茶屋街の絵が撮れました。皆さんにも美しき春の金沢を楽しんで頂ければ幸いです。それにしても、東茶屋街は美しい・・・。

CIMG8334.jpg

石川県(2)初春の金沢市まちあるき編INDEX 

1.恋するまち認定 金沢の美しき町並み、東茶屋街の魅力

2.兼六園&金沢城、金沢名所歩き
3.金沢市民の台所、観光名所「近江町市場」
4.金沢ぶらりまち歩き~武家屋敷、西茶屋街など
5.金沢ぐるり観光コミュニティバス

6.金沢グルメ&グッズ(1)兼六園の庭園茶席
7.金沢グルメ&グッズ(2)ハントンライス
8.金沢グルメ&グッズ(3)駅弁「利家御膳」
9.金沢グルメ&グッズ(4)カカオたろうのようかん

10.JR金沢駅&観光案内所評価

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

石川県(1)能登半島・輪島・和倉温泉編INDEX

今回は、3月16日から19日までの北陸出張の中で、能登半島・輪島・和倉温泉の情報をまとめてみました。16日小松から金沢に入り、和倉温泉へ。翌17日朝、輪島の朝市に出かけ、輪島塗体験をしたり、永井豪記念館に行ったり、まち歩きを楽しんでみました。

CIMG8497.jpg

1.輪島朝市とまち歩き発見の旅
2.熱中!「塗り太郎」で、輪島塗り体験でブローチ制作

3.輪島グルメ&グッズ(1)輪島塗漆器
4.輪島グルメ&グッズ(2)「まだら館」海鮮丼
5.輪島グルメ&グッズ(3)永井豪記念館

6.輪島駅(バス案内所)&観光案内所評価

7.和倉温泉「ホテル海望」評価

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」

金箔の国内シェア99%を誇る金沢の中で、必見の金箔観光施設は、箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」です。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
なんていうか、神々しい!古今東西の歴史的建造物には金箔があしらわれた理由がわかるよね~。嗚呼、眩い・・・

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
箔巧館は一階が金箔ショップとカフェ、地下に金箔ミュージアムがあります。入館料は無料です。階段を下りていくところから、おぉぉ・・・ってなります。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
下りたところに最初の大きな小判?があります。大人の背丈ほどあるその横にはこちら。もう、眩しいわ!金ってすごいわ。なんかテンション上がる。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
ミュージアムは右を見ても左を見ても、天上天下、黄金の道、黄金の壁。黄金に包まれております。すごいっ!

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
もう一つ優れた点は展示の見せ方。市の工芸館、いや全国の赤字のハコモノは、ここに来て展示のイロハを学びやがれですよ。観光客の大半は一般ピープル。大衆、パンピーですよ。ユーザビリティって大切っていうか、胆だよね~。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
あ~、くらくらするわ。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
金箔の間。金の蔵も楽しかったけど、どっち見る?と聞かれたら、ぜったいこっちと思う。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
さて、ショップは写真撮影NGだから写真はないのですが、結構買って帰りました。友人の誕生日プレゼントもここから贈ったんだよね~。金沢土産はやっぱり金箔だと思う。あぶら取り紙とか安いもの、コスメやお菓子、手頃な雑貨から高級品まで、特にこのショップは充実している。ちなみに併設されたカフェには金箔メニューもある。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
こちらの空間がカフェスペース。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
今回はがんばっていろんな金箔メニューに挑戦(基本甘い物が苦手なので、沢山食べられない)してみた。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
カフェラテ?だったと思うが、記憶が曖昧で・・・味は覚えていない。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
これはワラビ餅かな。味は覚えてないが、なんか楽しかったのは覚えている。こんな金箔のせて、やっぱり金沢に来たな~って思う。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
頑張ってソフトも頼んでみた。ただ、ソフトはやっぱり金沢の醤油ソフトとコラボした方がいいよね。醤油ソフトは想像に反してかなり美味しかった。金箔とコラボして、北陸新幹線開通時には金沢観光の必須アイテムに押し出していくといいと思う。

必見!金沢箔一の金箔ミュージアム「箔巧館」
ただ、唯一ネックとなるのがこの場所。金沢の中心街から外れていて、タクシーでいくらかかったかな?片道数千円、いくらだっけ?覚えてない。領収書見ればわかるけど、面倒くさいからいいや。とにかくこれが最大のネック。でも、着地型でいえば、最大の目玉にもなり得るわけで、この魅力的な資源は是非生かしてほしいと思う。少なくとも、個人的には、今回行った中で一番テンション上がったんじゃないかなと思う。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
金沢「湯涌創作の森」は、金沢市観光協会HPによると、金沢の奥座敷、湯涌温泉街見下ろす、古民家改修した工房・研修・宿泊施設。

金沢湯涌創作の森
工房は4種、天然本藍で染める藍工房、草木染め糸織上げる染織工房、スクリーン工房、大判の銅版画やリトグラフのプレス機を持つ版画工房で、低料金で使用でき、各種体験プログラムもある。


金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
中には染色の工房があり

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
その作品展ができる展示スペースも有している。

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
立派な施設だが、金沢の市街地から外れていることもあってか、利活用率には課題が残る。もっとこうした資源を生かしていきたいという気持ちが地元にはある。

金沢湯涌創作の森
こちらの工房では

金沢湯涌創作の森
銅版画などの作品づくりができる。本格的な設備が整っており、指導もしてもらえる。 

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
こちらは織物の工房。こうした本格的な織りの体験から、簡単な紐を折る簡易の織り機まである。

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
広大な敷地に

金沢湯涌創作の森
施設、設備的にはいろいろ揃っているのだが・・・

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
藍染のアイ・・・どっち?いろいろ言いたいことはあるが・・・とりあえず、体験プログラムの前に考えるべきことがあるかな。

金沢「湯涌創作の森」古民家アート体験施設
平成21年度の施設利用者数2万5千人に対し、平成23年度は2万を切っている。うち体験講座は2千人、技法講座は500人。運営管理は金沢の文化施設の運営管理を担う財団法人金沢芸術創造財団。ちなみに21世紀美術館の入館者数160万人はその大半を団体客に由来してる。一般では個人客は20万人に過ぎない。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

金沢・東茶屋街「志摩」でお茶屋体験

毎年、初詣は特別に行かないのですが、今年は元日に氏神様にお参りに出かけました。何年ぶり?いや何十年ぶりか?気合い入ってんのかな?私。さてそんなこんなで、年末の遅れを取り戻すべく、正月2日にしてまじモードで仕事です。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
さて、金沢というと東茶屋街、お茶屋がすぐに思い浮かびますが、その代表格(観光客向けの施設)が金沢ひがし廓のお茶屋「志摩」です。今回はwith加賀友禅で。志摩は文政三年(1820)に建てられたものが、江戸時代そのままに残っていて、中には貴重な調度品の展示やお庭、こちら寒村庵などがあります。
 
金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
中に入ると、まず手荷物をロッカーに預けるように言われます。(ロッカーはcoin返還方式)二階に上がるとまず前の間があります。ここはとてもゆっくりできる空間で、御簾越しに差し込む光の中で座って床を拝見したり、ぼーっとしたりしているととても気持ちいい。(あまり混んでいる時に行かないのがいいんだと思う)

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
こちらはひかえの間。ここで舞などが行われたらしい。床の掛け軸や花、屏風、緋毛氈。この類の歴史的建造物の多くが歴史的ハコモノレベルで死んでいるけど、ここは高山などとともに数少ない生きた空間だ。ちなみに一番悲惨なのは・・・ま、正月だからやめとこうかな。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
こちらは中の間だったかな。配置はここに出ています。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
こちらはひろま。中庭が見えます。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
左には離れがあります。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
離れ側から見たひろま。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
階下に降りると台所があり、その奥が寒村庵です。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
台所には古い道具類があります。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
中庭もしっとり落ち着く空間です。

金沢・東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
こちら奥の間から庭を眺めるもよし。廊下に出て眺めるもよしです。金沢のこの壁の色って独特ですよね。武家は青、商人は赤でしたっけ。それ以外にもこのとにかくこうした抑制された中にも華やかさがある色が装飾にも見られます。加賀友禅しかり、九谷焼しかり。本当に美しいよね~。江戸が粋、京都が雅なら、金沢は何だろう。そういう代名詞が金沢の色としてブランドを総称するものとしてあるといいよね。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
こちらはみせの間。資料室になっています。ここにあるものもとても美しいです。

金沢東茶屋街「志摩」でお茶屋体験
入館料400円の価値はあります。営業時間は9:00~18:00。無休。親子で友達で恋人同士で楽しめる。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘

明けましておめでとうございます。なんか暖ったかくて幸先よい元日ですね。さて、金沢のレポがよもやの越年。2013年こそ毎日更新するぞ・・・いやできたらいいな。年の瀬風邪でダウンして、結局、年賀状も出せなかったけど、元旦から仕事する私って偉~い。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
金沢の郊外にある禅寺東香山(とうこうざん)大乗寺は寺院としての魅力だけでなく、庭や収蔵物、座禅道場など、多様な魅力に富んだお寺です。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
金沢の観光地としては国内ではマイナーで、今回地元の方にご案内頂くまで、全く知りませんでしたが、海外からの訪問客は少なくないようで、本堂には9カ国語に翻訳された寺院の紹介記事がありました。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
天候が不順で、雨が降ったりやんだりしている上、夕方近く日が落ちてきているため、あまり良い画像がないのですが、ゆっくり訪れたいところです。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
寺院内はとても広く、静かです。知られざる名所というところでしょうか。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
ここに「しあわせの鐘」というがあって、自分で鐘をつくことができます。実際に鐘をついた経験がこれまでなかったので、相当貴重な経験でした。

東香山「大乗寺」心整える座禅道場、しあわせの鐘
ゲリラ豪雨的に雨が襲ってくるので、すごく急ぎ足で見て歩いて、いろいろ伝えきれないのですが、私は兼六園よりこのお寺の方がおすすめです。新緑や紅葉の季節にゆっくり訪れてみたい魅力的な場所でした。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」

金沢の主計町(かずえまち)は平成11年に旧名を復活したまちです。文京区には、昔の地名表示の看板があり、見つけるとそれを見て往時に思いを馳せたりしますが、古い地名には素敵な名前が多いのですが、旧町名を復活させるなんて素敵なまちは金沢くらいかもしれません。

主計町さんぽと金沢の名店「なべ割烹 太郎」
泉鏡花記念館の近く、久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)の脇の道を下りると、主計町茶街に出る。 

主計町さんぽと金沢の名店「なべ割烹 太郎」
夜の金沢さんぽは、ちょっとスリリングだ。なんか別世界に下りていく感覚がある。

主計町さんぽと金沢の名店「なべ割烹 太郎」
まるで映画のセットか何かのようだ。

主計町さんぽと金沢の名店「なべ割烹 太郎」
この日は日曜日で、お休みのところも多く、ひっそりとしていた。行きかう人の姿もまばら。でも、ここに隠れ家的な素敵なお店もたくさんあるみたいだ。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
やっぱり、地元の方に案内して頂けると、まちの違う顔が見られる。やっぱり、個人の旅をサポートする上質なコンシェルジュ型のガイドシステムが確立できるといいな~と思う。団体案内する観光ガイドじゃなくて、タキシードとか、着物とか着たイケメンとか、渋い爺さんが客の希望を聞いて、レストランやバーを手配して、案内してくれるとかさ。まちをホテルだと考えれば、いいんだよ。クローズ型の店と上質な客のニーズのマッチングをすることもできるしね。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
路地を抜け、犀川?(金沢市内には犀川と浅野川という二つの川がある)に出たところに

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
金沢では知らない人はないという鍋の名店「鍋割烹の太郎」がある。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
今回はこちらでこだわりの鍋を頂いた。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
ちなみに鍋には手出し無用。お店の人が鍋を仕切って、丁度いい状態で出してくれる。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
最後はおじやも手出し無用。また、ここでは卵は入れない。

主計町茶屋街と金沢の名店「なべ割烹 太郎」
川に面した二階の座敷は特等席だ。怖い話が苦手で、泉鏡花も読んだことがないが、好きな人は泉鏡花を偲びつつ、主計町でその風情に浸るのは、極上の金沢の旅ではないだろうか。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート

今回は箔に関する観光施設を比較取材するということで、金沢市立安江金箔工芸館にも行ったのだけど、そこで2dパスポートを勧められた。いわゆるハコモノで、リストにある20施設であれば利用できるという一見お得に思えるチケットで、この場合、二カ所以上の施設を回ればお得になるはずだったのだが・・・

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
ちなみにこの施設の入館料は300円。

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
本当だったら(仕事じゃなかったら)入らなかったと思うが、入口に立った瞬間に予感できる、ダメなハコモノのにおいがする。ちなみに工芸館は箔に関する展示物が二階から上の展示室に飾られているが、美術品並みに写真撮影禁止だ。イタリアの美術館は最後の晩餐クラスの一部の壁画、フレスコ画を除いて、写真撮影禁止とかなかったけどね。

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
ガラスの向こうはこうなっている。この寒々と閑散とした場所は何?休憩スペース?

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
中にはこんな展示物もあるのだが、どっかの役所のロビィ展示ですか?的な・・・ここにショップとか、カフェとか入れたかったのかな?とにかく有効活用されているとは到底言い難いデッドスペースになっている。もったいないね。

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
休憩スペース的なものは隣の部屋にある。アンケートを頼まれて書いたけど、入館して五分後。暗いし、こういうの見るのって若い人は少ないだろうし、もっと展示見やすくしないと3分で出ますって。貴重な品を保存したいのか、何かを伝える施設なのか。コンセプトが見えない・・・。

金沢市立安江金箔工芸館とハコモノパスポート
箔の国内シェア99%の金沢で、箔に関する資料を集めた施設は必要なのかもしれないが、どうせなら21世紀美術館みたいな人が来る施設が創れなかったんだろうか。ちなみに私の2dayパスポートは結局無駄になった。まあ、私が悪いのだが、何よりもまず、人が集まらない施設はいくつあっても、結局優先順位が低いということだろう。また無駄遣いしてしまった。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム