FC2ブログ

恋するまち(6)青森、白と青の世界、冬のまち歩き-1

CIMG6719.jpg
青森の魅力が何かといったら、それはきっと、この雪のある冬の風景なんじゃないか。住んでいる人にとっては、とてもそんなことは思えないと思うし、そんなこと言うんじゃないって思うと思うけど、私は、とてもとてもはしゃいでいた。わーい、わーい、雪だ。心の中では、きゃっきゃ、きゃっきゃして、スキップしたいくらいだった。なんかダイブしたい感じ。

CIMG6718.jpg
雪かきだって、きっとレジャーになる人たちがいる。私たち東京の住人とかさ。きっと、喜んで遊ぶよね。黄色いスコップ、なんかかわいい。

CIMG6720.jpg
すごい長靴の数だ。これだけでも、なんか楽しい。

CIMG6723.jpg
わー、あの雪カステラみたい!

CIMG6728_20100307183734.jpg
キャー!つららだよ!!

CIMG6739.jpg
真っ白。

CIMG6740.jpg
子どもに戻る。(怖いからやめろですが)

CIMG6741.jpg
まじ、シビれる。

CIMG6746.jpg
ふわふわだよ。

CIMG6748.jpg
何処までも歩いていけそうです。
スポンサーサイト



テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

恋するまち(6)青森、白と青の世界、展望台-2

青森県観光物産館「アスパム」大展望台 http://www.aspm.or.jp/

CIMG6811.jpg
正直、このアスパムでは、この大展望台以外は、見るものはない。どんだけ税金を使ったのか知らないけど、人の姿はまばらだ。残念なことだが、この大展望台からは、青森市街地全域が見渡せるほか、対岸にある北海道を見ることができる。

CIMG6819.jpg
チケットは一階で購入。エレベーターで11Fかな?上がっていきます。

CIMG6830.jpg
チケットは大人820円です。

CIMG6831.jpg
展望台に上がると、自販機で一杯好きな飲み物をサービスしてくれるカードを一枚くれます。

CIMG6838.jpg
お茶にしてみた。

CIMG6823.jpg
青森に着いた時は曇り空だったけど、晴れて、本当に白と青がまぶしい。

CIMG6820.jpg
うわー、キレイ・・・。思わず、見入ってしまう。

CIMG6824.jpg

CIMG6826.jpg

CIMG6836.jpg

CIMG6828.jpg
それなりに観光客さんはいます。でも、日曜日なんだよね。

CIMG6837.jpg
目の前の景色と見比べてみる。

CIMG6841.jpg
空、雲、まち・・・。

CIMG6839.jpg
八甲田山ですよ。

CIMG6842.jpg
私的はに、これだけ見るためだけに青森に来てもいい。とにかく美しい!

CIMG6844.jpg

CIMG6849.jpg
向こうに北海道が見える。というか、それより、なんて素敵な景色だろう。

CIMG6852.jpg

CIMG6855.jpg


CIMG6856.jpg

CIMG6834.jpg
ものすごい久しぶりに望遠鏡で見てみることにした。何十年ぶり?

CIMG6860.jpg
うおー、スゲー!って写真撮っている間に切れていました。1分半で300円だったっけ?高くね?いや、写真撮るからだって思うけどさ。ま、でも、楽しかった。海面がすごいの。わーい、めちゃくちゃ楽しーい。青森大好きです!

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

恋するまち(6)青森、白と青の世界を旅する-3

まち歩きの楽しさは、偶然の出会い。地図を持たず、知らないを歩く。道の角を曲がると、大きな鳥居が見える。何だろう?その楽しさ。

善知鳥神社 http://www.actv.ne.jp/~utou/

CIMG6770.jpg
雪の青森の中心市街地を歩いてみようと思った。駅を出て、真っ直ぐ柳町通りという片側二車線くらいの大きな道まで行って、そこから、県庁通りへと出てきたけど、誰ひとり歩いていない。ふと、見ると鳥居がある。

CIMG6769.jpg
真っ白な雪が神社を埋めている。キャッ、何か楽しい。東京人から来たら、こうなっちゃうよね。なんかわくわくする。

CIMG6772.jpg
赤い鳥居がまぶしい。

CIMG6773.jpg
あ、雪被ってる。がるる・・・。

CIMG6775.jpg
君は清々しそうだね。何か、この神社、青森発祥の地らしいですよ。ホームページに書いてありました。


一念寺
CIMG6791.jpg
一念寺は、青森の観光物産館「アスパム」に向かう、アスパム通りにあります。

CIMG6792.jpg
お地蔵様、こんにちは。

CIMG6793.jpg
なんだろ、このカエルさん?

CIMG6794.jpg
お賽銭を入れるところがない。

CIMG6795.jpg
あ、お寺だったんだね。

CIMG6797.jpg
たぬき、何故?結構、不思議ゾーンだ。

CIMG6798.jpg
きれい。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森グルメ(1)旨安楽!古川市場「のっけ丼」

古川市場「のっけ丼」旨い!安い!楽しい!

青森駅から徒歩3分。古川市場ではじまった「のっけ丼」。旨い!安い!楽しい!三拍子揃った楽しさをルポします。

CIMG6711.jpg
まず、オレンジの傍のある店でご飯を買います。100円です。

CIMG6706.jpg
次に、市場にあるお店で、好きなものを買って、のっけてもらいます。

CIMG6704.jpg
いろんなお魚があります。

CIMG6713.jpg
自分が食べたいものを選んで載せてもらうから、嫌いなものとかないし、好きなものだけ食べられる。どれにしようかな、と選ぶ楽しさもある。

CIMG6714.jpg
あこうだいははじめて食べる。魚ごとに値段も表示されていて、明朗会計です。

CIMG6708.jpg
これで850円。安い!市場の一角で、お茶なども用意されていて、そこで食べます。市場の臨場感あって、楽しい。味噌汁もあるみたい。あとで気づいた。

CIMG6712.jpg
いろんな店がある。

CIMG6715.jpg
もちろん、地方発送もある。

CIMG6703.jpg
青森魚菜センター「古川市場」http://www.aomori-ichiba.com/index.htm

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森市グルメ(2)実は寿司自慢のまち「鮨ごん八」

実はすし自慢のまち あおもり http://www.acci.or.jp/sushi/index.html

青森は魚が旨いことはどれだけ知られているんだろうか。青森イコールりんごと思ってしまうけど、旨さと安さを兼ね備えた点は、函館などの北海道より優れていると思う。ちなみに、私は島根県浜田港で育って、魚には結構うるさい。だいたい函館は高すぎるし、それほど旨くないと、北海道に観光に行った浜田の人もみんな言っていた。

CIMG6905.jpg
今回は、青森の方にご案内して頂いて、こちら鮨ごん八にお邪魔した。

CIMG6919.jpg
私たちはお座敷。

CIMG6915.jpg
酒は地元の方のおすすめで、「亀吉」と「田酒(でんしゅ)」。くーっ、五臓六腑にしみわたる。どっちも旨い!

CIMG6912.jpg
酒肴も一つ一つ、楽しい。

CIMG6907.jpg
お寿司もおいしい。

CIMG6910.jpg
蕗の香りがする。春先取りです。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森市グルメ(3)ホテル青森セレクション編

ホテル青森 http://machitabi.blog89.fc2.com/blog-entry-171.html

ホテル青森は、今回、宿泊したホテルですが、ここの売店が非常に質の高い品揃えをしていました。青森市内の空港や観光物産館では、買いたいものが全くなかったのですが、そこにはない青森らしい品揃えがセレクトされていて、楽しかったです。

CIMG7240.jpg
まずは、何といっても、これ。酒です。前の晩も飲んだ「亀吉」。そして、奈良美智「AtoZ」。亀吉は、青森の酒の中でも1,2を争う日本酒。旨いです!私的には八海山が好きですが、亀吉はそれに並ぶもの。また、買って飲みたい!AtoZは水のような酒。この水みたいな酒系は、本来あまり好きじゃないんですが、この酒はなんか好きだった。何といっても、このパッケージ。かわいいっ!

CIMG7483.jpg
これはホテル青森さん特製のジャム三種。りんご、カシス、りんごとカシスのミックス。でも、まだ食べてないので、味はまだ未確認。ただ、ホテル青森はパンもおいしくて人気があるそうで、このジャムも美味しいと聞いて、三種類とも買ってみた。

CIMG7479.jpg
はちみつ五種。

CIMG7390.jpg
青森ということで、りんごの菓子を一つ買ってみた。(小さかったから)これは裏を見ると、添加物などは入ってないんだけど、私そもそも甘いものがあまり得意じゃないので。ただ、すごいおいしいか?と聞かれると、うーん・・・となる。

CIMG7412.jpg
この米はおいしかった。なんかみずみずしい。

CIMG7476.jpg
唯一の失敗。カシス羊羹。怖いものみたさで、買ってみたが・・・

CIMG7408.jpg
ゲロまず。お腹へってない時だったら、完全捨ててた。それくらいの代物。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森注目の特産品(2)食、工芸品エトセトラ編

青森県「商品づくりセミナー」http://www.pref.aomori.lg.jp/release/2009/27399.html

ここで紹介する特産品は、今年2月青森県さんが主催された平成21年度「商品づくりセミナー」に出展された食や工芸品などです。午前の部が終了して、お昼を頂いてから、本当に短い時間に見せて頂いたので、十分に情報収集できていませんが、その一部をご紹介します。

CIMG6990.jpg
まずは、工芸品です。これはなんだったっけ?聞いたけど、時間が経って忘れてしまいましたが・・・。なんか装飾品に使うようですが、重いのが難と言われていました。綺麗だけどね。

CIMG6987.jpg
メインは籠です。「入れ子籠」

CIMG7012.jpg
こちらは、南部避織保存会さんの手提げバッグです。

CIMG6993.jpg
山本農園さんのやわらかドライブルーベリーです。

CIMG6992.jpg
パンに入っています。

CIMG6981.jpg
十和田おいらせミネラル野菜です。JA十和田おいらせでは、中嶋農法に学ぶ健康な土作りから、野菜本来のうまみを引き出す「ミネラル野菜」づくりに取り組んでいます。

CIMG6982.jpg
シャモロックは、青森ブランドの地鶏です。八戸でも食べたなー。(まだ、書いてないけど、前の週は八戸だった)

CIMG6965.jpg
お昼には、シャモロックを頂きました。

CIMG6975.jpg
ライスバーガーもあるそうです。

CIMG6970.jpg
こちらはヤ―コン麺。試作品かな、検索したけど、出てこなかった。頂いて帰って食べてみたけど、あのたれは改良した方がいい気がする。

CIMG7007.jpg
ふかうら雪人参。何だろう?甘みがあるとか?

CIMG7003.jpg
有名な黒石焼そば。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森注目の特産品(1)りんご、はちみつ編

青森県「商品づくりセミナー」http://www.pref.aomori.lg.jp/release/2009/27399.html

CIMG7000.jpg
青森といえば、りんごなんですが、青森には、りんご以外にも、いろいろな特産品があるんですよ。その一つが、最近、雑誌などでもよく紹介されている、この澤谷養蜂園の「白いはちみつ」です。

CIMG6999.jpg
菜の花はちみつなのですが、独特の白濁したはちみつは、じつにクリーミーです。この『菜の花生はちみつ』は非加熱で結晶した状態のまま、冷蔵販売されています。消化酵素の「ジアスターゼ」を自然のままの状態で瓶詰めした体に良いはちみつです。

CIMG6998.jpg
さてさて、ここからはりんごの特産品エトセトラのご紹介です。

CIMG7396.jpg
こちらはナカタフーズさんの「林檎スッタッタ」です。すりおろしたりんご。りんごは体にいいと言いますが、りんごを一個食べるって結構大変ですよね。でも、これなら、ちょっとしか食べられない高齢者の方とか、介護を受けておられる方とかでも、食べやすいということで、最近では、そうした医療・福祉関係からの引き合いが多いそうです。

CIMG6995.jpg
また、同じすりおろしりんごでも、こちらはやや高級な商品になります。

CIMG7010.jpg
成田農園さんは、完熟りんごにこだわったりんご農園さんであり、りんごはもちろん、この「はちみつ入りすりおろしりんご、津軽の稔」やりんごジュースなど、様々なりんごの特産品開発に取り組まれています。

CIMG7395.jpg
これがその、すりおろしりんご。「津軽の稔」

CIMG6994.jpg
もう絶品です!

CIMG6972.jpg
もちろん、りんごジュースもありますよ。こちらは、農薬や化学肥料に頼らない自然循環型農業の今ファミリーファームさんです。

CIMG6973.jpg
東京で、りんごを買おうとしても、なかなか良い品質のもの、安心して食べられるりんごに出会えませんが、こうした農家さんから直接取り寄せればいいのかなと思います。りんご酢なども、安全安心なもので、注文してみたいと思いました。

CIMG6978.jpg
パッケージデザインも個性的です。他の商品と差別化もしやすいです。

CIMG6974.jpg
干しりんごもあります。

みなさんにたくさんお土産頂いて、ありがとうございました。東京の仲間たちにも、ぜひ紹介したいと思います。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

青森県「商品づくりセミナー」注目の特産品

平成21年度商品づくりセミナー http://www.pref.aomori.lg.jp/release/2009/27399.html
100215_Bmodel-2.jpg
今回は、こちらの「商品づくりセミナー」にお伺いしました。

CIMG6963.jpg
基調講演の後は、事例発表も行われました。

CIMG7001.jpg
菜の花生はちみつの「澤谷養蜂園」さん。

CIMG6991.jpg
太宰名言酒トリオの「金木町観光物産館マディニー」さん。

CIMG6971.jpg
焼鯖飯の素などの特産品を作っている「味の加久の屋」さん

CIMG7013.jpg
会場では、県内で開発された特産品の展示ブースもあり、大変活況を呈していました。

CIMG7005.jpg

CIMG6983.jpg

詳しいレポートは、注目の青森の特産品 in青森県「商品セミナー」でチェックしてください。

テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

ホテル青森評価

ホテル青森 http://www.hotelaomori.co.jp/ ★★★★☆

CIMG6961.jpg
青森駅からは少し離れているので、歩いていくのは少しつらい。タクシーで5分程度だったと思う。ホテルとしては新しくはないが、グレードは高く、とにかく落ちついて、ゆったりした空間が快適。レストランや売店の質も高く、充実している。満足度は非常に高い。

CIMG6896.jpg
今回は、こちらの広めのお部屋をシングルユースでご用意頂いた。とにかく、広くて、開放的で、快適だった。ただ一つ難を言えば、ビジネス客向けではないので、若干ライトが暗くて、パソコン操作をする時に苦労した。

CIMG6898.jpg
しかし、部屋からの眺めは最高で、八甲田山が目の前に見える。青森のまちも一望できて、満足度は非常に高い。観光で、青森に来るなら、是非、お勧めしたい。スタッフの接客もレベルが高く、快適だ。

CIMG6942.jpg
アメニティ類は、標準的。一昔前のホテルにあったもの。いつものことだけど、このレベルのものは、ほとんど使わない。私的には入浴剤があると喜ぶ。

CIMG6947.jpg
朝食は和洋あり、私は和食にしてみました。豪華です。

CIMG6949.jpg
ホタテです。

CIMG6953.jpg
玉子でとじます。

CIMG6954.jpg
この菊花おいしかったです。

CIMG6956.jpg
やまいものお漬物。はじめて。とってもおいしい。

CIMG6958.jpg
ほたては、ご飯にかけて頂きました。

ホテル青森評価

・立地アクセス・・・駅からタクシー5分くらい? ★★★☆☆
・フロント・・・接客はグレード高く、満足。★★★★☆
・お部屋・・・今回は広いタイプで快適。★★★☆☆
・アメニティ・・・標準的。特徴はない。★★★☆☆
・機能・・・売店が充実。質も高い。★★★★★
・エコ・・・使い捨てスリッパしかなかった。★★☆☆☆
・朝食・・・地元食満載で大満足。★★★★★
・接客・・・高いレベルで、満足。★★★★★
・価格適正・・今回のタイプは素泊まり8,000円 ★★★☆☆

売店情報は、青森市グッズ&グルメで紹介しています。

テーマ : 国内ホテル情報
ジャンル : 旅行

カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム