国宝四城・現存12天守「犬山城」登城記 その(1)

城の価値や評価は、それを評価する基準により決定されるが、とはいえ、国宝四城・現存12天守をその頂点に置くことはやはり他の基準とは次元の違いがある、と個人的には思っている。ただ、それらは城の人気、観光入込客数・登城者数と相関してはいない。その端的な例が犬山城だ。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
城の評価については、いろいろあろうと思うが、私は一つ城へのアプローチというものを重視している。城へのアプローチでは、まず、松山城、次いで高知城が今のところツートップ。そうだ彦根城もいいよね。松本城はちょい微妙なところも。これで表彰台って感じかな。姫路城は20年以上前に行ったきりで記憶が曖昧だ。城としてはすごかった記憶があるけど、どうだっけ?後、アプローチ的には宇和島城などもいい。外見復元城で中は古い市役所みたいな熊本城も、アプローチは結構好きだ。あの外構は実に美しい。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
と前置きが長くなったけど、とりあえず、犬山遊園駅からの道から。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
昔はこの通りも賑わっていたんだろうか。廃業したホテルや商店が多いけど、川沿いの美しい道。川風に吹かれて、実に素晴らしいアプローチなのだ。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
途中に名鉄犬山ホテルがある。客室稼働率どのくらいなんだろうね。城だけで客呼ぶってやはり無理で、まちの魅力と両輪ないと結構厳しいのだけど。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
しばらく行くと山の上に城が見えてくる。実に美しい城であり、城を一体とした景観だ。ここにこれだけしか人が来ないなんてあり得ない。見よ!城たるもの、かくあるべき世界観。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
そして、この景色の美しさを。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
城へと登って行く道。坂がまたいい。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
日本ラインって何?ググってもWikiしか出てこない。岐阜県美濃加茂市から愛知県犬山市にかけての木曽川沿岸の峡谷の別称らしい。あ、なんか川下りがあった。知ってました?日本ライン・・・ま、でも微妙な。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
日本アルプスとか、あんま中国の物まねのこととかいえなくないか?と個人的には思うのでありました。木曽川っていう素敵な名前があるのにさ~って。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
お~、この坂いいね!

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
うむ、見返り図もいい。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
坂道好き。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
坂道はハミングしたくなる。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
小さな川が横を流れていて、せせらぎを聞きながら登っていくのです。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
距離的にはそんなにありません。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
観光案内所のすぐ横が入り口

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
ここです。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
入り口脇には

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
あの倍返し神社が。

国宝四城・現存天守「犬山城」登城記
先に進むとちょっと急な坂があり、この坂がまたたまらないアプローチ感をかもすのです。そうそう原城址もいいよね。

と思ったよりアプローチが長いから、二つに分けよう。(2)に続く。しばし待たれい。誰?だけど。線路は続くよ、どこまでも。
スポンサーサイト

テーマ : 愛知県犬山市
ジャンル : 地域情報

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記

名古屋城については、外観を復元したもので、正直城の形をした博物館と言った方がいい代物だけど、他の外観復元城と違い、楽しい部分も多々あって、そこが名古屋城の優れた点だと思うのであります。ま、行かれた方も多いと多いので、わざわざ書くに当たらないかもですが、一応、押さえておきたいと思います。

愛知県名古屋市「名古屋城」日本百名城
外観は熊本城などと同様、見た目的に良いですが、この中に入場料を払って入る価値があるかどうか・・・そこには結構個人差がありますかね。天守閣の眺めは一応見たいから、みんな上ると思いますが、どーしてもこの手のものは歴史的ハコモノの域を出ないところがあります。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
その中で、やはり名古屋で特筆すべきはこちら武将隊です。これを真似て次々と同じようなものが出ていますが、緊急雇用後も、自立して成り立っているのはここくらいじゃないでしょうか。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
城へのアプローチとしては、公共交通を利用する場合、電車かバスとなりますが、バスは便数が少なく、時刻表など持たず帰りにバスでも利用するかと思っていくと、痛い目に合います。(ちなみに自分のことです)

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
最寄駅は市役所前駅。ここがおすすめです。但し、こっちから行く場合、夕方烏の大群に襲われます。もう滅茶苦茶怖かったです。なんとかして欲しいです。たぶん団体客が来るほうじゃないから、重視されてないんだと思いますが、高岡以来の恐怖を味わいました。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
尚、熊本城もそうですが、こういう壮大な遺構がある城の価値はやはり高く、こういうところを一日かけてじっくり歩いてという、本当の意味での登城記が今回できなくて、きちんと名古屋城の評価をするに至っていません。そういう意味では江戸城再建とか、やっぱり実現できたらいいなーと思います。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
そういろんな角度から、城を愛で眺めたいのであります。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
こういうのに痺れるのでございます。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
うむ。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
なんてロマンに満ちているんだろうか。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
石垣ロマン!

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
只今、こうした取り組みも行われています。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
んじゃ、行きますか。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
入場券を買い

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
今回は時間なくて、ここはスルー。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
でも、にゃんこ発見!名古屋城のにゃんこですぞ。一番テンション上った。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
名古屋城へのアプローチはやや平坦で、刺激に欠けるけど、でもまあ、ここはちょっとときめくところかも。尚、取材時はまだ工事中。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
途中こんなのとか(誰ですか?)

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
こんなのとかあるけど

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
こことか相当心惹かれるけど、今回は時間がありませぬ。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
ここから

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
本丸に向かうのであります。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
ここは、ちょっとおぉ~ってなる。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
だが、これとかは

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
やはり、現代建築っぽい感じもあり

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
こうしたものにもあまり興味が持てないし

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
熊本城もそうであったけど、こういう巨大投資が継続的に客を呼べる魅力的なコンテンツかといえば、やや疑問が残る。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
熊本城もそうだけど、現存する重文の櫓とかはほぼ見向きもされない。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
この先には

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
まだ整備中のものもありつつ

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
見た目は確かにたっばがあり、それなりに見ごたえはあるが

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
ここを渡っていくと中はエレベーターを有した博物館・展示室で

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
天守閣からの眺めといえば

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
こんな感じで

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
上る意味あるかな?と思うものです。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
ちなみに外に出られません。

外観復元城ながら魅力有!名古屋城登城記
そして、名古屋城として優れているものを一つ挙げるとしたら、やはり、ここですかね~、売店です。これは非常に充実していて楽しいと思います。よほどの城好きで博物館を見たい人と売店に来たい人だけ、登ればいいんじゃないかというのが個人的感想です。名古屋城観光はお金を払わずとも外観や外構を見て足りるかなとか言ったら怒られるかもだけど。少なくとも世界の城と比較したとき、そこがやはり日本の城の弱さのように感じます。

尚、これはあくまで個人の趣味嗜好によって評価が異なるものあり、一個人の感想です。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記

今公開中の映画「清須会議」の舞台ともなった愛知県清須市の「清須城」に行ってきました。清須城は、信長ゆかりの城の一つで、只今、城内展示に清須会議で使用された衣装なども見られます。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
清須城は、平成元年(1989)、当時の外観や規模を想像しながら建設された模擬城ではありますが、なかなかのビジュアルです。ちなみに清須城は日本百名城にはなっていません。これは日本百名城の選定基準でエリアで選定される城の数に制限をしているからで、岐阜・愛知のように城が多い地域は他の地域より優れていても選ばれないことがあります。個人的にはエリア数制限っていうのは、いわゆる大人の事情じゃ、と思っとります。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
清須城への道案内は別途しますが、どっちの道もそれぞれにおすすめポイントがあります。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
清須城はこの門をくぐるとすぐそこにあるのですが、この門から見る絵もなかなかいいです。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
というのもこの枯山水が手前にあり

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
ゆっくり庭を眺められる東屋もあります。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
そこからのアプローチがいい感じなのです。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
信長塀は、永禄三年(1560年)桶狭間出陣途中熱田神宮に戦勝祈願し、大勝した為、そのお礼に奉納された再現塀。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
その横にあったこれは何かしら?土蔵?

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
織田信長など、清須城ゆかりの武将について書かれています。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
ちなみに城内は撮影禁止のため、映像はありませんが、天守閣からの眺めを。(清須会議の衣装とかあるから撮影禁止なのかな?お城によってフラッシュ撮影禁止、撮影禁止、制限なしと様々だけど、このクチコミの時代に撮影禁止って、ねえ。清須会議の恩恵なんて今年限りでしょと思うんですけどね。ちなみにイマイチな城に限って撮影不可だったりするんですよね~。あ、言い過ぎ?特に中は博物館ってなってる系はそうかな。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
こうなんていうか、イマイチ盛り上がらない。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
今、東京タワーとか行くと、昔の映像と今とが比較して見れるのだけど、やっぱ、往時を偲ぶ天守閣という位置づけで、もうちょっちソフト力磨いてほしいよね。このなんでもない景色見てもなーって思うんすよね。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
城のハコモノ観光もそろそろ卒業、次のステージに行かなきゃでしょ。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
安易なスタンプラリー

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
衣装体験

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
後追い武将隊。どごても同じ秋の夕暮れみたいなワンパターン。

全国城巡り-清須会議の舞台「清須城」登城記
ちなみに城はやはり360度その姿を愛でたい。


さて、次は名古屋城へGo!(一日で犬山・清須・名古屋3城巡り中)

テーマ : 愛知県
ジャンル : 地域情報

全国城巡り「小田原城」二の丸・本丸散歩

小田原城」の二の丸・本丸(小田原城址公園)は結構広くて、中にはいろいろな施設や由緒ある珍しい木など、結構、見るものがあります。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
小田原城本丸。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
詳くは小田原市のHPにて。ちなみに本丸の裏には遊園地があったり、隣には報徳二宮神社がある。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
売店もあれば

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
なんか昔の衣装体験もできる。外国のお客様が着て写真を撮っておられたけど、なんとなく写真撮らせてくださいとお願いすることができなかった。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
こちらは二の丸にあるビャクシンの木。

全国城巡り「小田原城」二の丸・本丸散歩
同じくこちらはイヌマキ。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
この日はイベントで全国のB級?ご当地グルメが集まっていていました。

テーマ : 小田原
ジャンル : 地域情報

「小田原城」馬出門・馬屋曲輪・住吉橋

小田原城がある小田原城址公園の中にあるレトロ建築は、旧小田原図書館?現在、二の丸観光案内所になっています。

小田原城址公園レトロ建築「二の丸観光案内所」

小田原城址公園レトロ建築「二の丸観光案内所」
馬屋曲輪。

小田原城址公園レトロ建築「二の丸観光案内所」
馬屋跡。

小田原城址公園レトロ建築「二の丸観光案内所」
地図で見ると、銅門を出て、住吉橋を渡って出たところです。ここから馬出門に出ることができます。

小田原城 住吉橋
これが住吉橋だよね?たぶん・・・

小田原城 住吉橋
堀があるもんね。

小田原城 馬出門
ということは、これが馬出門かな?馬出門のことは小田原市のHPに詳しく出ています。

テーマ : 小田原
ジャンル : 地域情報

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記

全国城巡り、今回は神奈川県小田原市、日本百名城の一つ、難攻不落といわれた北条五代「小田原城」登城記-天守閣への道編です。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
学橋を渡ったところが二の丸で、歴史見聞館の先、この赤い橋の下あたりは本丸東堀跡である。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
たぶん、今後、花か何かが植えられるのだと思う。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
この橋の名前は失念したが、このエントランス、なかなかわくわくさせる風情がある。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
階段を上ったところが常盤木門だ。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
手前右に常盤木門の説明がある。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
こちらが常盤木門。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
英文の説明もある。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
門を潜り、本丸に入ったところ。ここにお猿さんがいる。かわいい!

小田原市 北条早雲、北条五代、小田原市まち歩きさんぽ
正面よりも

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
こういうのに萌えます。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
なんか兵どもが夢の跡って感じで。小田原城が復興城でありながら、美しいのはやはりこの緑のおかげだと思うんですよね。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
天守閣搭乗口の方。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
結構、急な階段だったりします。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
こっから先、館内は撮影禁止です。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
まあ、展示は結構いろいろあるのですが、時間もないし、いっても中はコンクリの市民会館みたいな建物なので、上まで上がってとっとと降りるって感じで滞在時間10分あったかな?

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
景色もねー、イマイチ、なんていうか物足りないのでありますよ。

全国城巡り 北条五代「小田原城」天守登城記
とりあえず登ったって感じですが。

テーマ : 小田原
ジャンル : 地域情報

小田原城-小田原橋親柱と早川石丁場群の切石

小田原城の中、小田原市郷土文化館に「小田原橋親柱」と「石丁場群の切石」がありました。

小田原城-小田原橋親柱と石丁場群の切石
なんだろう?

小田原城-小田原橋親柱と石丁場群の切石
えっ?小田原って築地だったの?

小田原城-小田原橋親柱と石丁場群の切石
イマイチ、読んでもわからないこともありつつ。時間があって、小田原に興味があったら、郷土文化館の中とかも見るといいんだろうけど、そこまでじゃないし。

小田原城-小田原市郷土文化館
ちなみにこちらが郷土文化館。

小田原城-小田原市郷土文化館
歴史文化、考古学の資料などが展示されているそうです。

小田原城-小田原橋親柱と石丁場群の切石
こちらは早川石丁場群の切石、って何?なんですが、

小田原城-小田原橋親柱と石丁場群の切石
江戸時代の石切り場のことらしいです。小田原は石切のまちだったんですね。日本って、ほんとこういう遺跡のような資源を活かすのが下手だよな~、頭も資源もハード、いや頭がハードだからアウトプットもハードなのかな。所管する部署が教育委員会だから、保存する頭はあっても、活かそうっては考えはないんだよね。でも、それももうそろそろ変えないと。じゃないと、一部の研究者や歴史オタクを除いて、見向きもされないよね。

テーマ : 小田原
ジャンル : 地域情報

全国城巡り-小田原城のラブリーなお猿さん

全国城巡り、小田原城の本丸売店横にかわいいお猿さんたちがいます。寒いのか、体を寄せ合っている姿が超ラブリーです。

全国城巡り-小田原城のかわいいお猿さん
お城に猿舎?どうして小田原城にお猿がいるんでしょうか?

全国城巡り-小田原城のかわいいお猿さん
か、かわいい・・・。何コレ、想像以上にかわいいです。

全国城巡り-小田原城のかわいいお猿さん
何匹いるかな?下とか横にも5-6匹いたような。

全国城巡り-小田原城のかわいいお猿さん
金網が邪魔して、こういう時デジイチだといいなと思います。(でもとにかく荷物は軽く、軽さ優先)

というか、夏以降、ずっと追い込まれていたけど・・・久々のゆとり。ゆっくりとした朝だ

テーマ : 小田原
ジャンル : 地域情報

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社

全国城巡り、岐阜・大垣城から見え隠れする濃飛護国神社様は、とても素敵な神社様なのです。


美しい社殿は必見です。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社
緑に囲まれた大垣城は、雰囲気のある散歩道でもあります。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社
緑に誘われて歩いていると、神社の参道に出ました。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社
古い建物があったり

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社
この道はどこへ通じているんだろうか?と思って歩いていると

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社
もう一つ鳥居がありました。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社 大垣公園
こっちが正面なんですかね。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社 大垣公園
すごく格式ある神社って感じです。

=
いろいろな散策ルートがあるのが大垣城散歩の楽しいところです。


狛犬さんはまだ新しい?


この馬はなんだっけ?


とりあえず、もう少し大垣市さんが頑張ってくれることを願おう。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社 大垣公園
神社さん側からの見返り大垣城の姿。

全国城巡り「岐阜・大垣城」登城記(4)濃飛護国神社 大垣公園
大垣公園からも屋根が見えます。

テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

全国城巡り「大垣城」登城記3(西門・大垣公園編)

大垣城の西門側には、緑豊かな大垣公園と濃飛護国神社さんがあります。ここでは西門、大垣公園側から大垣城をご紹介します。

岐阜・大垣城-大垣公園
西門は、大垣公園側にあります。

全国城巡り「大垣城」登城記3(西門編)
こちらも改修工事で整備されたんでしょうか。

全国城巡り「大垣城」登城記3(西門編)
城の姿としては、大垣城って、結構ハンサムな城だと思うんですよね。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
大垣城を出て

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
城の裏手に進んでみます。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
緑に囲まれた静かな空間です。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
皇后陛下の歌碑がありました。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
木漏れ日の下のさんぽ。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
敷地は結構広くて、散歩を楽しむ地元の人らしき方の姿もたまに見かけます。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
本丸の案内図。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
あと、敷地の中には結構、いろいろな碑みたいなものがあります。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
誰?

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
こうなんていうか、もうちょっと説明するといいんじゃないかなって思うんですよね。あと、大垣城関連のサイトの大垣市さんのリンクの大半がリンク切れっていうのもねー。なんとかしませんか、大垣市さん?

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
復元城で中は資料館だけど、大垣城はここ最近登った30くらいの城の中でも、結構、満足度が高い城だっただけに残念な。。。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
公園にはこちらの銅像も雰囲気はあるのだけど、誰?って感じで。

岐阜・大垣城-大垣公園・濃飛護国神社
大垣藩初代藩主 戸田氏鉄公の像だそうです。っていわれてもな~。仙台なんて城がないのに伊達政宗像だけで客を呼んでいるようなものですが、あっちは戦国武将のスーパースターだし。やっぱ、ストーリーが何かきちんと伝わるといいんじゃないかな。

岐阜・大垣城-大垣公園
大垣公園にはこんな空間もあり。ちょっと素敵な公園でした。

テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム