宮崎(2)都城パワースポット&大人の社会見学旅

2013年8月28~29日、宮崎県都城市に行きました。もちろん仕事ですが、今回はもともと、前日入りしないといけなかったので、なんとか調整して早めに宮崎に入り、半日だけですが都城の観光地を幾つか回ることができました。ちなみに宮崎県というのは宮崎市内にはほとんど観光地といえるものはなく、都城など周辺のまちに有名な観光が散らばっています。

宮崎(2)都城パワースポットと大人の社会見学2013INDEX

東霧島神社 宮崎県都城市パワースポット つまきりしま

恋するまち認定!パワースポット「東霧島神社」
聖域?表参道「鬼岩階段」は神秘に満ちて
鳥居の赤鬼-鬼像建立の由来
「霧島六社権現」東霧島神社本殿
樹齢1000年「幸招大楠」と歴史語り継ぐ「大杉」
招福「龍王神水」「伊ザナミ神社」と大楠
緑の散歩道、裏参道と鏡池の神様
イザナギノミコトが十握の剣で切った伝説の神石
パワースポット東霧島神社の不思議「水みくじ」

大人の社会科見学「霧島酒造」
霧島酒造工場見学&霧の蔵ブリュワリー散策
霧島酒造「霧島裂罅水」水汲み場
絶品グルメ(29)霧の蔵ブリュワリーランチ

都城歴史まち歩き散歩
島津発祥の地、都城市「都之城本丸跡」と「島津邸」
全国ご当地マンホール「宮崎県都城市編」

都城ご当地グルメ&グッズ
都城酒造M'sガーデン「M+score」で即買のバッグ
肉の都、都城「焼き肉三昧舟盛り御膳」

全国ホテルライフ評価
ホテルウィングインターナショナル都城

全国空港評価 宮崎空港編その2
宮崎空港の冷や汁定食とご当地グルメ&グッズ
宮崎空港ドリンクスタンドパームのマンゴーソフト
スポンサーサイト

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

宮崎県(1)宮崎市内&日南海岸の旅INDEX

宮崎のことを書きかけて、口蹄疫でペンディングとなっていましたが、再開して書きます。

2010年3月25,26日、宮崎県小林市さんからお招きを頂き、前後の時間を利用し、宮崎市内と日南海岸を旅していきました。春休みシーズンということもあり、話題の「海幸山幸」に偶然にも乗れ、運玉で有名な鵜土神社様にも足を伸ばしてきました。宮崎市内では、露地にある絶品グルメを発見。東国原知事で有名になった宮崎県庁など、仕事のついでの一泊二日の宮崎の旅ではありますが、一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

CIMG8870.jpg
宮崎県(1)宮崎市内&日南海岸編INDEX

1.恋するまち宮崎(1)海幸山幸で行く日南海岸の旅
2.恋するまち宮崎(2)日南海岸「鵜土神社」の絶景と魅力

3.宮崎絶品グルメ!路地裏 キッチン Hiro Nee 焼チーズカレー

4.宮崎グルメ&グッズ(1)レトロ喫茶「ウルワシ」
5.宮崎グルメ&グッズ(2)宮崎地鶏~焼き鳥「丸万」
6.宮崎グルメ&グッズ(3)小林市の旅と「ゆれ暖簾」創作和食

7.宮崎中心市街地、唯一の観光名所は「宮崎県庁」と大楠並木?
8.日南海岸、寅さんのロケ地「油津」の運河とレトロ建築と猫

8.全国空港評価~宮崎空港編
9.JR宮崎駅&観光案内所評価

テーマ : 宮崎
ジャンル : 地域情報

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策

霧島酒造の一般の工場見学は一日午前午後の二回(各回40名で予約制)。今回は事前にリサーチして申込済です。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
霧島ファクトリーガーデン。ここには霧の蔵ブリュワリーや霧の蔵ベーカリーのほか、霧島創業記念館「吉助」やホールやミュージアム、グランドゴルフコースなどもあります。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
こちらは貯蔵タンクですかね。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
敷地内にある霧の蔵ブリュワリーの横では何か栽培?作業しておられましたが、これは何だったんだろうか?

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
もうちょっと敷地内散歩してみましょうか。ここは何かお庭があって、見晴台みたいになっています。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
あとそばを鉄道が走るみたい。時刻表とかあるといいかもです。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
そしてこれ・・・モンゴルとか、草原にあるやつ、なんだっけ?泊まれるんですかね?ゲストハウス?イベントスペース?

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
さてさて、そして工場はこちらなのですが、中は写真撮影NGなので、中は見せられませんが、30分くらいの見学コースです。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
見学については、一般のほか、団体での見学も幾つかグループを見かけました。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
この日は平日でしたが、カップルや家族連れなどもありました。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
見学者にはこちらの記念品が頂けます。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
霧の蔵ブリュワリーにはレストランやショップがありますが

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
ショップでは試飲もできます。私は普段焼酎を飲まないので、イマイチ焼酎の味や美味しさがわかりませんが、いいちこを抜いたという、黒霧島は実際とても飲みやすくて美味しかったです。原酒はかなりパンチがありました。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
そうそう、霧の蔵ブリュワリーの横には、こちら。霧島創業記念館「吉助」

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
せっかくなので入ってみました。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
ここで、霧島酒造女流王将戦が行われるみたいです。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
座敷は上がっちゃダメです。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
展示が少しあったけど。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
裏手。

霧島酒造工場見学・霧の蔵ブリュワリー散策
なんかまあ、イマイチ微妙な感じですが、まあ、霧島酒造は楽しかったです。

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

霧島酒造「霧島裂罅水」水汲み場く(宮崎・都城)

宮崎県都城市「霧島酒造」の霧島ファクトリーガーデン内には、霧島裂罅水の泉があります。ここでは、霧島焼酎の仕込み水でもある美味しい水が無料で提供されています。

霧島酒造「霧島裂罅水」を頂く(宮崎・都城)
水を汲みにたくさんの人がやってきます。

霧島酒造「霧島裂罅水」を頂く(宮崎・都城)
水汲み場の横には、水をお祀りする場も。

霧島酒造「霧島裂罅水」を頂く(宮崎・都城)
髪長媛(かみながびめ)の伝説を育んだ都城。霧島山から湧き出る裂罅水で生まれ育ったお姫様は、絶世の美女だったとか。この水で顔などを洗うと美人になるという神話があるそうです。

霧島酒造「霧島裂罅水」を頂く(宮崎・都城)
水汲み場を利用される際は、決められた利用の仕方を守りましょう。

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

島津発祥の地、都城市「都之城本丸跡」と「島津邸」

宮崎県都城市は島津発祥の地。市内には島津ゆかりの「都之城本丸跡」と「島津邸」などの史跡が数多くみられる。今回は時間がなく、外観を見る程度に終わってしまったのだけど、歴史好きの方には興味深い地では。

都城市 城山(都之城本丸跡)歴史資料館
都城城址(城山公園)別名「鶴丸城(1375島津家分家北郷氏築城/山城)」の遺構はしなく、天守摸した復元櫓の歴史資料館。時間があったら、高城城址(月山日和城)とかも見たかったんだけど。

都城市 城山(都之城本丸跡)歴史資料館
というか、都城市には実に10以上の城跡があるんですよ。聞いた話では、薩摩だか、島津というのはこうした城の陣形を取るらしいのですが。

都城市 城山(都之城本丸跡)歴史資料館
時間なくて、単にタクシーで寄って、外観撮っただけで終わってしまって

都城市 城山(都之城本丸跡)歴史資料館
こことかも

都城市 城山(都之城本丸跡)歴史資料館
上って鳥居手前で引き返す感じで。

都城市 島津邸
あと、少し離れたところに島津邸がありますが、ここも全く見る時間がなくて

都城市 島津邸
ちょこっと内部を見ただけででしたが、歴女でもないし、島津のことも名前知ってるくらいで知識ないので、とりあえず、ちょこっとご紹介まで。

テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

宮崎市中心市街地、観光名所は県庁舎?

CIMG8586.jpg
宮崎をどげんかせんといかん、ってテレビでマンゴーとか宣伝した以外で、かの知事がやったことって何があるんだろうか?宮崎の中心市街地を歩きながら思った。口蹄疫のことがあったので、ペンディングにしたが、一年経って、宮崎の中心市街地のことは今も鮮明に覚えている。全国の県庁所在地、衰退した中心市街地をいくつも見てきたが、宮崎はひどい状態だった。まあ、それはここでは到底書けないので、別のレポートにしたい。

CIMG8573.jpg
宮崎の中心市街地で、唯一の観光資源が県庁というのは、どうなんだろうか。この立派な大楠の並木はそもそもあったものではあるが、るるぶの宮崎タウンで紹介されているのは、食を除けば、県庁舎とこの並木だけ。

CIMG8585.jpg
県庁前庭のサボテンはとても宮崎っぽい。サボテン公園、中学の修学旅行で行った記憶がある。

CIMG8598.jpg
県庁のそばには、物産館がある。でも、中は結構しょぼい。えっ、あんだけ宣伝してて、これ・・・?結構、深いため息を一つ、二つ。

CIMG8599.jpg
肉巻きおにぎりの移動車。

CIMG8601.jpg
県庁に向かう並木道沿いには、物産販売のテントが並んでいるが、人はまばら。

CIMG8606.jpg
この季節、宮崎はフラワーフェスタの真っ最中。

CIMG8527.jpg
中心市街地、宮崎のメインストリート。

CIMG8544.jpg
通りに飾られた花。この通りを知事は歩いてみただろうか。自分のおひざ元、このまちの中を歩いてみただろうか。この通り、一本入ったところにとても県庁所在地とは思えない商店街の墓場のような廃墟エリアがあった。それを知っていただろうか。

テーマ : 宮崎
ジャンル : 地域情報

宮崎県小林市の旅-創作和食「ゆれ暖簾」

CIMG8653.jpg
2010年3月小林市さんに呼んで頂いた。小林市にお伺いするのははじめて。宮崎から電車で小林駅へ。そこから車で20分、須木地区へ。

CIMG8645.jpg
いつも思うけど、JR九州って素晴らしい。これ、普通列車ですよ。革張り、グッドデザイン賞デザイナーの手によるもの。普通でも超快適。っていうか、他のJRの特急より上。

CIMG8680.jpg
小林駅。

CIMG8699.jpg
このゴミ箱かわいかったけど、どこの駅のだっけ?宮崎-小林間は、日豊本線直通で良かったっけ?

CIMG8695.jpg
ちなみに、帰りはこっち。全てが最新車両ではない。

CIMG8670.jpg
講演が終わって、小林駅の近くのホテルに着いて、食事をしようと思ったら、すでに店が閉まっていたのだが、担当の方が、なんとか空いている店を探してくださった。創作和食のお店「ゆれ暖簾」。

CIMG8658.jpg
小林市は畜産のまち。本当は宮崎牛とか食べるといいのだろうが、ここは魚介野菜が中心で、夜も遅いし。

CIMG8666.jpg
あさりとか、いかとか、なすとか、ヘルシーであった。というか、小林市の皆さん、大丈夫かな。口蹄疫が収束したと思ったら、鶏インフルエンザ、新萌岳の噴火があって。それがこの一年の間に起きている。

テーマ : 宮崎
ジャンル : 地域情報

恋するまち(15)日南海岸「鵜戸神宮」の絶景

油津からタクシーで日南海岸の「鵜戸神宮」に向かった。最近はパワースポットや縁結びなどで、神社にお参りする人が増えているが、ここも人気スポットの一つだ。岩の下に作られた本殿やお乳岩、霊石亀石に投げ込む運玉など、こんなこと言っちゃいけないが、楽しい。恋するまち15番目の認定は「鵜戸神宮」です。

CIMG8843.jpg
駐車場まではタクシー出来て、そこからすぐに「神門」がある。

CIMG8850.jpg
これは「楼門」。

CIMG8856.jpg
そこから海沿いに本殿へと向かう。

CIMG8860.jpg
あ、なんか不思議な・・・

CIMG8861.jpg
なので、一つ頂く。(通常は信心している川崎大師様と伏見稲荷様と氏神様しか買わない)

CIMG8862.jpg
玉橋を下ると本殿になる。

CIMG8867.jpg
一番下。

CIMG8881-2.jpg
岩の下にある「本殿」。

CIMG8887.jpg
写真の色味がちょっと青色かかっていますが、実際はきれいな赤をしています。時間を考えなくてよかったら、ゆっくりして、写真もじっくり撮れたら良かったんですが、40分あったかな・・・そんなことだったので。

CIMG8879.jpg
さて、運玉を投げてみましょうか。五つあるので、五つ願うこともできるのだけど。

CIMG8870_20110213113019.jpg
女性は右手で投げます。

CIMG8871.jpg
どこへ?あの縄の中。霊石亀石のところへ。命中すれば、願いが叶うそうでが。ちなみに、全くかすりもしなかったです。

CIMG8872.jpg
鵜戸山窟の前の岩石群。

CIMG8903.jpg
鵜戸稲荷様。ゆっくりしたかった。。。

CIMG8914.jpg
これは・・・?探求する間がなく。

CIMG8919.jpg
鵜戸岬灯台です。

CIMG8955.jpg
なんだかんだ買いましたな。結構、私消費に貢献しているよね。あーでも、ここはゆっくり行って、じっくり見るところじゃないかな。滅多に行けないし、同じところ行くより、もっと行ってないところに行くだろうから、最後になるかもしれないけど、これから行く方にはゆっくりする予定とって行くことをお勧めするざんす。

テーマ : 宮崎
ジャンル : 地域情報

寅さんのロケ地「油津」レトロと運河と猫

宮崎県日南海岸を走る「日南線」JR油津駅。宮崎から「海幸山幸」で南郷まで行き、帰りは油津経由で鵜戸神宮へ行くことにした。南郷で20分ほど定期運行されている地元のバスを待ち、「るるぶ」にあった運河とレトロ町並みのキャッチに心惹かれて、油津にやってきた。

CIMG8952.jpg
一つには、海幸山幸のパンフレットに、油津からタクシー一時間5,000円というプランがあり、それを利用するのもあったのだが、駅で聞くと、それは事前に指定席を取り、その際に予約することが必要だといわれた。まあ、それはいいとして、そういうプランがあることを駅の窓口の人は全く知らなかった。

CIMG8841.jpg
実際には駅から出てタクシーの運転手さんに言ったら、それで(その条件)行ってあげるよと言われたが、実際にこのJRのプランを利用した人は1人か2人だとタクシーの運転手さんは言っていた。こんなんで観光振興看板に掲げてるってダメじゃん。宮崎市駅の観光案内所は今のところ、私の中では全国ワースト、最低レベルだし。掛け声だけだな。(駅でにゃんこに会った。っていうか、逃げられたが・・・でも、すごいかわいい奴だった)

CIMG8930.jpg
るるぶには「レトロな町並み」と紹介されていた昭和7年築の杉村金物本店。

CIMG8932.jpg
確かにレトロだけど、まあ、正直、電車降りてわざわざ見に来るものでもない。ただ、外観見るだけだし、建築オタクでもないし。ちょっとこれだけかぁ~とがっかりしたりもする。

CIMG8938.jpg
一応、こういうのもあるが、今、改修中で、閉まってたし。

CIMG8942.jpg
何より、町並み・・・じゃないんだよね。るるぶのやつ。というか、るるぶって観光旅行用雑誌で、本当の意味での旅雑誌ではないから、通常私買ったりしないのだが、通常どの県でも県庁所在地の観光案内所って、無駄なくらい同じような無料の観光ガイド情報を出しているのだが、宮崎市ではA4の市内マップ一枚しかなかったので、仕方なく買ったのだが。

CIMG8944.jpg
ちなみにだが、このまち歩きは、油津駅からタクシーで鵜戸神宮に行って帰った後、少し時間が余ったので、帰りの「海幸山幸」を待つ間、30分もなかったかな、タクシーで回ったもの。

CIMG8945.jpg
運河の写真はあまり上手に撮れていなくて、ごめんだが、まあでも、微妙。

CIMG8947.jpg
ここでは、猫を抱いたおじさんに出会った。てなことで、なんで「にちなん号(バス)」で鵜戸神宮に行かなかったかな~とここでも後悔するのであった。たぶん、油津でなんか美味しいもの食べれるとか思ったんだよね。でも、人口が少ない地方都市では2-5時に飲食店が空いていないことが多い。チェーン店でもあればまだいいが、でも、なんでここまで来てそれ食べる?って。こういう地域は、ちょっと残念だなと思う。

テーマ : 宮崎
ジャンル : 地域情報

宮崎グルメ(2)自家焙煎珈琲専門店「ウルワシ」

自家焙煎珈琲専門店ウルワシ http://uruwashi.com/

こちらは、2010年3月、宮崎県(1)宮崎市内&日南海岸の旅2010春INDEX から、お送りしています。

CIMG8559.jpg
宮崎のメインストリートを歩いているとき、レトロな喫茶店を見つけた。せっかく、どこかに行ったら、チェーン店ではなく、できるだけ、その地域で魅力的だったり、面白い店に入りたいと思うものだが、そのある種の怪しさ?にも惹かれつつ、お店があるニ階へと階段をのぽっていった。

CIMG8553.jpg
珈琲を注文して、出てきたのが、こちら。珈琲クリームがスジャータみたいなものが主流になっている中、珈琲専門店では、ミルクピッチャーに生クリームを入れてくるところは、結構あるけど、こうしてホイップしたクリームを持ってくるところは、珍しい。ちなみに、珈琲はポットでニ杯分。喫茶店らしく、おまけチョコがついてくるところも、なんか懐かしい。

CIMG8556.jpg
珈琲専門店では、レトロな雰囲気の店も多いけれど、ここはそれだけでなく、(あまり写真をパチパチ撮れなかったけど)ステンドグラスなどの調度品やちょっした雑貨販売コーナーなど、楽しさもある。。100円プレミアム珈琲がチェーン店で出る時代に、300円以上の珈琲を飲ませる付加価値がそこになくてはならない。珈琲は好みがあるけど、お店の雰囲気やサービス、接客もとても良かった。

お客様は、やはり中高年が多いのだけど、みんなゆっくりしたい人たちが来られているように思う。結構年配の女性が一人で来られていたけど、そういう方がゆっくりできるお店というのもなかなかないもの。こういう場所、雰囲気を宮崎はもっと大切にするといいのかもしれない。商店街の衰退を見ると、そういうコンセプトの大切さを痛感する。

ちなみに、また書くけど、宮崎の商店街には、ブラックホールも含めて、結構、興味深いものがあった。

自家焙煎珈琲専門店ウルワシ http://uruwashi.com/

ちなみに、私が行ったのは、橘通本店の方でした。

 良かったらクリックお願いします♪

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム