FC2ブログ

谷根千さんぽ~谷中菊まつり(3)周辺散歩

芽市田邸~明治40年築、布問屋市田家の屋敷と蔵
DSCF0783.jpg
上野桜木町、谷中の七福神「大黒天」さんの少し先、東京芸大に向かっていく角に、この素敵な佇まいの古民家を発見しました。丁度、「芸工展」に参加して、いろいろなアーティストさんの展示も行われていました。素敵です!素敵過ぎます!また、薄が美しい!また、ここを管理されているNPOたいとう歴史文化研究会にも興味津津です。

ちなみに、プチ情報、10/25(日)、ここで「棟梁のお茶会」というイベントが開催されるそうです。あーん、行きたいー!10-15時まで、500円でお茶をふるまって頂けるようですよ。ぜひ、友達と出かけましょう。カップルはちょっちうっとうしい・・・?と思う。

芽東京芸術大学
DSCF0786.jpg
東京芸大の壁。うわぁ~アートです。っていうか、なんか物語の舞台になりそう。ヴァンパイアものとか?あ、岸尾さん!(声優の岸尾だいすけさん「ヴァンパイア騎士」などに主演)


芽上野恩賜公園
DSCF0787.jpg
上野恩賜公園のアートパフォーマンス。しばらく前、めぐりんから見かけて気になっていたんだよねー。なんかカラフル。森とのアートです。

DSCF0803.jpg

芽東京国立博物館
DSCF0804.jpg

DSCF0792.jpg

芽国立科学博物館の巨大クジラ
DSCF0805.jpg

芽国立西洋美術館~ロダン「地獄門」
DSCF0808.jpg
私の記憶が正しければ、たぶん、地獄門っていうのは、ダンテの神曲から、ロダンが作ったものではなかったかしら?上野公園は世界遺産にも登録申請する日本を代表する文化エリアではあるけれど、公園内には数多くのホームレスの方たちの姿があった。公園の通路、アスファルトに顔を押しつぶされながら眠る人の姿。こうした方たちが、人としてあるべき姿を取り戻し、公園に集う光景が実現されないなら、ここが世界遺産になることはないだろう。そんなの世界遺産じゃねえし。
この光景と、上野でどんな素晴らしい風景や芸術、そのアンパラランスを無視することが私にはできなかった。上野を本当に楽しく歩けるために、私にできることを考えてみたいと思う。

芽リンク集
国立西洋美術館
国立科学博物館
東京国立博物館
スポンサーサイト



テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

谷根千さんぽ~谷中菊まつり(2)大円寺

芽大円寺の菊まつりと音楽会
DSCF0835.jpg
千駄木駅団子坂出口を出ると「不忍通り」にぶつかり、上り坂に行くと「団子坂」、反対側に進むと言問通りに出ます。大円寺は、その道の途中にあります。菊まつりの目印は、この黄色い提灯。菊の鉢が並び、境内の入口に、この菊人形がありました。

DSCF0839.jpg

芽不老長寿の酒「菊酒」
KC380740.jpgKC380741.jpg

これは境内で売られていた「菊酒」。甕の中には、桜の花が浮かんだ酒。小はこの御猪口100円、大は青竹が杯になっていました。こうして桜の花弁を浮かべ、菊の芳香が漂うお酒。但し書きには「不老長寿の酒」とあります。なんて風流なんでしょう。日本人って、日本文化は素敵です。(この写真は、デジカメの電源が切れて、携帯カメラで撮影したのと、かなり日が傾いてきたので、あまり奇麗に見えないと思うのですが、実際にはとっても美しいんですよ)

DSCF0847.jpg
境内では、声楽家の方が来られて、音楽会が開催されていました。「私のお父さん」という有名な歌曲やもみじなどの日本の歌数曲を謳われました。最後、アンコールで「ふるさと」で、会場も一緒に謳ってくださいと呼びかけられると、年配の方の多くが一緒に歌われていました。

私はみんなで一緒に歌いましょうっていうのが苦手ベスト10に入るのでパスですが、会場は一体となって、なんていうか厳かな感じでした。年配の方たちは三番まできちんと歌えるんですね。あれは、やはり戦争が関係しているのではないでしょうか。ふるさとがあんなに感動的だったことがありません。思わず、私うるうるしてしまいそうでした。みんなの気持ちが一つになって、手をつないでいるようでした。素敵でした。なんか、今書いて、涙出てきちゃった。

DSCF0846.jpg

大円寺(東京エンタメ辞典)
エンジョイ東京「菊花展&菊の名所」

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

谷根千さんぽ~谷中菊まつり(1)谷中レトロ

KC380743.jpg
昨日、今日と、台東区谷中では「谷中菊まつり」が行われています。昨日は、千駄木から、谷中、上野桜木町を抜けて、上野恩賜公園まで、てく(徒歩)&台東区のコミュニティバス「東西めぐりん」で、約三時間谷根千ぶりまち歩きを楽しんできました。コースはざっとこんな感じ。 映像&谷根千さんぽ、まち歩きの情報をお届けします。

1.千駄木の路地でパフォーマンス
2.谷中まつりin初音の森を抜けて
3.東西めぐりん「旧吉田屋酒店」停留所
4.カヤバ珈琲
5.市田邸
6.上野の森、恩賜公園を歩く
7.谷中レトロ
8.大円寺「谷中菊まつり」
9.不老長寿の酒「菊酒」

DSCF0759.jpg
まず、千駄木の路上で見つけたのは、こんなパフォーマンス。ものすごい長い巻紙に、何だろう、書をしたためる人が・・・書道家さん?あれかな、東京ヘヴンアーティストさんとか? 5メールくらいの長さの紙、それが二巻めに突入していました。人だかりも・・・さすが千駄木。まちが好きな人が集まってきます。不思議に、同じものが好きな人たちが集まるから、みんななんか一体になる感じがある。

DSCF0766.jpg
あ、でも、私、今日は、菊まつりに行かないと・・・とそこを後にする。とりあえず、めぐりんに乗りましょう。ちなみに、めぐりんっていうのは、台東区さんのコミュニティバスで、このレトロ感あふれるバス。一日乗車券は300円。一回の乗車はどこまで乗っても100円。うーん、リーズナブルぅ。

芽旧吉田屋酒店(下町風俗資料館付設展示場)

DSCF0768.jpg

DSCF0772.jpg

DSCF0771.jpg

下町風俗資料館ホームページ

谷中菊まつりの期間中は、ここにも菊人形が飾られ、お茶などのサービスが受けられます。ここは無料公開されています。また、東西めぐりんの「旧吉田屋酒店」停留所となりますが、停留所そのものは、ここを曲がった数十メートルほど先にあります。こんな高級マンションの前です。

DSCF0780.jpg

近くには、レトロな「カヤバ珈琲」など、谷中ならではの趣のあるお店や街並みが・・・うー、うるうる。街並み好きには垂涎のエリアです。

DSCF0767.jpg

DSCF0774.jpg

DSCF0775.jpg

DSCF0815.jpg
ん?これは何?銭湯?でも、アートな工房か何か?ああ、シビれる・・・。

DSCF0779.jpg

DSCF0816.jpg
そして、見つけちゃいました!猫ちゃん。名付けて「ぶちくん」です。ちょっち、無愛想な写真になっていますが、とっても人懐っこいです。かわいいー。「にゃあ~」話しかけます。「ニャー」って返ってきます。撫ぜ撫ぜ・・・なごみます。まち好きは、猫好き。たくさん、猫好きさんが集まってきます。あーん、名残惜しいけど、私、まだ菊まつりに辿りついていないです。(この時点で、「大円寺」を通り過ぎています)

DSCF0819.jpg

豆しばイベント情報~谷中界隈・秋まつり・イベント開催中!
とりあえず、10月は谷根千界隈では、様々な秋祭・イベントが開催されています。

2009.10.11 谷中まつり(台東区) 
2009.10.10-25 芸工展 注目は、2009.10.18-25 鋸屋根写真展
2009.10.24-25 第11回 根津・千駄木下町まつり
NPO法人たいとう歴史都市研究会 建物と、人と、町と、笑顔つないで

続きは、「谷根千さんぽ~谷中菊まつり(2)」へどうぞ

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム