FC2ブログ

奄美大島グッズ(4)本場奄美大島紬を訪ねて

本場奄美大島紬協同組合 http://www.oshimatsumugi.or.jp/

CIMG7569.jpg
大島紬というと、シックで大人っぽくて、高級品というイメージですが、よく考えたら、実物の「大島紬」に触れる機会はほとんどなかったような気がします。実家の母が一つ持っていたと記憶していますが、あれはどうなったんだろうなどと思いながら、今回、本場大島紬協同組合さんで、実際の大島紬の織の現場を見せて頂きました。

CIMG7591-2.jpg
大島紬には、堅い素材のイメージがありましたが、実際にはやわらかくて、さらさらしています。裾さばきは本当にするりとして、気持ちいいのだそうです。だから、糸も本当に繊細。細いです。しかし、細かい作業ですね。一反織るのに数ヶ月かかるものもあるんですよね。大変だなー。

CIMG7594.jpg
織に入るまでの作業。これも一本一本通していくんですよね。

CIMG7596-2.jpg
織りを教えてもらいます。なるほど~、そうなっているんだ。

CIMG7599-2.jpg
細い糸。

CIMG7600.jpg
最近は、若い女性などが織を習いに来たりするそうです。一人前になるには三年ほどかかるそうです。いろんな織があり、それを学んでいくんだそうです。

CIMG7605.jpg
白の大島って、夏っぽくて、素敵。涼しそうです。

CIMG7604.jpg
数センチおきに、柄のずれがないかチェックします。ずれは一つ一つ針で、修正していくんですよ。大変な作業です。根気がいりますね。

CIMG7603.jpg
男の子がいました。彼は職人さん一年目だそうです。へえ、いいですね。若い男性の感性で、新しい大島を作ってほしいですね。

CIMG7609.jpg
ここでは、体験もできます。

CIMG7553.jpg
今回、ご案内してくださったのは、本場奄美大島紬の「田川絹織物」の田川さんです。

CIMG7567-2.jpg
田川さんにはいろいろな大島紬を見せて頂きました。

CIMG7556.jpg
最近は、着物を着る人が減って、大島紬も新たな展開を考えていかなくてはなりません。こうした小物もいろいろ作っておられるそうです。

CIMG7555.jpg
ソーイングセットなんですね。でも、ソーイングセット持っている人も、今は本当にいないような気がします。でも、こうした文化はやはり見直していきたいですよね。なんか、懐かしかったなー。

CIMG7560.jpg
携帯入れですね。デザインをスリムにすると、いいかもしれない。和の小物の人気も高まっていますしね。

CIMG7576.jpg
巻きスカートですね。大島は軽いし、旅行とか畳んでバックに入れておくと、いいかも。

CIMG7579-2.jpg
これ田川さんに頂いちゃいました。名刺入れ。

CIMG7610.jpg
実は、これは、こちら金メダリストの野口みずきさんが購入された着物と同じ柄なんですって。なんて、縁起がいいんでしょうか。田川さん、ありがとうございます。大切にしますね。
スポンサーサイト



テーマ : 着物・和風小物
ジャンル : ファッション・ブランド

カテゴリ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム