安全安心の鮮魚加工工場「若女食品」を見学(浜田)

島根県浜田漁港~安全安心の鮮魚加工工場「若女食品」を見学

鮮魚の加工で、徹底した安全管理、トレサビリティに取り組む企業があると聞き、工場見学をさせて頂きました。島根県西部、浜田は、カレイ一夜干し生産量で日本一、最近では、高級魚のどぐろなど、ブランド魚どんちっちで有名な日本有数の漁港です。そこに、ブランドあじをはじめ、鮮魚の加工で注目される企業「若女食品」があります。

若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学
鮮魚の加工というと、市場の横でまないたで魚を開いて・・・というイメージがありますが、ここでは徹底した衛生管理のもと、K値という、魚の新鮮さの科学的指標を用いて、鮮度や品質の管理を行っています。

島根県浜田市「社会科・工場見学」若女食品
実は、これお刺身として、食べることができます。私は7才の時から、今朝水揚げされたばかりの魚ばかりを食べてきた人間です。正直、これってどうなんだろうという印象もあったのですが、まだ生きているようなアジのたたきを食べてきた人間が、思わず、これおいしいと声を上げるほどの味と鮮度です。6月から7月にかけて、味の脂質含有量は高くなります。

CIMG6698_20100801092126.jpg
特においしい時期のものということもあり、この寿司ネタ、ブランドどんちっちアジはものすごく厚みがあります。脂がのっているといっても、おいしさの脂ですので、ひつこくもなく、味わい深いのです。

CIMG6700.jpg
若女食品の加工品を見ると、おつくり用、かのこ(寿司ネタ用)などがあります。この袋はまだ一般ユーザー向けには、管理の問題もあり、販売していないそうですが、みんな買って帰って、うちで、このお寿司を食べたいと言っていました。現在、都市のスーパーには、この若女食品の鮮魚加工を刺身や寿司として提供しているところもあります。

CIMG6705.jpg
若女食品さんの安全安心への取り組みについて、いろいろとお聞きした後、品質管理室の担当稲垣さんに工場の案内をして頂きました。

島根県浜田市「社会科・工場見学」若女食品若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学
実際の加工現場に立ち入ることはありませんが、外廊下から見学する人もちゃんとこうした帽子などの着用を行います。菌の流入を徹底して排除するためです。生で食べるものを扱っている企業の安全への姿勢、徹底したシステム・マネジメントは素晴らしいです。

若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学CIMG6677.jpgCIMG6682.jpg
製造業では当たり前の「5S」が、漁業や水産加工の現場でどれほど取り入れられているのかわかりませんが、こうした取り組みは、まだ多くありません。若女食品では、商品のトレサビリティにも取り組んでいます。トレサビリティとは、食品の生産、処理、加工、流通、販売等の段階で、仕入先、販売先、生産・製造方法の記録をとり、その情報を保管、追跡できることです。

浜田を離れて20年近く経ちますが、浜田にもこうした先進的企業があることを知り、とても嬉しいです。

若女食品株式会社 http://wakashoku.jp/
びーびー工房 http://www.bb-koubou.jp/

※ちなみに、びーびーとはお魚のことです。子どもが使う言葉です。(注釈不要?これ標準語かな?)
スポンサーサイト

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

体験活動サポートセンター「やさか村」の愉しみ方

廃校活用、体験活動サポートセンターやさか村

体験活動サポートセンター「やさか村」
浜田市弥栄町(旧弥栄村)に、廃校を活用した体験活動サポートセンターやさか村があります。運営するのは、グリーン・ツー・ネットさんです。この日は、わざわざメンバーの方が集まってくださって、お昼御飯をご用意してくださいました。弥栄で、有機農業を実践する「みずすまし」が食材を提供してくださったり、農場を見せて頂いたりもしました。

島根県浜田市弥栄
見送りに出てきてくれたお母さんたち。ほがらかで明るいです。ここでは、親子キャンプや食農体験、夜の海観察会など、様々な体験プログラムを提供しています。この日は米粉を使ったパンやピザ、有機野菜のサラダなどをご用意してくださいました。

島根県浜田市弥栄、有機食米粉ピザ やさか村
もちもちした米粉のパンは腹もちもいいのが特徴です。卵は有機農業で使う合鴨の玉子です。

島根県浜田市弥栄やさか村 ドッグラン
校庭だったところは、ドッグランになっています。

田屋城 弥栄杵束体験活動サポートセンター「やさか村」
その裏には、こんな史蹟。田屋城にまつわる伝説はいろいろとあるようです。そして、未活用の・・・資源の宝庫?廃墟好きには垂涎のスポット。実は、この校舎には、ミステリーな噂話もあり、ぜひ、歴史的な伝説も含めて、名探偵コナンの舞台にどうでしょうか?と思うのでありました。

島根県浜田市弥栄やさか村 廃校活用
校舎はほとんど手が入っておらず、当時のままの保存状態も良好。変に作り込んでいないところが、ここの素敵なところだ。

体験活動サポートセンター「やさか村体験活動サポートセンター「やさか村
くーっ、いい!しびれるぅ・・・。こういうのたまんないです。(無類の廃墟好き。9月には念願の軍艦島上陸作戦も予定)作ろうと思っても作れない。この感じ。映画も撮れそう。ちなみに、このプールまだ使えるそうです。やー、夜会をやりたいね。水張って、アジアンリゾートのようにして、ランプやろうそくでキャンドルナイトもいい。ミステリーナイト!きゃっ。

コタロウの農業体験 体験活動サポートセンター「やさか村」
水澄ましの里創りグループ「みずすまし」さんの農場見学などのレポートは、コタロウが「こどものえきTV」の取材でしています。こちらもぜひ、見てやってください。この野菜の花、何かわかるかな?

コタロウの社会科見学~農業と農家さんのお仕事
ドッグランもある、廃校活用の体験施設「やさか村」へ

島根県浜田市ツーリズム協議会 http://www.h-tourism.com/
体験活動サポートセンター「やさか村」グリーン・ツー・ネット
水澄ましの里創りグループ「みずすまし」  有機農業研修生募集情報

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

グランドゴルフ場併設、波佐温泉「ほたる湯館」

金城 グランドゴルフ場併設、波佐温泉「ほたる湯館」の愉しみ方

金城 野菜の無人直売所
浜田市は、平成17年、市町村合併で、浜田市、金城町、旭町、弥栄村、三隅町、5つのまちが合併しました。海に面し、島根県の主要国道9号線が通る浜田市と三隅町以外の3つのまちは、山間部にある農業が中心の小さなまち。それぞれ個性を生かしたまちづくりを推進してきました。そんな地域が一生懸命頑張る姿が、こんなかわいい無人市場も表れている気がします。

ほたる湯館 波佐温泉波佐温泉 ほたる湯館
くわの木工房からの帰り、気になっていた「波佐温泉ほたる湯館」さんに立ち寄ってみました。アポなしで突然の訪問。まだ、準備中の札がかかっていたのですが、親切にも、中を見せてくださいました。

波佐温泉 グランドゴルフ場
隣接するグランド・ゴルフ場には、隣の江津市からシニアのグループが来られて、プレイされていました。ここは、日本グランド・ゴルフ協会認定のコースで、敷地面積7000平方メートルに、8ホール、2コース。駐車場50台を完備しています。隣に温泉、バーベキューもできるクラブハウス、週末には野菜市も開かれるそうです。しかも、ここで、グランド・ゴルフの大会もあるのだとか。

波佐温泉 グランドゴルフ場波佐温泉 バーベキュー
クラブハウスの横には、川が流れ、せせらぎの中、バーベキューも楽しめます。ちなみに、バーベキューハウス使用料は一人200円。鉄板の貸出は500円、網は200円と格安。材料は持ち込みということですが、予約したら用意してくれるサービスもできるといいですよね。グランド・ゴルフって、ゴルフほど難しくなさそうだし、子どもとかでも、なんか簡単にできそうですし、家族や仲間で来て、グランド・ゴルフして温泉入って、バーベキューして、わいわいするの楽しそうじゃないですか?

波佐温泉「ほたる湯館」 浜田市観光情報案内

島根県浜田市金城町波佐(はざ)イ267-2 TEL/FAX(0855)44-0555
営業時間 13:00-21:00(休館日は毎月曜日・第四火曜日)
泉質 低張性アルカリ性冷鉱泉
入浴料 大人400円 小学生100円 お得な回数券あり
※休憩室は自由に使えます。

土日・祝日は、「菜々きんさい野菜市」があります。
グランドゴルフはクラブの貸し出しなどもあります。

食事や宿泊については、200メートル離れた場所に民宿「川根荘」、食事処「山女」があるそうです。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

石見神楽面・衣装工房~神楽ショップ「くわの木」

石見神楽面・衣装の制作~いわみ福祉会「神楽ショップくわの木」

金城 くわの木 神楽衣装石見神楽面(浜田市)くわの木工房
島根県の西部、石見(いわみ)地方には「石見神楽」という神楽文化があります。この石見神楽の活動は非常に活発で、地域ごとに多くの社中があります。浜田には、生活の中に、普通に神楽があります。地域のお祭では欠かせない存在です。

島根には「出雲神楽」と「石見神楽」がありますが、石見神楽の多くが八調子といわれるものです。誰もが知る、八岐大蛇などの演目では、大蛇が火を噴くような派手なパフォーマンスがあるものもあり、石見神楽は、県外や海外に招待されることも少なくありません。

石見神楽 大蛇の頭 金城 くわの木
そんな石見神楽の文化を支えるのが、石見神楽の衣装や面の存在です。高いものだと、数百万円もする衣装を発注する社中もあります。営利の活動ではありませんので、その費用はそれぞれの社中で負担することになりますが、神楽に心酔した人々の熱意により、その文化は脈々と今に受け継がれています。

東京などと違い、島根にはそれほど多くの娯楽がありません。そうした中で、神楽は文化であり、娯楽であり、暮らしや生き方の一部になっていると言っていいでしょう。

金城地図エクス和紙の館浜田市金城
石見神楽の神楽面や衣装を作っている工房が金城にあるということで、案内して頂きました。浜田市から国道186号線を広島方面、山間部に上がっていくと、旧金城町、のどかな田園風景の中に「エクス和紙の館」の建物があります。ここは今、石見神楽の面を作る「神楽ショップくわの木」の工房となっています。

金城 くわの木工房 石見神楽のお面づくり
くわの木工房さんでは、こうした石見神楽の衣装やお面の製作に障害者の方が参加しておられます。これはそれぞれのお面の型に、和紙を一枚一枚貼り付けて、作られたお面です。一体、何枚くらい貼れば、お面の厚みが出るんでしょうか。また、その上に、こうしてお面に塗りを重ねていきます。こちらの石見神楽のお面は、お土産品としての商品で、小さなものもあります。

島根県弥栄村神楽面製作「くわの木工房」
絵を描くのが得意な方もいて、それぞれができる仕事を担当されています。わー、上手ですねー。でも、このお面いくらで売られると思います。びっくりしたんですが、これが500円ちょっと。1000円くらいしてもいいと思いますが、どうなんでしょうか。縁日のプラスチックのお面は今いくらなのでしょうか。こんな大変な作業をしておられるのだから、フェアトレードじゃないですが、もう少し値上げしてみたらいいんじゃないのかな。

そう言ったら、担当の方が、石見神楽は地域の文化なので、そういう意味でも、あまり高くできないんですよとおっしゃっていたのですが、それにしても安すぎですよ。私、1200円までなら、高いと思いません。特に、きつねのお面なんて、美しいのなんの。もう、海外へのお土産とか、これ絶対行けますって。

金城 石見神楽 くわの木工房石見神楽 金城 くわの木工房
そして、ここでは神楽で使う、こんなものまで作っているんですよ。ほら、恵比寿さんの釣る「鯛」。なんでもできるんですね、すごーい!てなことで、実は、うちのキャラクターのお面も作ってもらおうと思っています。あー、コタのお面できたら、かわいいだろうなー。早くオーダーして、試作品作ってもらおっと。

大蛇 金城 石見神楽 くわの木工房
さてさて、こちらは、石見神楽では欠かせない「八岐大蛇(やまたのおろち)」のじゃばらです。これとか、そのまま、インテリアで使えるんじゃない?と思います。これも石州和紙とのコラボですしね。


くわの木 金城くわの木工房 金城 神楽衣装
衣装を作る工房は、少し離れた「リフレパークきんたの里」に隣接してあります。

石見神楽衣装(浜田市)くわの木工房
こちらがその衣装。衣装も役によって、社中によっていろいろですが、こうした錦糸の手刺繍などで、一枚一枚手で作られます。ここでも、障害者の方が職人さんとして活躍しておられます。なんでも、このくわの木を作られた方が、ご自身の子どもさんが障害者だったそうで、障害者が働ける場所を作ろうとされたということでした。

最初は技術が足りずに、年に5つしか注文が来ないこともあったそうですが、今は、年間数百件のご依頼があるそうです。素晴らしいですよね。誰もが、自分の持つ能力を生かして、生きていける。そういう社会をご自身の力で作って来られている。そのことに強い感銘を受けます。こうしたことは北欧でも見ることはありませんでした。それが浜田で実現されている。これは浜田が世界に誇れるものではないでしょうか。

金城 くわの木工房 石見神楽衣装
こちらは、炎のパーツを作っておられます。

金城 石見神楽 工房 くわの木
こちらは立体的なパーツを作っておられるところです。

金城 くわの木 石見神楽
職人さんは、1年目の方もおられるそうですが、個々の技能に応じて、こうして分業して作業をする場合もあれば、一人で一つの衣装に取り組まれることもあるそうです。

金城 石見神楽 くわの木
色鮮やかなそれぞれの舞台衣装。本当に美しいです。

くわの木 金城 石見神楽
デザインもされている金城町出身の佐々木さん。今回、衣装を作る第二事業所のご案内を頂きました。佐々木さんの神楽に対する思いがお話の中にあふれていました。

くわの木(いわみ福祉会)http://www.iwamifukushikai.or.jp/
石見神楽(浜田市) http://www.city.hamada.shimane.jp/kankou/kagura.html

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

和の暮らしに生きる石州半紙・石州和紙(浜田・三隅)

浜田市三隅「石州和紙」とユネスコ文化遺産「石州半紙」

島根県浜田市三隅「石州半紙・和紙」
東京から飛行機で一時間半、萩・石見空港(益田市)から、浜田市へは車・電車とも、一時間弱。その中間にあるのが、浜田市三隅地区(旧三隅町)です。ここには、石州半紙、石州和紙があります。石州は「せきしゅう」と読みます。

ユネスコ 無形文化遺産 石州半紙
石州半紙は、ユネスコ無形文化遺産一覧表76件の一つとして、2009年に記載されました。今回、「石州和紙会館」にお邪魔し、その製作工程や作品などを見たり、和紙を使ったうちわづくりに参加してきました。

三隅 和紙会館
和紙の材料は、三椏(みつまた)、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)です。その材料の違いも、実際の展示で見ることができます。

浜田市三隅 和紙会館
こちらの和紙の凹凸模様は水滴を落としてできるものだそうです。面白いですよね。

三隅 和紙会館
布のように見えますが、和紙です。

和紙の服 三隅 和紙会館
こうした洋服のかたちになったものもあります。実用的かとか、着心地とか、取扱いのしやすさやコスト面を考えると、こういうこともできますという事例かもしれませんが。

島根県浜田市三隅「石州和紙」
でも、このバッグはデザイン性も優れていて、買えるのなら、買って帰ろうかと思ったくらいです。フェアトレードで、バングラデシュのジュートを使ったバッグを製作販売しているファッションブランドの「マザーハウス」のように展開していくこともできるのではないかと感じますが、今は参考展示ということでした。

浜田市三隅 石州半紙・和紙 和紙会館
面白いと思うのは、やはり、こうしたインテリアデザインなどの分野。建材や照明の分野、店舗はもちろん、様々な企業用途での活用、特にオーダーメイド品の提供が可能ではないかと考えています。まあ、自ら販路開拓し、売り込んでいく姿勢が前提ですが、伝統工芸の現代での活用には、漆器で成功事例もあるが、戦略性が必要だと考えている。

ただ、今は、具体的な用途=ニーズを想定して作っていないようなので、原石としての可能性。店舗デザインなどで、オンリーワンの店づくり、トータルコーディネートなどの提案ができれば、販路もないわけではない。

三隅 石州和紙会館
単にモノを売る、置いておけば売れる(と思っている)ものを作っている発想から、そこへシフトし、ビジネスモデルを構築できれば、結構、でかい産業に化ける可能性がある。これは、ここだけの問題ではなく、地域資源活用に取り組む全ての地域に共通した問題点であるが、それをできた地域とできない地域で、地域の豊かさの格差は広がるだろう。

三隅 和紙会館
こうしたものも、今や、もう一度、リバイバルできる商材ではある。あとは、仕掛けていくかどうか。生かさないと、もったいない。いや、私たちは職人、伝統技能だから、そんなこといいんですよと言われれば、それまでだが、地域の産業振興として根幹の問題に入ってくる。もちろん、地域のやる気が大前提だが、金城の神楽衣装・面の技術、弥栄の西陣織の技術と併せて、私なら、これを文化振興ではなく、産業振興の重点戦略として推し進めるだろう。

三隅 和紙会館 印刷用の和紙
面白いと思ったのが、この紙。印刷できる和紙は、量販店でも見たことがあったが、こうした使い方ができる。

島根県浜田市三隅「石州半紙・和紙」
印刷したものを丸めて、ランプシェードにする。お気に入りの絵や写真で作れば、オリジナルの灯りがつくれる。(量販店のものも同様にできるかは?)

三隅 和紙会館 うちわづくり体験
さて、今回は、和紙を使った「うちわ」づくりに挑戦してみました。自分で和紙を染めて、その紙でうちわを作るのです。

和紙会館 三隅 うちわづくり体験
こちらは、葉っぱを配してデザインするタイプです。空いた空間には、自分で作った短歌を書き入れるそうです。

島根県浜田市三隅「和紙体験」うちわづくり
こちらが私の作品。ちょっと江戸っぽい。前回、輪島塗での失敗(先生の手直しをしてもらって、自分の趣味とは違うものになり、愕然としたこと)に懲りているので、もう少し白い部分をなくしたほうがいいという作家さんのアドバスをきっばり拒否。正解だった。(ちなみに、その時の失敗がこれねっ、ダサいでしょ?)

三隅 和紙会館 体験
ちなみに、これが見本で見せられたもの。好みの違いってすごいものがある。性別や年代の違いかもしれないが、もし、最後、これができたら、私死にます。いや、ゼッテー嫌だ!

三隅 和紙体験 うちわづくり
これも、ほら。なかなか、おしゃれ。

また、当然なんだが、遊んでいるように見えて、私はきっちり仕事目線で見ていたので、こうした体験学習の課題もここできっちりまとめました。(昨年秋から様々な体験リサーチをしていたので、それを入れてという意味ですが)今、各地で、こうした体験学習の取り組みがなされているが、それが売り物となり得ているものは極めて少ない。

それでいいというものもあると思うけど、そうでないものを作りたい地域向けに、秋以降、この体験講座の作り方講座を提供していく予定です。興味のある地域の方は、また、お声かけくださいませませ。

石州和紙 http://www.sekishu.jp/index.html
All石見 石見地域の情報 http://www.all-iwami.com/

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

島根の西陣織工房で美肌きびそ絹糸タオル作り

浜田市弥栄村「渡文」~島根の風土と人と西陣織の出会い

京都に本店のある西陣織の会社渡文株式会社は、島根県浜田市弥栄村に工房を置いています。ここでは、西陣織の帯などのほか、キビソという絹糸を使った美肌タオルを作っています。今回、お忙しい中、工房の見学をさせて頂きました。

渡文 弥栄村工房 西陣織
弥栄の職人さんは、京都ではなく、弥栄村の方です。一人ひとりが他の人にはない技能を持ってお仕事されているそうです。島根の人は真面目で、辛抱強く、この仕事に向いているそうです。技能は年々上達して、他社では真似のできない、独自の織を習得されている方もいるようです。

渡文 西陣織 弥栄村工房
わかるでしょうか。この交差した織。すごいですね。浜田市の山間部には、弥栄のほか、神楽面や衣装を作っている金城、石州半紙・石州和紙を作っている三隅があり、実は、こうした物作りに優れた職人を多数有する「ものづくり」の底力を有しています。その技術は、建築インテリアデザインなど、もっと高度で広範な用途レベル、グローバルな可能性も含めて、活躍できると確信しています。

そういう意味で、もっと市場に打って出る気がいが、島根、特に石見地域に求められます。渡文さんの事例は、石見のポテンシャルを十分裏付けるものになっています。

島根県浜田市弥栄「西陣織」工房
これは夏帯だそうです。美しいですねー。これが島根で生み出されていること、潜在的には、生み出す力があること。それを顕在化する、そういう知識やノウハウ、スキル、プロデュースさえあれば、これが自分たちで作り出していけるし、市場に打って出る武器にもなるでしょう。

渡文 西陣織 弥栄工房
これが、この帯の設計図。このデザインから、職人が芸術的な帯に織りあげていくのです。

きびそ糸タオル 島根県浜田市弥栄村「西陣織工房」
キビソ糸というのは、生皮苧と書くそうです。繭から生糸を引き出す際、まず糸口を見つけますが、その時に繭の上層の糸にならない部分が取り除かれます。それを集めて糸にしたものが「キビソ」ということです。キビソには、絹たんぱく質が豊富に含まれているので、洗い上がりがしっとりするそうです。昔は製品にならないので、捨てられていた部分ですが、今、こうしたかたちで活用が進められています。

島根県浜田市弥栄「西陣織」工房
こうして職人さんが一つ一つ作っています。糸もごつごつしていますから、織るのも結構大変ではないかと思うのですが。

きびそ糸タオル 島根県浜田市弥栄村「西陣織工房」
お土産に、キビソ肌ともだちを頂いたのですが、戻ってネットで見たら、これが5,000円もして(小さなサイズは2,000円)驚愕というか、恐縮してしまいました。でも、おっしゃっていたように、これやっぱり、肌がすべすべします。よくお風呂用のナイロン製タオルとか、肌が弱いとすぐにかぶれたりしますが、全然そんなこともなくて。

ただ、女性が体を洗うなら、小さいサイズがおすすめ。高級品だし、キビソの成分を肌にすり込むということだから、成分がなくなるとその効果もなくなるので、切って使うと良かったかもですが、ほつれてしまうだろうし。次はちゃんと買おうと思いますが、その時は、小さいサイズにします。たぶん、美肌効果も含めて、2,000円でも十分費用対効果が実感できると思います。

こどものえきコタロウ
今回は、LWACこどものえきTVの取材も兼て、お邪魔しました。コタロウのレポートはこちらでご覧になれます。8月20日の北ケーブルテレビの放送でもちらっと紹介される予定です。

渡文株式会社 http://www.watabun.co.jp/
浜田市シティマップ 浜田市・弥栄の情報を見る

テーマ : めざせ 美肌!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

石見の旅~島根芸術文化センター「グラントワ」

益田市~島根県芸術文化センター「グラントワ」
島根県益田市グラントワ
文化センター・・・通販会社?というネーミングがイマイチだが(センスなさすぎ)、建物のコンセプトは「美術館」と「劇場」が一体となった施設で、建物には石州瓦(せきしゅうがわら)が全面に使われています。カラーコンサルタントがいう色の法則と照らしても、中国地方はその緯度から、この石州瓦の色がとても映えます。本当に風土に合った色というのは意味があり、美しいものです。

島根県益田市グラントワ
建物の外も中も、この石州瓦の色で統一されています。ただ、この日は何の模しものもなく、館内はひっそりとして、駐車場もガラ空きです。大丈夫なんだろうか・・・。日本でも有数のハコモノ県です。これを有効に生かしてほしいと願うものです。

島根県益田市「グラントワ」
ミュージアムショップなどもあります。結構、これまで島根県西部(大田市以西の石見地域のことをいいます)にはないタイプ、洗練された文化施設として意義深いですが、でも、なんていうか、ちょっと中途半端。石見文化のセレクトショップ感がないのが悲しい。石見という文化への誇りと愛着が感じられない、というと言い過ぎか。でもハートがね、熱くならないんだ。人の心を動かす独自性がもっと欲しい。

ま、でも、東京のゲストを連れて来たら、少しは喜んでもらえる施設ではある。だからこそ、そこが欲しい。ここに来るために来ました。そういう客を作らないと、ここは地域に貢献できない。

島根県益田市グラントワ
外には、石見神楽から来ているのか。こんなモニュメント「おろち」がある。口に手を入れると・・・という話があったり、変なマスコットキャラクターがいるのも、ちょっとイラっとするが、まあ、子どもが遊ぶにはいいのかな・・・と思ったりするけど、やはり、もっと違うことにお金使うといいんじゃないかと思う。文化とは人を作ることだ。

島根県益田市グラントワ
この日(特別な模し物もなかったので)、グラントワで一番良かったのが、このワッフルセット。悲しいことに、浜田や益田にはおしゃれにお茶できるカフェがほとんど存在しない。この日は、友人とドライブして益田まで来てみたが、他になかったので、そもそも、ここにはお茶しに来たのですが、このセットは結構美味しかったです。1000円はしなかったと思う。

難を言えば、接客。単に物を運ぶウエイトレスという意識しかない、また、それをよしとしているところが外部委託なのかもしれないが、経営が甘い。ここは益田市の代表的観光施設でもある。自分がまちのホスピタリティを示す役割であることが全く意識されていない。味は良かったけど、餌やりに来ているんじゃない。特別な空間、時間を過ごしに来ている人たちを楽しませる、そういう意識を是非持って頂きたいと思う。

一人でもいい、島根の、益田のファンを作るんだ。そういう気持ちがないなら、こんな施設は何の意味もない。

島根県芸術文化センター「グラントワ」 http://www.grandtoit.jp/
Allいわみ 石見地域の観光情報 http://www.all-iwami.com/

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

萩・石見空港から飛ぶ、日本海絶景空中散歩

萩・石見空港発、日本海空中散歩、宍道湖、中海の絶景

萩・石見空港は、とても小さな空港。例にもれず、代表的な地方の赤字空港。只今、東京と大阪への一日一往復のみの運行。しかし、この航路は、日本海の絶景空中散歩を楽しめる知る人ぞ知る一便。東京便は、朝9時20分、石見空港のある益田を飛び立ち、まるで島根県の地図をなぞるように東へと向かいます。

萩・石見空港発、空から見る山陰絵地図
悲しいことに、わが故郷島根の東京での知名度はダントツの最下位。過去、東京のFMの番組では、島根なんて本当にあるのか?という過激な意見も出るほど、その場所も知らない人が多いわけですが、しかし、皆さん、飛行機に乗って、宍道湖、中海がある、松江市上空、島根半島の地図とこの風景を見比べて見てください。

萩・石見空港発、宍道湖、中海、空の絵地図旅
これぞ、日本地図!まさに、私たちは、今、生のグーグルマップを見ているのです。その特徴ある地形、そこにくっきり浮かび上がる宍道湖、中海。残念なのは、この夕景を今は見ることができないこと。この空中散歩を生かした石見プレミアムツアーの実現を密かにもくろんだりして。

ちなみに、今年7月のANA機とその機内サービスの一新により、石見空港にもプレミアクラスが運行されることになりました。通常の席でも、座席を進行方向を左にとれば、十分味わえますが、プレミアクラスでシャンパンや特製弁当などつけて楽しむというのもありでしょ。

CIMG7360.jpg
ただ、石見便って、他の空港便と違って、プレミア得割もないから、割高すぎて(4万円って、誰が乗るんじゃ。株主優待でもまだ高い)、今回は利用しませんでしたが、昨日の岡山便とかは、朝食付きだったし、利用して大満足でした。そういえば、朝シャンできたから、すれば良かったと後で思ったんだけど。そういうのもあり、特別弁当仕立てたーい。そして、乗る。そして、ツアー組むです。ビコーズ、空港売店はレストランに併合されて、朝食べるものが買えないという、負のスパイラル中。やー、機内サービス有料化で充実してて良かった。あやうく朝飯抜きでしたよ。

機上から見る富士山
しかも、この日なんて、富士山も見れたんです。富士山って、めちゃくちゃテンションあがります。うおーっ、富士山だ、なんてラッキー!雪を被ってないのが、ちょっと残念だけど、もう吉兆の象徴です。くーうっ、もう一気にアドレナリンが出まくります。

萩・石見空港 http://www.iwami.or.jp/airport/
Allいわみ 石見地域の観光情報 http://www.all-iwami.com/
 

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

岡山ジモピーおすすめ「アートダイニング武蔵」

出張の帰り、岡山に寄り、友人に、昭和14年創業、70年、地元岡山の旬の素材を使った料理を提供している「アートダイニング武蔵」に案内してもらった。

CIMG7503.jpg
個室でゆっくりと、はもしゃぶなど、旬の食材、岡山料理を堪能した。

CIMG7497_20100729110701.jpg
「ばくらい」は、ほやとこのわたを和えた珍味。酒肴にはもってこいの一品。

CIMG7513.jpg
お店、おすすめの「さわら汐たたき」。

CIMG7507_20100729110946.jpg
このタコのサラダがおいしかったのだけど、あとで聞いたら、メリーゴーランドのような名物のサラダがあったらしい。

CIMG7520_20100729111207.jpg
地鶏のグリルは20分かけて、焼いて出される。

CIMG7527.jpg
最後はぞうすいで締める。ビールや地酒などを飲んで、二人で1万円くらい。贅沢な時間とそれぞれに個性ある料理で楽しめた。アラフィフの女には、こういう自分ご褒美のプチ贅沢消費のニーズが眠っている。おかげで、今朝の飛行機の上では、地域における極上消費、極上旅の企画が一つ生まれた。

CIMG7543_20100729103626.jpg
ちなみに、帰りは岡山空港から。プレミアムクラス朝の便に朝食や軽食がつくものもあり、今朝の岡山から羽田への一番機の客にはこのお弁当が提供された。

ANAプレミアムクラス 朝食 
これは帰ってすぐの記事で、この頃、プレミアクラスの比較をしてたんですよね。

テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

講演「地域再生と地域の活性化及び学校の役割」

8月21日、熊本県山鹿市に、下記の講演でお伺いします。はじめてお邪魔するまちで、地域活性化やそこでの学校の役割などについてお話するものです。今回はトヨタ財団さんの「地域プログラム」事業の一環として、鹿本高校の活動が核となっているそうです。高校生のみならず、中学生のみなさんも来られるそうですが、とっても楽しみです。

平成22年度トヨタ財団「地域プログラム」助成事業 記念講演会

地域再生と地域の活性化及び学校の役割
熊本県立鹿本商工高等学校の生徒さんが「温泉プラザ山鹿」1階で開設されている常設実習店舗「かざぐるま」の活動が、平成22年度トヨタ財団「地域プログラム」助成事業に採択され、これを記念して八千代座で講演会が開催されます。

演 題 「地域再生と地域の活性化及び学校の役割について」
講 師 水津 陽子
期 日 8月21日(土) 午前9時~
会 場 八千代座
参加料 無料
定 員 600名
詳 細 熊本県山鹿市


テーマ : セミナーのお知らせ
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム