トレンド・ウオッチ~「おひとりさまビジネス」

最近、コンビニで見かけた「しあわせ東京ひとりごはん」。241軒の毎日のごはんに、ちょっといい店を紹介する一冊。「おひとりさま」という言葉は、数年前に出てきて、ごく一部のさみしい女の人たちの話みたいな色合いがありましたが、ここまで「おひどりさま」ビジネスが広がってくると、一つのカレント(潮流)として、その底にあるもの、その商品サービスの切り口(本質)をしっかり捉えていくことが必要になってきますよね。

しあわせ東京ひとりごはん―毎日のごはんに、ちょっといい店241軒をプラス。 (Gakken Mook)しあわせ東京ひとりごはん―毎日のごはんに、ちょっといい店241軒をプラス。 (Gakken Mook)
(2010/06)
不明

商品詳細を見る

おひとりさまをヤフー検索すると、今や「おひとりさまの食卓」「おひとりさまブログ」「おひとりさま 旅行」「おひとりさまの老後」「おひとり様」と、検索ボックスでキーワードがプルダウン候補で出てくる。

とはいえ、私にはやはり、おひとりさまは後ろ向きな印象がぬぐえない。本の表紙には、ひとり、のんびり、お気に入りというキャッチがあるが、「いやいやいや・・・」誰か誘いなよ、と思ってしまうが、ま、ここは私の話じゃなく、ビジネスの話として、その市場を見てみたい。

日経ウーマンは、キャリア女性ではなく、むしろ、一般事務や派遣などの女性がメインの読者だということを数年前、起業特集をお手伝いをした際、編集者の方からお聞きしたが、ここでも、「ひとり飲みの極意は店選びにあり」なんて特集コーナーがあるが、今や、おひとりさまは、仕事パリパリのキャリアウーマン(古っ)じゃなくて、普通のOLさん全般の話なのか!?

おひとりさまの調査についてはいろいろあるが、ネットエイジアリサーチによれば、「おひとりさま」という言葉の未婚女性の認知は93.8%、私は「おひとりさま」という人は6割、30代は2人に1人、40代未婚女性は3人に2人。「ひとり映画館」の経験は4割半ば、「ひとりラーメン屋」は3割弱、「ひとり牛丼屋」は1割半ばなどという。その他にも興味深い調査結果が並ぶ。

この調査だけでも、いろいろなビジネスアイデアを100個くらい瞬時に思いつく。少なくとも、これから起業しようとする人なら、最低10個は瞬時にアイデアを出してほしいと思う。もし、それが出なかったとしたら、あなたはまだ起業する力が十分にない。その知識をきちんと学ぶべき。もちろん、今、その力がないことなんて問題じゃない。そんなのちょっと勉強したら、得られる。

と、書いていたら、面白そうなので、次のメルマガで書こうと思う。最近のキーワードとしては、「デジイチ女子」などがあるが、ちょっと前から私が注目していたのは、やはり「女子力ビジネス」だ。今回の調査では、婚活している女子は特に、その傾向が強いとわかるが、ビジネスとはニーズ=それにお金を払っても利用する人たちがどれだけいるかであり、ここはある意味、入れ食い市場でもある。

でも、多くの起業を目指す女子も男子も、そんなにこのキーワードを使わない。なんで、波に乗らないかねぇ?これやんないと、売上を成長段階に乗せていくのはとても難しい。次回の事業計画.Net事業計画の書き方、作り方講座Vol5集客・販促のしくみ、しかけづくりは、そのビジネスモデル(事業組立て)をやるんだけど、来週の未来館の起業支援セミナーでもちょっとだけ、入れると思うので、来られる方は、ぜひ、楽しみにしていてください。

おひとりさま関連記事

「おひとりさま」についての調査(ネットエイジアリサーチ)
自分へのご褒美に280円!おひとりさまクリスマス実態調査
 (東京ウオーカー)
おひとりさまの老後(日経メディカル) 
おひとりさまの家賃(エキサイトニュース)
スポンサーサイト

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

7/28農商工連携で地域振興、地域ブランドセミナー(広島)

広島県三次市に7月28日、広島県商工会連合会さんのお招きで、農商工連携セミナーでお伺いします。三次では、これまでも積極的に農商工連携に取り組まれているとお聞きしていますが、これからはじめてみようという方にも、すでにはじめられている方にも、お役に立てるような情報を盛り込んだ講座をお届けしていこうと思っています。

三次地域の農業生産者さん、商工事業者さん、これから地域資源を活用して起業してみようという方など、ご興味のある方がおられましたら、是非いらしてください。

FA019_L.jpg

農商工連携セミナー

農商工連携で、地域振興、地域ブランドづくり
地域資源活用で、ビジネスチャンスをつかむ


日時:2010年7月28日(水)13:40~15:10
場所:三次ロイヤルホテル
定員:50名
講師:地域再生コンサルタント 水津陽子

主催:広島県商工会連合会

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

9/6-長崎「女性起業家育成塾」(全5日)

今年1月にも、二週間に渡り、全6日間のSOHO起業家育成セミナーにお伺いしました長崎に、9月、今回は「女性起業家育成塾」として全5日間お伺いすることになりました。

というか、今年の一月って、月の後半は佐賀でも創業塾が6日間あり、17日間九州にいたんですよねー。今回は、月曜日から金曜日までの5日間、朝10時~夕方17:20のぶっ通し講座です。とりあえず、前回は、仕事も持って行き、全く龍馬観光もできなかったので、今回は、少しそれもしたいなーと思いつつ。とりあえず、長崎、もう今から、楽しみです!

20100906_nagasaki_1.jpg

ゲストの先輩女性起業家の方もお二人、すでに登場が決定しています。公表していいんだっけ?まだ、公式ページに出てないから、私が先に出しちゃダメよね。これについては、また、ご案内しますね。長崎の女性の皆さん、楽しみにしていてねー。みんなに早く会いたいです~

主催:長崎地域雇用創造協議会  講座詳細・チラシ

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

自治体職員研修-地域資源活用、ヒット商品の作り方

一般の方向けではないですが、自治体でまちづくりや商工振興、観光、経営企画等に携わる新任担当者の方に向けた「地域資源の生かし方、ヒット商品の作り方講座」のご案内です。

NOMA行政管理講座
地域資源の生かし方、ヒット商品の作り方
~最新トレンド、マーケティングを一日で学ぶ~

日時:2010年8月18日(水)10:00~17:00
場所:NOMAホール(日本経営協会内)
講師:水津陽子

対象:
まちづくり、商工振興、観光、経営企画、シティーセールス課新任担当者

狙い:
どうすればヒットするのか。何をすれば人が集まるのか。
今、消費者がなにを求め、どうすれば支持されるのかを、最新のトレンド分析、マーケティング・ノウハウから学びます。一日でマーケティングの基礎を身につけられる講座です。

講座概要:
1.アイスブレイク
2.地域資源活用におけるマーケティングの重要性
3.データでみる消費者、消費行動の変化(ターゲットを知る)
4.グループワーク(現状のマーケティングを振り返ってみよう)
5.最新トレンド分析-今売れている、消費者に支持されているものは?
6.マーケティング初心者にもすぐに使える!最新マーケティングノウハウ
7.ヒット商品の作り方、新発想、最新ビジネスモデルの紹介
8.企画書を書いてみよう(グループワーク)
9.最新集客・販促アイデア・ヒント・お役立ち情報の紹介
10質疑応答

※詳しいカリキュラムは、日本経営協会が発行しています講座チラシに掲載されています。
ご興味があれば、問い合わせてみてください。


主催・講座詳細ページ:社団法人日本経営協会


ちなみに、内容としては、以下の事業検証マーケティング講座カリキュラムに、まちづくり、地域振興視点での具体的な事例解説や講義やワークを組み込んだ内容となっています。

ecshop_b_vol2_m.gif 

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

起業家のiPad活用の現状と発展の可能性

先日の女性起業塾の同窓会の際、会場にいた方に、iPadを持っている人と聞いたところ、150人いた中で数人でした。女性起業塾の卒業生は、かなり意識の高い起業家が多いように思いますが、あ、この程度なのねと、ちょっと意外でした。

FV083_L.jpg
私の周りには、発売前から予約を入れている人がいたり、タッチパネルが苦手(機械がスムーズに作動しないなどで)だから、考えていないなど、百人百様。私自身は、安いし、試しに買って見るかと思いつつ、こうしてモノが増えるのを自戒し、思いとどまっています。

出版や音楽・ゲームなどのコンテンツ産業意外で、ビジネスにおけるiPadの可能性、というか「脅威」はいかがなものか、今や方々の記事のタイトルは軒並み、このテーマに埋め尽くされています。

しかし、ここで考えるべきは、起業家、特にこれから起業しようとしている方のこれらのツール(道具)へのスタンスとアプローチのあり方です。ちょっと前に出てきたSNSにしても、やや爆発的にユーザーを伸ばしているTwitterも、上手くビジネスに取り入れたところもあるし、結果の出ていないところもあります。

要は、これはあくまで道具に過ぎないということです。インターネットもブログもメルマガもツイッターもiPadも、それが自分のビジネスにとって有効だから使います。もちろん、試し的に使って見るということは、特に、コンサル系の職種ではあると思いますが、実業をする人が、道具に振り回されるようでは、到底利益などあがりませんよ。

しっかりした指針を持って、ビジネスに望むこと。酒は飲んでも飲まれるなではないですが、道具に振り回されて、目的を見失わないように。無駄なこと(成果を得られないこと)に無為にコスト(時間とお金)をかけないよう、導入に向けてはよくリサーチし、活用法をしっかり学び、メリット・デメリットを比較検討しましょう。

ま、自戒も込めてなんですけどね。結構、ミーハーな私は、とりあえず、買って見る=ものがあふれる傾向にあるので、今はぐっと我慢です。(たぶん、二三度やったら飽きるんじゃないかと思っているので)


テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

7/8~浜田市「経営革新塾」全4講座+個別指導

2010年7月、故郷の島根県浜田市(浜田市雇用構造改善協議会)さんで、セミナーを行うことになりました。今回は、創業といっても、いわゆる第二創業、すでに事業を営まれている方に向けた「経営革新塾」となります。全4回の講座+個別の指導・相談の時間も2日に渡って行うものです。
経営革新塾2010(島根県浜田市)

本日、新聞にも出たようですが、ホームページはまだのようですが、近く、こちらにも掲載されると思います。
浜田市雇用構造改善協議会 http://www.city.hamada.shimane.jp/jinzai.html

経営革新塾2010 概要

日時:2010年7月8日(木),9日(金),15日(木),16日(金)18:00-21:00(講義)
    7月9日(金),16日(金)13:30-16:30(個別指導・相談)
場所:国民宿舎「千畳苑」(浜田市下府町2164)会場HP
講師:水津陽子(経営コンサルタント・行政書士) 
主催:浜田市雇用構造改善協議会

詳しくは、本日の新聞、浜田市さんのチラシ、HPなどをご覧ください。

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

卒業生2千人「女性起業塾」同窓会&起業家紹介

今日は「女性起業塾」(トレンダーズ)さんの同窓会が開催され、ちょっと顔を出してきました。卒業生2000名を超える名実ともに日本一の女性起業塾ではないかと思いますが、今年も150人を超える参加者があり、会場は熱気につつまれていました。

CIMG9779.jpg
トレンダーズ「女性起業塾」は第二期から第三期への起業ブーム、特に女性の起業支援において、大きな役割を果たしてきましたが、時代の変化とともに、通学コースは2011年1月を最後にしばらく休止し、少しかたちを変えた起業支援に転換を図るということで、今日も主宰する経沢香保子さんから冒頭挨拶がありましたが、さすが時代を先読みするマーケティング会社さん。その判断スピードが早いです。

女性起業塾は、経沢さんとオリエンタルの尾崎ゆりさんがスタートされた事業で、私は尾崎さんに声をかけられて、事業計画講座などを担当してきましたが、一時代を築いた女性起業塾では、数多くの成功起業家の方を輩出してこられて、これからの女性起業塾の第二ステージも楽しみです。

若干起業を目指す人の数が減少傾向にある中、本当にアイデアや力を持った優れた起業家育成にシフトしていく時ではないかと感じています。

CIMG9800.jpg
会場では、女性起業塾の卒業生でもあるポールダンサーのATSUMIさんのパフォーマンスなどもあり、華やかでした。はじめて生でポールダンスを見ましたが、それまで歓談でざわついていた会場の視線を一気に釘付けにして、パフォーマンス力のあるものの威力のすごさを実感しました。

実は、パーティが大の苦手なので(30分いたことがないと思う)、帰ろうとして会場を出ようとした時、衣装を身に付けたATSUMIさんに出会って、お久しぶりですと声をかけられ、もう一度、会場に戻ったのですが、素晴らしいパフォーマンスでした。

CIMG9784.jpg
卒業生の出展ブースでは、Chez Louise style のさいとうみずほさん

CIMG9792.jpg
ピアニストでアコーディオニストの渥美知世さんにお会いしました。

お二人のご紹介は、今週配信するメルマガ「事業成功方程式~事業計画の書き方、作り方」でもご紹介しようと思います。

女性起業塾に限らず、受講生のみなさんには、いつも活躍してほしいと思っているんですが、こうして実力と意欲のある起業家の方に会えると、元気をもらえます。

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

FCフランチャイズ&起業・独立フェア2010

久しぶりにFCフランチャイズ&起業・独立フェア(池袋サンシャインシティ)を覗いてみました。一言でいえば、ぱっとしなかった。というか、以前に比べて、相当、規模は小さくなっているような気がするのと、なんか資料とかブースもやたらケチ臭くというか、貧乏くさいイベントになってしまっているような・・・。

CIMG9767.jpg
第三次起業ブームと、一時、高かった起業熱も、リーマンショック以降は、膝かっくん状態で、起業したいという元気な人は減少傾向にある昨今。それを反映したのか、勢いのあるブースが一つもない。前回のまちづくり・流通ルネッサンス同様、飲食は少なく、学習塾が目立ちました。出店数は45。FCも青息吐息ってことでしょうか。

今は、出店攻勢をかける時ではなく、収益力のある店舗に絞り込むのが一般的ですが、今、出てきているのは、引くに引けない、出ていくしかないところと、ある意味、もうヤバイところの2パターンではないかと思いつつ。

起業セミナーでも、安易にFC加盟して、苦労している人に時々お会いしますが、みなさんも、よく考えてくださいね。特に、ブースや資料にある、収益モデル。あれに騙されちゃダメですよ。


社団法人日本フランチャイズチェーン協会 http://www.jfa-fc.or.jp/
フランチャイズ比較ネット http://www.fc-hikaku.net/
フランチャイズ起業ガイド http://www.fc-guide.com/

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

女性起業塾 2010年7月実践コース事業計画講座

トレンダーズ「女性起業塾」2010年7月実践コース通学講座

毎回、全国から起業を目指す女性たちが集まってくる、トレンダーズさんの「女性起業塾」。今回も、私が「事業計画作成講座」を担当させて頂きますが、2010年7月のコースでは、ビジネスプランへのアドバイスについても、私が担当させて頂きます。

女性起業塾 実践コース 事業計画講座
女性起業塾での講義風景

前回の講座では、講座後の受講者アンケートで、ついに満足度100%を達成しましたが、2009年は、毎回、90%を超える満足度を頂いている講座で、今回も、よりみなさんのお役に立てるものにしていければと思います。参加される方は、ご質問などもあれば、事務局さん宛てにお送ってください。


女性起業塾 2010年7月実践コース通学講座 114期・116期
http://www.w-e.jp/

日時:2010年7月14日(土)~9月25日(土) 午前・午後クラスあり
場所:トレンダーズ株式会社 セミナールーム
講師:事業計画作成講座(水津陽子)ほか、各分野の専門講師が担当します。

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

青汁市場に見る健康ビジネス、今後の展望

これから起業を目指す人の中で、様々な健康ビジネスを考えている人も多いと思います。しかし、こうした分野で、きっちりマーケティングをしてビジネスモデル構築、経営戦略を練って、ビジネス参入をする人はほとんどいないのが現状です。

しかし、それでは、この厳しい業界を勝ち抜いていくことなどないわけで、ここで、先般の青汁ネタ(キレイだけど心に刺さらないDMの理由)つながりで、青汁から健康産業というものを少し分析してみましょう。ご自身のビジネスと照らし合わせて、参考にしてみてください。

CIMG9719.jpg 
楽天リサーチ(2008年)によれば、青汁の愛好者は40-50代で一割強。購入場所は、インターネットがトップ(34.9%)、薬局・ドラッグストア(26.9%)など。シェア第一位はファンケル(17.2%)、キューサイ(16.9%)、アサヒ緑健(13.8%)の三強、第四位にやずや(8%)とつけている。

ファンケルが青汁市場に入ってくる前は、「マズイ、もう一杯」という印象的なCMでキューサイの牙城だったが、キューサイは二つの失敗をした。一つが商標の問題、もう一つが「おいしさ」という、青汁の一番の問題を、健康のためなら、少々まずくても仕方ないよねというスタンスで、誰もここには攻めては来ないだろうと高をくくっていたことだ。

2008年後半からは、健康志向食品市場でも、景気低迷の影響を受け、市場規模は6698億円、1.4%の減少となった。その中で、流通チャネルとして成長したのは通信販売(2140億円)となったが、ここでの勝ち負け格差はすさまじい。また、素材別動向は、各分野の市場規模を変えていく大きなファクターとなっている。(矢野経済研究所)

健康産業新聞によれば、2006年、青汁の市場規模は、前年と同額の620億円(小売ベース)。しかし、健康食品市場のパイが一定の規模で固まってくれば、青汁VS青汁だけの戦いではなく、青汁VSグルコサミンという戦いで、青汁の市場規模が小さくなるということも出てくる。だいたい、この手のものに翻弄され、常用している人は、すぐに心変わりして、いろいろなものに飛びつきやすい。

一方、青汁飲用経験者の60割強が継続飲用しないという調査結果も出ている。(総合企画センター大阪)

これは今後の青汁ビジネス市場にとって、大きな課題でもあり、ビジネスチャンスでもあります。どこに自分の市場、ドメイン(生存領域)を置くか、切り出すかは、みなさんのビジネスセンスでもあり、企画提案力でもあります。

テーマ : 独立・開業
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム