FC2ブログ

在留外国人3百万人へ!先進多文化共生まちづくり

電通「HANJO」連載(16)
在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり

在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり
2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。

今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。

今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。
詳細はこちら
スポンサーサイト

レアメタル級の偉人 今、知るべき生涯と経営

HANJOで連載中のコラム、活用できていない地域のローカルヒーローの活用に関するシリーズ第三回が本日公開されました。

HANJO<シリーズ連載>歴史的ハコモノで終わらせない! 地域の潜在資源の活かし方③
レアメタル級の偉人 “今、知るべき井坂直幹、その生涯と経営”

能代
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

埋もれた地域資源、ローカルヒーローの活かし方

HANJOで連載中のコラム、今回は全3回シリーズでお届けしています、こちらのコラム。昨年末に公開した第一回に続く、第二回が本日公開となりました。また是非ご覧頂ければ。

HANJO コラム <シリーズ>歴史的ハコモノで終わらせない! 地域の潜在資源の活かし方 第2回埋もれた地域資源、ローカルヒーローの活かし方
HANJO HANJO コラム <シリーズ>歴史的ハコモノで終わらせない! 地域の潜在資源の活かし方②埋もれた地域資源、ローカルヒーローの活かし方
郷土の偉人は時に地域に大きな経済効果をもたらします。坂本龍馬しかり、伊達政宗しかり。NHKの大河ドラマや朝ドラなどで取り上げられれば、その効果は絶大。ただ、脚光を浴びる偉人はごく一部、多くは偉大な足跡を残しながら歴史に埋もれ、地域の中ですら忘れられ、埋没しているのが現状です。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

地域の歴史遺産をハコモノで終わらせない!活用

ひとつのテーマにしぼって徹底取材する新シリーズ。地域活性化・まちづくりコンサルタント水津陽子さんが全国各地に足を運び、地域創生の道のりをたどります。3回にわたってお送りする今シリーズのテーマは「歴史的ハコモノをどう活かすか?」。第1回では秋田県能代市にある「旧料亭金勇」をフィーチャーします。

HANJO 新シリーズ連載
歴史遺産をハコモノで終わらせない! 地域の潜在資源の活かし方
第1回 秋田県能代市「旧料亭金勇」編

第1回 秋田県能代市「旧料亭金勇」編
地域が有する様々な資源の中で思ったような活用ができていない、不活性の最たるものの一つが地域の歴史遺産、貴重な文化財である建造物や地域ゆかりの偉人などです。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

地域資源をマネタイズするローカルベンチャー

電通主催の企業のビジネス活性をテーマとしたWEBニュースサイト「HANJO HANJO」で連載中のコラム、第15回が公開となりました。今回はこちらです。また是非、ご覧頂ければ。

電通「HANJO」連載コラム 第15回
地域資源をマネタイズし雇用を生む、せとうちのローカルベンチャー〜尾道/ディスカバーリンクせとうち編〜

地域資源をマネタイズし雇用を生む、せとうちのローカルベンチャー 〜尾道/ディスカバーリンクせとうち編〜
全国各地で行われている地域資源を活用した特産品や観光開発。多くは「作る」ことがゴールになり、それをどう「売るか」にまで力が及んでいません。しかし地域資源活用とは、どうマネタイズするか、そのビジネスモデルを考えることに尽きます。今回は独自の視点で地域資源を収益事業化する、せとうちのローカルベンチャーにフォーカス、そのビジネスモデル構築の視座と手法に迫ります。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

熱海の奇跡、シャッター街を人気スポットにする戦略

こちらは久々の公開のメディア、中小企業の儲かるが見つかる、電通の「HANJO」コラム・ちょっとサボり過ぎでしょ?っていやもう面目ないですが、今回は中心市街地でシャッター街と化した商店街復活の取り組み事例のご紹介です。是非またご覧頂ければ。

HANJO連載コラム(15)
熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略

熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略
長らく低迷にあえいできた熱海が復活を遂げ話題となっています。1960年代には年間500万人を超える宿泊客で賑わった一大観光地でしたが、2011年には246万人にまで落ち込みました。しかし、そこからわずか4年、宿泊客数は308万人へ、奇跡とも呼ばれるV字復活を果たしました。その起点の一つとなったシャッター商店街の再生にフォーカス、”熱海の奇跡”を起こした挑戦とその戦略に迫ります。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

小売業から観光へ!地元と連携、新たな観光づくり

HANJOでの連載コラム、本日公開となりました。今回はこちらのテーマでお届けします。

HANJO連載コラム(14)
小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり
京都府宮津市・㈱にしがき〜新感覚体験リゾート「シエナヒルズ」の挑戦〜

小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり
京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

人口400人の離島が生き残り賭ける着地型観光

電通が運営する中小企業経営を支援するITメディア「HANJO」で連載中のコラム第12回が本日公開となりました。今回は人口400人という離島で始まった着地型観光の取り組みにフォーカスしています。やる気があれば、小さくてもここまでできるんだということを、やれ金がない、人がいないと言っている地域に知ってもらえたらと思います。

HANJO連載コラム(12)
人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」
兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

年間赤字1億の宿を90日で再生! 小規模宿再生術

続けざまですが、こちらは昨日公開された中小企業の儲かるが見つかる「HANJO」で連載中のコラムの最新記事です。地方創生にもつながるユニークな事例ですので、是非ご覧頂ければ。

HANJO連載コラム(11)
年間赤字1億の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術
ワールドリゾートオペレーション

年間赤字1憶の宿を90日で再生! 大手も手つかずの小規模宿再生術/ワールドリゾートオペレーション
全国でリゾートホテルや旅館の再生を手掛ける株式会社ワールドリゾートオペレーションは2018年3月1日、同社17番目の直営施設として熊本県山鹿市に「ゆとりろ山鹿」をリブランドオープンさせました。
詳細はこちら

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

2018 観光産業潮流、押さえておきたい4つの波

何故か、年明けから毎日のように何かの締め切りに追われているのですが、こちらの記事はさっき書いたばかり・・・まあ、本当は昨日入稿予定だったのですが、先ほど公開となりました。今年というか、今年から2020年へ、中の一つはその後へ続くトレンドとなりそうです。

HANJO連載 No.11
2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波
2018年が明けましたが、インバウンドをはじめ観光産業において、皆さんは今年どのような展望を持っておられるでしょう。
2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します。
詳細はこちら

※ちなみに写真は先日の徳島出張の際、機内から撮影したものです。かつてないほど肉薄!感動でした。(若干トリミングしてます)

テーマ : 地方創生
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム