花のまち、群馬県館林市早春の旅INDEX

2013年2月22日、群馬県館林市議会での講演の際、少し早めに出て館林を歩いてみました。講演の後、議会の方にぶんぶく茶釜の「茂林寺」などもご案内頂き、館林観光のさわりの部分を取材でき、結構、てんこ盛りです。素敵なガーデン・レストランもあり、絶品グルメに認定させて頂きました。お楽しみあれ。

群馬県館林市 茂林寺 ぶんぶく茶釜

花のまち、群馬県館林市早春の旅INDEX
絶品グルメ(24)ガーデン・レストラン「ロートルメゾン西ノ洞」 
館林雛祭りの「歴史の小径」まち歩きさんぽ
トトロ似のたぬきがいる?文福茶釜ゆかりの「茂林寺」
名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
館林の観光「田山花袋旧居&文学記念館」ほか
ご当地グルメ&グッズ「館林うどん」
館林市のご当地マンホール「たぬき」
東武鉄道特急「りょうもう」と「館林駅」
スポンサーサイト

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)

事前に取り寄せた観光情報で、館林駅前に「歴史の小径」というのがあり、そこからまち歩きコースが作られていて、マップがあったので歩いてみることにした。

歴史の小道-館林市まち歩き
でも、まず、この目の前にある歴史の小径を探すのに少し迷う。地図によると駅前から少し脇の道のように思えたのだが、どうも違うようだし、とりあえず、駅前の交番で聞いて、ここだと教えてもらったのだが、聞いたおまわりさんはすぐにはわからなくて地図を見て、ここだと教えてくれた。

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)
そこを入ると、こうして案内があったのだが、これはやはり駅前にあるべきだよねと思うのであった。

歴史の小道-館林市まち歩き 竜の井
まず最初にあるのがこちら。

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)
竜の井というらしい。市や観光協会のサイトに説明はあるのか。ググッてみたがなかった。ちなみにこちに館林市の観光パンフレット(PDF)があります。

歴史の小道-館林市まち歩き 竜の井
貴重なものなのかもしれないが、微妙にだからなんだって思うんだよね。なんていうか、観る以外にどうする?的な、観光客の人はこれにどう関わればいいんだろうかと思ったり。まあ、これは館林市さんだけの問題じゃない、全国どこにでもある問題ではありますが。

歴史の小道-館林市まち歩き
田山花袋ゆかりのお寺らしい?ちなみに、このさんぽは時間があまりなくて、先を急いでいて、ここはスルーしてしまいました。あれ?お寺の写真がないけど・・・これ、迷って20分くらい彷徨っていた時に見つけたやつかな?

歴史の小道-館林市まち歩き 毛塚記念館
ようやく道を発見して、そこで出会った毛塚記念館。酒屋さんみたいです。ここは入りたかったなー。たぶん、10時前で、まだ空いてなかったのです。

歴史の小道-館林市まち歩き
こちらもすごくわかりにくかったのですが、なんとか見つけたものの、外観見るだけで。そういう意味では、まだまち歩きについては、取り組みをはじめられたところかなとは思います。

歴史の小道-館林市まち歩き
ちなみに、近くにこちらの看板がありました。

歴史の小道-館林市まち歩き
そこから少し歩くと、鷹匠町武家屋敷武鷹館があります。

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)
中には「旧館林藩士住宅」があり

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)
丁度、雛祭りイベントが開催されていて、シニアの方たちの姿があり、ガイドさんが説明をされていました。

館林市、雛祭の「歴史の小径」まち歩きさんぽ(群馬)
スタンプラリーもあったのですが、スタンプがピカチュウなんで・・・。でも、地域の方か、無料のお茶のお接待なども頑張っておられました。なんかこの資源をうまく生かせるといいんですけどね。ちなみに、この直後、素敵なガーデンレストランに出会い、予定変更。ここでまち歩きは終了となりました。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

館林名勝「躑躅ヶ岡」樹齢800年の巨木&古木群

群馬県立つつじが岡公園は12haの敷地に50余品種、約1万株のツツジがあり、ヤマツツジの古木は樹齢800年とも言われているそうだ。今回は花の季節ではなかったので、すごさが伝わらないと思うが、一度はその季節に行けるといいと思う。

名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
名勝「躑躅ヶ岡」。樹齢800年を超える巨木とはどんなものなのだろう。

名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
園内は12haと広大。こちらに園内の案内がある。

名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
これもすべてツツジだという。咲いたら、見事だろう。

名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
水辺もある。夏にはも見事だとか。

名勝「躑躅ヶ岡」キリシマツツジ古木群
運よく、今年見れたらまたレポします。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

館林レトロさんぽ 田山花袋旧居と文学館+(群馬)

館林市にある「田山花袋記念文学館」と田山花袋の旧居がおかれた「第二資料館」周辺には館林市のハコモノの観光施設が集積している。

田山花袋旧居と記念文学館周辺さんぽ(群馬県館林市)
こちらは「向井千秋記念こども科学館」。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
こちらが「田山花袋記念文学館」。通りをはさんだ反対側に第二資料館「田山花袋旧居」が移設展示されている。といっても、田山花袋は高校の現国で名前と「蒲団」という作品名を試験に出るので覚えただけで読んだこともないし、「蒲団」って・・・と、その頃から、ちょっと読みたいタイトルじゃないと思っていたんだけど。これを資源として活かすにはやはり知恵が必要だ。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
こちらは第二資料館の敷地内にある「旧上毛モスリン事務所」こちらの洋館はテレビドラマ「イケメンパラダイス(リメイク版)」のロケで使用されたそうだ。このときは改修中。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
そして、第二資料館の敷地内には田山花袋の旧居がある。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
環境の良い場所に移されて、雰囲気はあるのだけど

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
悲しいかな、田山花袋を研究している学者か、ファンでない限り、これは「歴史的ハコモノ」でしかない。(言い過ぎだぞと言われそうだけど。活かせていないものを見ると、とにかくとても悲しいのだ)

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
もっと違った活かし方があるはずだ。そしてそれはハードじゃない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
一般ピープルの大半は、ここにお金を払って入らない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
とりあえず、誰が田山花袋を愛しているのか。ファン層が見えない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
貴重なものかもしれないが、観光資源とするには知恵とそして何より愛が必要だ。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
第二資料館の入り口。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
館林城の二の丸、三の丸等から出土した城郭の「間知石」と「角石」が園路にありました。動物園という資源は行動展示によって付加価値化した。さて、こうした歴史的、文化的資源をどう付加価値化するか、そろそろみんな真剣に考えようぜ。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)

講演の後、議会の方が市内何か所かを案内してくださった。その一つ「茂林寺」。あの文福茶釜ゆかりのお寺です。ここは館林駅の隣の駅が最寄駅で、そもそも回れなかったところなのですごく有難かった。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
総門(黒門)から、山門(赤門)を臨む。本堂はずっと奥に見える。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
総門から赤門へと続く参道には、21体の狸像が並び参拝者を出迎えてくれる。

群馬県館林市 茂林寺 ぶんぶく茶釜
なんか服着てる。

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
たぬきのお姫様?

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
茶釜、の上にカメ?

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
ユーモラスなたぬきたちだが、どういういわれがあるのか。一つ一つ、結構違う。名前つけたらいいのにって言ったんだけど。

館林市 茂林寺 ぶんぶく茶釜
ん?あれ?あれは・・・

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
つい走り寄る。もしかしてトトロ?と見紛う、若干間の抜けた・・・というか、なんかやたらデカい。(というか、もう行きますよと言われて、急いで撮ったので写真が曲がってる・・・)

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
茂林寺さんは

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
もすごく大きなお寺だ。フレームに全部納まらない・・・。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
そして、立派なお寺だ。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
分服茶釜に関する資料展示もあって

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
これとかもゆっくり見たかったけど

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
ゆっくり拝見する時間がなかった・・・

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
次に向かうため歩きながら、斜めな体勢ながら、写真だけ撮る。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
この桜は、今、ちょうど咲いている頃じゃないでしょうか。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
この仏様もすごくデカかった。ていうか、茂林寺さんにあるものってすべてがなんかサイズがXLな。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お寺を出たところに

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お土産物屋さんがありました。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
いろんなものがあって楽しそう。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
これは何!?って聞いたら

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お店のおじさんがこちらをくださいました。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム