宇部ボタニカルガーデンとエトセトラの旅

2013年1~2月にかけて、2度、山口県宇部市へお伺いした。各2泊3日、仕事の合間などで宇部のまちを歩いたり、ご案内頂いたりした。子供の頃、一度行ったことがある常盤公園にも久しぶりに行ってみた。宇部は彫刻によるまちづくりを行っていて、公園やまちに多数の彫刻があった。私的には植物園が魅力的だった。

山口県宇部市 常盤公園 植物園

ときわ公園
日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」熱帯植物園
宇部一望!無料公開「石炭記念館」炭都の歴史と展望台

宇部まち歩きさんぽ
歴史的建造物さんぽ「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
宇部まちあるきさんぽ彫刻とまちの遺構、珍百景

ご当地グルメ&グッズ編
宇部のおすすめ居酒屋、旨い魚を食べるなら「海鮮問屋」
居酒屋「土火土火(DOKADOKA)」
山口県川棚温泉のご当地グルメ「瓦そば」in土火土火
和風居酒屋「まめ壺」
山口名物ういろう「豆子郎」
ANAクラウンプラザホテル宇部cafe「ケーキ一番人気」

全国ホテルライフ評価 ANAクラウンプラザホテル宇部編
全国空港評価 宇部空港編
スポンサーサイト

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」の中にある温室は無料で見ることができる熱帯植物園です。こんな場所が住んでいるまちにあったら、どんなにいいかなぁ・・・と思います。

宇部植物園ときわミュージアム
ただ、残念なのは、最も魅力的なゾーンの情報提供がほとんどなく、また、その有効活用もほとんどされていないこと。

宇部植物園ときわミュージアム
ゆっくり見て歩けたらよかったのですが、この日はとりあえず、こんなものがあるというのを見て歩く時間しかなかったので、今回はパシャっパシャ写真を撮っていただけ。

宇部植物園ときわミュージアム
サボテンもいろんな種類があって、大きさも様々。

宇部植物園ときわミュージアム
楽し~い♪

宇部植物園ときわミュージアム
金鯱っていうんだ。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
バルタン星人?

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
でかーい。天井に届く。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
なんかゆっくりしたいです。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
なんかいろいろ面白いです。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
小さいもの、大きいもの。図鑑とかあって見比べて見られたらいいのですが。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
いろんなゾーンがあります。

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
バナナ

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
パパイア

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
水もあって

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
魚もいて

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
すごく落ち着くし

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
一日でもいられそうですが

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
そういうふうにはなっていないところが、やっぱりもったいないですかね~

宇部ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」
ときわ公園という、宇部最大の地域資源は未だ眠ったまま。

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&遺構,珍百景

まち歩きの醍醐味は、とりあえず、地図は持つが、何も考えずに歩くことだ。おすすめコースとか、人に教えられて、決められたコースを地図通りに歩いて何が楽しいのかといつも思う。当て所なく、歩いてこそ、散歩。てなことで、朝、宇部のまちを歩いてみた。行先は風にでも聞いてくれ。

●「UBEビエンナーレ」まちかど彫刻
彫刻のまち散歩&まちで見つけたオブジェたち
UBEビエンナーレ/現代日本彫刻展は二年に一度開かれています。彫刻はときわ公園のほか、まちの中でも多数目にすることができます。こちらは宇部新川駅近くにある彫刻です。

彫刻のまち散歩&まちで見つけたオブジェたち
手づくり郷土賞「出会いを演出する街角賞」かなぁ・・・

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
人が立ち止る、留まらせる、出会いを演出する空間って、ただものを置いただけだとやっぱりちょっと難しい。そこまで空間設計しないとダメなんだよね。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
自分でいうのもあれだけど、写真の撮り方がいいから、ちょっといい感じに見えるが、実際の空間では、まちと彫刻が融合できていない気がするんだ。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
彫刻を創った人はどう思っているんだろうか。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
見慣れているから、みんなないものみたいにして通り過ぎるんだろうか。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&遺構,珍百景
宇部は彫刻でどんなまちづくりをしたいのかな?

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&遺構,珍百景
すっごいお金もかかってると思うんだが、いろいろ考えてしまうのであった。

●宇部ぶらり、まちで見つけた風景、まちの遺構編
彫刻のまち散歩&まちで見つけたオブジェたち
宇部といえば、宇部興産。工場見学なども観光資源化されているけど、沿岸部で立ち上る煙がまちの中でも見られる、宇部ならでは景色だ。

彫刻のまち散歩&まちで見つけたオブジェたち
歴史的建造物「渡辺翁記念館」を見に行った帰り、宇部新川駅方面に向かう。途中にある商店街は少しさびしい。

彫刻のまち散歩&まちで見つけたオブジェたち
新川駅前から、メインストリートへ出る。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
広い歩道だ。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
ところどころにお店がある。入ってみたかったけど、今回は時間がなかった。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
これは美術学校?受験予備校?宇部美術研究所

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
そして、私が最も興味を惹かれた遺構がこちら。あー、これは。。。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
しばし佇む。ああ、泣きそうになる。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
商店街の跡。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
じーん・・・

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
いろいろ思うことはあるが、ここではいいや。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
公園にはこんなものがあった。へぇ、面白いね。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
土曜日の朝だと思うが、人に出会わない。こんな広い道を一人で歩く。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&遺構,珍百景
川も一人。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&遺構,珍百景
空を見上げるのであった。もっとみんな自分のまちを愛そうよ。

宇部ぶらり散歩で見つけた彫刻&まちの珍百景
あと、まち歩きするには、まちに地図などのガイドがなくて、手元の地図だけだと少しわかりにくい。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

宇部歴史的建造物さんぽ「渡辺翁記念会館」ほか

山口県宇部市の歴史的建造物を訪ねてまちを歩いてみた。今回は宇部市の中心部にある「渡辺翁記念会館」と「旧宇部銀行館」を見ることができた。たぶん、いずれも午前中の空き時間に歩いたんじゃないかと思う。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
なんていうか、すごく魅力的な建築だった。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
平成9年6月には国の登録文化財、平成17年12月には国の重要文化財に指定されています。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
何かのロケ地になったと聞いたけど・・・忘れたので、ググったら、映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のロケ地(銀座の映画館という設定)と出てきた。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
なんていうか、見惚れちゃう美しさなのよ、これが。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
こういうのとか。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
ねっ、たまんないでしょう。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
残念ながら中は締まっていて見れませんでした。文化会館なので何か催しものがないと、クローズしてるのです。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
どこからでも絵になる。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
こちらは旧山口銀行館。今は指定管理されてヒストリア宇部として活用されているようです。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
なんだろう?時間がなくて中まで入れなかったけど。

歴史的建造物「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
歴史的建造物の活用は、そのポテンシャルを発揮する例が極めて稀有であります。

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

彫刻と日本の都市公園100選「ときわ公園」

山口県宇部市は1961年より、100haの都市型総合公園「ときわ公園」で2年に一度、UBEビエンナーレを開催しています。その作品は宇部市内、そしてここときわ公園で野外展示されています。

宇部彫刻 ときわ公園
正直、彫刻についてはイマイチわからないのですが、広大なときわ公園のあちこちにこうした彫刻があります。

日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
こんなのや

彫刻の「ときわ公園」日本の都市公園百選
こんなの。

日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
昔、箱根でしたっけ?彫刻の森美術館に行ったことがありますが、ときわ公園が広すぎるせいか、彫刻と空間の関係が今一つぴんとこないのは私だけでしょうか。

彫刻と日本の都市公園100選「ときわ公園」
でも、まちのど真ん中にこれだけ自然豊かな広大な公園があるって幸せですよね~。

彫刻と日本の都市公園100選「ときわ公園」
水辺もあり、広々していて、ゆっくりできて、癒される空間です。

彫刻の「ときわ公園」日本の都市公園百選
ボートもあります。

彫刻と日本の都市公園100選「ときわ公園」
ここには以前、数百羽の白鳥がいて、この湖は白鳥湖と呼ばれています。

彫刻と日本の都市公園100選「ときわ公園」
鳥インフルエンザ騒ぎのときに、白鳥は処分されたそうで、今は一羽も見ることはできません。

彫刻の「ときわ公園」日本の都市公園百選
一周すると、徒歩なら2時間はかかる広さ。ジョギングする方もいます。

彫刻の「ときわ公園」日本の都市公園百選
一周してみたかったのですが、またの機会に。

日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
公園内には神社があったり

日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
こんな古民家があったり

彫刻の「ときわ公園」日本の都市公園百選
花のまちづくりはこれから。地域資源の潜在的な価値は高いものの、活用には数多くの課題がみられました。

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)

山口県宇部市にある面積約100haの都市型総合公園「ときわ公園」の敷地にある「石炭記念館」。かつて石炭で栄えた炭都の歴史展示と宇部を一望する展望台は入場無料です。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
石炭記念館の足元には昔石炭輸送に使われたSLの展示も。展望台は高層ではありませんが、宇部は高い山もなく、遠くまで見渡せます。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
宇部炭鉱の300年の歴史の展示と海抜65メートルの展望台からの眺めを提供しています。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
メタセコイア(石炭の原木)は生きた化石と呼ばれています。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
今回は時間がなくて、展示は見ていませんが1-2階が展示室になっています。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
360度のパノラマ。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
ときわ公園の大きさを実感します。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
動物園や遊園地もある。

宇部一望!ときわ公園「石炭記念館」(山口)
白鳥湖には昔たくさんの白鳥がいましたが、鳥インフルエンザによって白鳥の姿は見られなくなりました。今は鴨や鶯などが見られます。

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

ここはどこ?ミステリータウンさんぽ

基本、まち歩きやさんぽって、誰かにガイドされてするものじゃないと思うんだよね。ただ、知らないまちに行った場合、一応、まち歩きのマップなどで情報をつかんで、こっち方面に行ってみようかと辺りをつけることは、もちろん必要だけど。

ミステリータウン?宇部
なので、こうした何かを意図したアートよりは

ミステリータウン?宇部
こんな、なんじゃこりゃあ~(松田優作風)的なものが好きだ。どうしてこれがここにあるのか?その謎を解明すべく、横道へ、路地へ、廃墟へ誘われて行く。いや~、ぞくぞくするぅ。楽し~い。わかるかな~。

ミステリータウン?宇部
まち歩きやさんぽは基本探検で、何か予期せぬものを発見するのが楽しい。えへっ。

よーし、今日もなんとか更新したぞ!2月こそ!

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

下関レトロ「旧秋田商会ビル」と「金子みすゞ」

金子みすゞ・旧秋田商会ビル・下関観光情報センター
旧秋田商会ビル(現下関観光情報センター)は、大正4年(1915)に竣工した和洋折衷の建築物。地上3階、地下1階、屋上には日本庭園と日本家屋を備えています。

金子みすゞ・旧秋田商会ビル・下関観光情報センター
関門海峡を臨む、下関「唐戸桟橋」前は「金子みすゞ詩の小径」とされ

下関・南部町郵便局
隣には「下関南部町郵便局」があります。下関に現存する最も古い洋風建築物で明治33年(1900)築。

金子みすゞ・旧秋田商会ビル・下関観光情報センター
屋上に庭園があるそうですが、取材時は非公開。見たかったです。

金子みすゞ・旧秋田商会ビル・下関観光情報センター
こちらは建物の(向かって)右側部分。

金子みすゞ・旧秋田商会ビル・下関観光情報センター
こちらが左側部分になります。

旧秋田商会ビル内部・展示
一回は下関観光情報センターの展示スペースになっていて、一部、金子みすゞ関連の展示もありますが、結構中途半端で、スペースの活用としてはイマイチ。パンレット置き場の域を出ていません。なんだろう。。。

旧秋田商会ビル内部・展示
しかし、建築を見るということでいえば、かなり魅力的な建築です。

旧秋田商会ビル内部・展示
こちらは二階部分?三階かもしれません。

旧秋田商会ビル内部・展示
こうしたものも、この建物に暮らしていた人やその生活を忍ばせて、味わいがあります。

旧秋田商会ビル内部・展示
まあ、とはいえ、ただ調度品が飾ってある域は出ず

旧秋田商会ビル内部・建築
この独特の和洋折衷感も、ただ見るだけになってしまっています。

旧秋田商会ビル内部・建築
ここから屋上庭園に上がっていくらしいのですが・・・

旧秋田商会ビル内部・建築
この光の入り具合とか、めちゃくちゃいい感じなんですが。

旧秋田商会ビル内部・建築
いや、もったいない。

旧秋田商会ビル内部・建築
これすごいな。この資源を有効活用できないってどうなのかな~。もったいないお化けが出そうです。いや、これは出る。実に残念。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

tag : 賑わい創出 地域活性化

関門海峡・下関レトロまち歩き観光の魅力

下関・唐戸地区(山口県下関市)」は、門司港同様、年間300万人の観光客が訪れる観光地です。

関門海峡・下関
門司港から連絡船や関門橋を渡り下関へは所要時間5分くらい。唐戸桟橋の目の前には旧秋田商会ビル(下関観光情報センター)や

下関南部町郵便局
下関南部町郵便局があります。(関連記事。こちらに外観写真あり)

唐戸市場
すぐそばには年間200万人が訪れる「唐戸市場

しものせき水族館
市立しものせき水族館「海響館」などがあります。

海響館
平成13年4月1日の開館から10年4ヶ月余で、入館者数800万人を達成。

関門海峡・下関唐戸桟橋
唐戸桟橋が、門司港より優れていると思う点は、やはりこの「港の世界観」を創れていることでしょうか。港の風景として、空間的に優れていると感じます。

関門海峡・下関唐戸桟橋
連絡船が着く桟橋の近くにある観光案内所や観光施設。

関門海峡・下関唐戸桟橋
商業施設的には、今一つな感じますが

関門海峡・下関唐戸桟橋
人が寛ぐ姿を目にします。

関門海峡としものせき水族館
各施設を結ぶ動線もその世界観の連なりで、上手くひかれている。

関門海峡・下関唐戸桟橋
水族館から恋人灯台へ続くデッキ。

下関の恋人灯台
恋人灯台は手前の白と向かい合い、赤が立っています。

下関・恋人灯台
唐戸市場の横に「赤の恋人灯台」なかなかロマンチックです。ここだったら、愛をささやいても大丈夫。絶好の告白スポット。コンクリートのタワーの上より、よほど「恋人の聖地」にふさわしいし、おかしな愛の鐘とか創って恥ずかしくもなく聖地と言うあざとさもない。

関門連絡船
船や人が行きかい、波の音がして、潮の香りがして、太陽の光や風を感じて、それを感じることで自分自身を確認することができる。そういう空気感がないと、ただ見ているだけになってしまう。単なる受動の観光ならテレビを見ているのと変わらない。旅をする意味は、そこに行ったことだけになってしまう。それでは何も残らない。

下関「山口銀行旧本店」
水族館の道をはさんだ反対側あたりには「山口銀行旧本店」があります。

下関マンホール
下関のマンホールは特産品の「ふぐ」。かわいいです。

今回はゆっくり歩くというより、せっかくなので渡ってみるという感じで。歩いたのは2時間弱くらい。故郷(島根)にいた時は、下関もまあまあ行ったことありましたが、しっかり見るとか、ゆっくり滞在したこともなくて、大抵関門橋渡って九州行ってた感じだったので、また、機会があったら、巌流島を含めて、改めてしっかり取材できるといいかもです。

とりあえず、桟橋は良かったのですが、当然ながらそれだけだと一円のお金も落ちないので。その良さをどう観光に反映させるかはまた別の問題になってきます。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

海峡メッセ下関「海峡ゆめタワー」独り占め?

CIMG6884.jpg
コンベンション施設海峡メッセ下関に併設された「海峡ゆめタワー」。シンボルタワーとされ、高さ143メートルの展望台からは壇ノ浦や関門海峡が一望できるというものです。2006年恋人の聖地に選定(恋人の聖地自体全く知名度がないですが)。

CIMG6881_20120503100914.jpg
門司港から関門連絡船で下関側に渡り、金子みすゞ詩の小径からレトロ建築物の「下関南部町郵便局」前を通り「山口銀行旧本店」へそこからタワーを目指しました。(なんでまたタワーを見に行ったかというと、これが観光じゃなく仕事だから。なんで関門海峡をはさんだ「門司港」側にレトロ展望室があるのにこっちにもタワー作るかな?的な検証のためなんですが)

CIMG6889_20120503100913.jpg
600円・・・高いな。これ見てはじめて気づくが、まあ、エレベーター代だよね。

CIMG6895.jpg
上に上がったら何があるかと思うでしょ?

CIMG6893_20120503100911.jpg
確かに遠くまで見下ろせるんだけど・・・まあこれはいいとして。

CIMG6896_20120503103124.jpg
恋人の聖地ということで、こんな恋愛祈願の神社ができているんでしょうか。なんだろこれ?ちょっとクラクラする・・・ちゃちいのもだけど、恥ずかしすぎる。

CIMG6899_20120503103123.jpg
この椅子に座る・・・カップルって!?私だったらこれに座らされたら、確実に死ぬ。いや、これが好きだと思うカップルはたぶんいらっしゃるとは思うけど。なんか発想が「昭和」だ。ここで愛語る?愛を誓う?もっといいシチュエーションあるんじゃないか?と思ったりするのでした。

特に見るべきものはなく、他の入場者の姿もなく、滞在時間わずか3分。エレベーター代払って上がる、ゆめタワーの年間入館者数は例年11万人(昨年度は、震災の影響もあり5年ぶりに11万人を切り10万1389人/山口新聞)営業日数300日で割ると、一日366人。@600だとしても入場料収入は219600円。なかなか厳しい数字です。1996年オープン。まさにバブルの落し物というところか。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム