Fuji Business Review コンテンツビジネス

日曜日から昨日まで西に出張していました。やはり東京の緊迫感は、西日本にはないものですね。ただ、何処に居ても、東京を拠点として活動する者にとって、最早どこにいても、それと隣合わせでしかないことも痛感したり。

さて、東京富士経済大学さんからは、先日のフォーラムの報告が載った「Fuji Business review」を贈って頂きました。

CIMG4103.jpg
いろいろな研究報告が載っていて、今回の特集は「コンテンツビジネスの新たな視点」となっています。今年は弊社もコンテンツビジネスも少し進める予定なのですが、さてと、どーなるかな~。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

機上から眺める、今日の富士山と八ヶ岳連峰

CIMG3550.jpg
今日、飛行機の中から、富士山を見ました。何時見ても、何度見ても、富士山は日本人にとって特別な存在です。

CIMG3565.jpg
もうすぐ四月だというのに、まだ冬みたい。今日、東京上空を飛びながら、ここで震度6強とか、15メートルの津波とかが来たらと思わずにいられなかった。スカイツリー、皇居、東京ドーム、あ、あの辺が家かなとか思っているうちに、高度がどんどん上がって、新宿の高層ビル群がマッチ棒みたいに見えた。ディズニーランドが見えて、ああ、このあたりは液状化しているのかな。羽田って大丈夫なのかな、とか。

西日本は表面上はとても平和そうに見えた。でも、駅では義援金を呼びかける人たちがいて、松江では開府400年のイベントのほとんどが自粛(中止)となっていた。とてもお祭りする気分じゃないもんね。でもさ、でもさ、今こそ、日本に元気を。たぶん、これは長期戦、このままじゃ続かなくなる。これはもう有事なんだ。東北を、福島を支え続ける。その気持ちを維持し続けるために。

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

スイス山のチーズオリンピック特別金賞受賞「さくら」

谷中の酒屋で見つけた北海道の季節限定のチーズ「さくら」。寄った時に在庫がなくて、予約していたが、震災があって昨日届いた。

CIMG3519.jpg
見た目はカマンベールみたいだけど、カマンベールではない。食べた印象はレアチーズケーキ的な?いや、ちょっと違うかな。桜の香りがするというのだが、花粉症でイマイチ香りがわからないけど、桜花がチーズとこれほどマッチすることには驚きが。このペアは美味。「さくら」は、パッケージにもありますが、2009スイス山のチーズオリンピック特別金賞ほか、多数の受賞歴があるようです。

CIMG3522.jpg
「さくら」を作っている共働学舎のホームページを見ると、素敵なところだ。チーズづくりにもこだわりを持っている。新得町は、北海道のど真ん中に位置している。最寄の空港は帯広か・・・十勝は行ったことあるけど、帯広はないかも(行ってるかもしれないのだが、記憶が・・・)。今年は福島への支援をすることにしたから、無理だけど、いつか行ってみたいなー。

農事組合法人 共働学舎新得農場
http://www.kyodogakusha.org/

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

義援金と寄付金の違い

岩手・宮城・福島、いずれも甚大な被害を受けていますが、なかでも、地震と津波に加え、原発の問題で苦しんでいる福島県に直接寄付をお送りしようと思って、福島県さんのホームページで、寄付金に関するページを探して、ご連絡したら、寄付金と義援金の違いを尚書きで教えてくださいました。

そうか、そうなのね。寄付金は、県の災害復旧や復興事業になるんですね。皆さん、ご存知でした?そんなわけで、私めは、どちらにしようと只今思案中です。とりあえず、個人では義援金として、法人では決算時に寄付金額を決めようかと思っています。

●寄付金(見舞金):県内の災害復旧及び復興に使う(県の歳入になる)
●義援金:被災者に対する生活支援に使う(県の歳入にならない)

尚、義援金は、福島県義援金配分委員会において、県内での公平な配分が決定されます。

福島県を直接支援するには、(1)義援金を送るをご覧ください。

テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

東北地震「特定寄付金」税務上の取扱(個人・法人)

国税庁より、東北地方太平洋沖地震に係る税務上の取扱について(PDF)が出ています。非常にわかりやすい文書だったので、ご紹介しておきます。

●個人の場合、寄付金控除
個人の寄付金控除の場合、限度額が所得の40%までに制限されていますので、ご注意ください。

●法人の場合 全額損金算入
法人での「特定寄付金」は全額損金算入されるということなので、他の寄付金とは別の扱いになるそうです。

参考サイト:寄付金の損金不算入(法人税法第37条)

※特定寄付金というのは、文書にもありますが、国や地方公共団体に直接寄付した義援金等、日本赤十字社の震災義援金口座に直接寄付したものなどです。詳しくは文書をご確認ください。

テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

デンマークの悲しみと喪失シリーズ第二弾

大阪大学・世界言語研究センター准教授の石黒暢先生から、2010年のデンマーク海外研修の報告書と一緒に、デンマークで大きな反響を呼んでいる「悲しみと喪失のシリーズ」の最新刊が送られてきた。石黒先生は、毎年、デンマークの中でも福祉で先進的といわれる自治体スヴェンボー市に学生を連れて行かれている。私も2007年、同市に取材視察に行ったのがきっかけでお知り合いになった。

CIMG3513.jpg
同シリーズの邦訳版第一弾はデンマークの高齢者25人が自分の抱える孤独感なついて語った「高齢者の孤独」で2008年に出版された際にも送ってくださった。今回は、邦訳版第二弾で、今回も22人のデンマーク人が家族の立場から語る「認知症」。より重い内容だが、難しい本ではなく、それぞれ認知症と向き合う家族の日々が淡々と綴られている。

シリーズ名は「悲しみと喪失」を直視している。マザーテレサの慈善活動の場が「死を待つ人の家」みたいな名前で、日本では「希望の家」という名前になりがちなのとの違いを曽野綾子さんがいわれていた。今回の災害も、24時間テレビ的なレベルから、現実を直視した覚悟と決断が求められている気がする。

今回頂いた研修報告の中に、デンマークにおける0学年の役割がまとめられたものがあり、興味深かった。今年は、被災地へ支援、日本の復興に向けた社会貢献の方が優先順位が高いから、行けそうにないのだが、来年あたり、また海外視察にも行きたいな、と思いつつ。

個人的には、震災対策税を創設して、復旧復興と同時に、企業や地域が新たな取り組みを積極的にできる雰囲気も作らないといけないと思う。かわいそうって言ってても、東北を支えることはできない。打ち出の小づちはない。一次的には義援金でいいが、これから先も支え続けるよというメッセージを送り、東北の皆さんを安心させるためにも、安定した復興財源が必要だ。

認知症を支える家族力-22人のデンマーク人が家族の立場から語る (デンマークの悲しみと喪失のシリーズ》第二弾)認知症を支える家族力-22人のデンマーク人が家族の立場から語る (デンマークの悲しみと喪失のシリーズ》第二弾)
(2011/02/28)
ピーダ・オーレスン、ビアギト・マスン、イーヴァ・ボーストロプ

商品詳細を見る


高齢者の孤独―25人の高齢者が孤独について語る (シリーズ デンマークの悲しみと喪失)高齢者の孤独―25人の高齢者が孤独について語る (シリーズ デンマークの悲しみと喪失)
(2008/03)
ヘンレク ビェアアグラウ

商品詳細を見る

テーマ : 認知症を介護する家族の悩み
ジャンル : 福祉・ボランティア

被災者受入れ等の支援をする自治体リスト

全国の自治体で、姉妹都市などへの支援、被災者の受け入れが始まっています。被災地域に直接支援できなくて、もどかしさを感じておられる方も多いと思いますが、こうしたバックアップをする地域への支援もできることがあるかもしれません。また、こうした自治体を支えることが、被災地を強く支えることになるかもしれません。

北海道「被災者の方への道営住宅の入居について」
入居対象者は、東北地方太平洋沖地震で被災された方(「罹災者」)及び、福島第一原子力発電所及び同第二原子力発電所の事故に伴う避難指示区域に居住されている方(「避難者」)

秋田県「被災者の受け入れについて」
秋田県では、当面、食事の提供が可能な県有施設、24施設において、約1千9百人分を優先して受け入れが行われます。

山形県「救援物資の提供について」
山形県では、今回の大震災で被災を受けた岩手県、宮城県、福島県、茨城県に対し、救援物資の集積配分拠点施設を山形県総合運動公園に開設しました。(企業や団体向け。個人は×)

新潟県「東北のための義援金の募集について」
平成23年3月14日(月)から5月13日(金)まで

石川県「義援金、住宅、災害ボランティア、救援物資受付について」
災害ボランティア登録受付後、ボランティア要請があれば、バスが出て三泊四日の支援を行う予定です。救援物資は企業団体に対応する窓口ができています。住宅提供は現在46戸。義援金の受付もはじまりました。

東京都「避難者、生徒の受け入れほか、被災地支援」
東京都の取り組みについては、ホームページトップに知事の発言、各種支援策が出ています。国が頼りにならない今、もしかすると、情報は、東京都、石原知事から発信されるものが参考になることも多いかもしれません。

ちなみに、わが文京区は計画停電もない地域ですが、義援金の受付以外の情報がありませんでした。もう少し何かしてほしいと思います。

テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

寄付金控除(所得控除)&法人寄付金損金参入

個人が、国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し「特定寄附金」を支出した場合には、「所得控除」を受けることができます。控除は、以下の1,2のいづれか低い額から2千円を控除した額が寄付金の控除額となり、課税所得から差し引くことができます。

1.その年に支出した特定寄附金の額の合計額
2.その年の総所得金額等の40%相当額

尚、今年2011年の寄付については、来年2012年3月15日までに確定申告をして、寄付金控除の適用を受けることになりますが、その際、添付書類として領収書や必要書類がありますので、寄付される際に注意ください。

詳しくは、お近くの税務署にお尋ねになるか、こちら国税庁のホームページをご覧ください。

尚、法人の寄付金については、こちらにありますが

法人の寄付金(国税庁)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houji306.htm

今回の、東北地震の「特定寄付金」については、全額損金算入できるそうです。(国税庁)

特定公益増進法人一覧(財務省) 
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/koueki01.htm
※日本赤十字社は、この中の政令第二号特殊法人等に入ります。

※また、納税者でないと、控除できません。また所得控除と税額控除は違いますので、その点も間違わないようにしてください。

テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

被災自治体に直接、寄付・義援金送る窓口リスト

いろいろなところで、義援金を募る活動が行われています。一般的なものは、日本赤十字社ですが、直接自治体さんの口座に送金することもできます。寄付控除を受ける場合は、その団体が国税庁が認めている寄付団体かどうかよく確認しましょう。頑張れ、東北!頑張れ、ニッポン!

寄付金控除について(国税庁)

日本赤十字社
まとまった額の義援金を送金される方で、寄付金控除を受ける場合、振込時に「受領証希望」と明記しましょう。確定申告の際に必要となります。

●被災自治体への直接送金について
被災自治体の業務を妨げる電話での問い合わせは避けましょう。各自治体のホームページの案内にある指定口座へ振り込みする場合、送金手数料は不要の場合がほとんどです。

北海道「義援金の受付について」(直接受付はしていない)
青森県への寄付の申出方法「結集!青森力 ふるさと青森応援サイト
岩手県「いわて防災ポータル」(現在直接の受付はしていない)
宮城県「寄付金・義援金の取り扱いについて」
・福島県の地震に関する情報ホームページ 
茨城県(現在直接の受付はしていない)
山形県(被災地混乱のため、企業単位の大口のみ、直接受付)

※追加情報をこちらにアップしました。

●市町村のホームページリンク
各県の市町村は、各県のホームページにリンク集があり、一覧できます。マップ形式で表示してある自治体も多いので、テレビなどで報道がされない自治体さんがどんな現状かも見て頂けます。(自治体によってはつながりにくくなっています)

北海道内の市町村のホームページリンク(北海道)
青森県内の市町村ホームページリンク(青森県)
岩手県内の市町村ホームページリンク(岩手県)
宮城県内の市町村ホームページリンク(宮城県)
福島県内の市町村ホームページリンク(福島県)
茨城県内の市町村ホームページリンク(茨城県)
山形県内の市町村ホームページリンク(山形県)

テーマ : 災害情報
ジャンル : 地域情報

松江しんじ湖温泉「なにわ一水」一泊朝食付の評価

2011年2月の島根出張の際、利用した宿、松江しんじ湖温泉「なにわ一水」。羽田を最終便で出て、出雲空港についたのが夜の8時くらい。松江温泉駅着は9時前なので、夜の食事はないんだけど、松江温泉で評価の高い宿だったので、試しに泊ってみた。

CIMG3264.jpg
私が泊ったのは、スタンダードな部屋だけど、ホームページで見ると、特別フロアのお部屋はかなりこだわった作りになっている。この宿はホスピタリティも高いし、今度、プライベートで利用したいと思う。

CIMG3232.jpg
浴衣は、デザインを選ぶプランもあるけど、素泊まりや朝食付きなどのスタンダードなプランでも、帯がセットになっている。部屋には着付けの絵も用意されている。わかるかな?大きなピンクのが帯。

CIMG3265.jpg
部屋はオーソドックスなもので、特別なものはないけど、いろいろ細かい心づかいがある。お湯以外にも、冷水を用意してくれる。今回、地図とか見ないで、駅についてさまよって宿に電話したら、すぐに迎えに来てくださった。

CIMG3266.jpg
着いたのがもう9時だったし、楽しみといえば、温泉なんだけど、写真は撮れないので。温泉は特に露天風呂が、星とか見えて良かった。

CIMG3251.jpg
とりあえず、今回のお楽しみといえば、朝食くらいしかないのだけど、朝食は一階のレストラン内の個室に用意されていました。予め決めた朝食の時間に、部屋に電話があり、料理に火を入れて良いかを確認され、下りていくと、部屋には足元にもストーブが用意されていて、あったか。

CIMG3259.jpg
手作りの豆腐とか。料理は上品ヘルシーで優しい系。引き出しに納められた小鉢を出すのも楽しい。

CIMG3249_20110310161436.jpg
そして、特にこれ。わかるかな?板わかめ。板わかめは、基本、炙って食べるんですが、炙ったパリパリ感とそのあったかさが保たれるよう、この箱の電灯で温められているんですよ。心憎いよね。ちなみに、私は島根出身の上、板わかめが名産の故郷で、よく食卓に出てきたんだけど、あまり好きじゃない。でも、なんかこうして出てくるとちょっと食べちゃう。うーん、なにわ一水やるな。

CIMG3245.jpg
これは部屋から撮影した宍道湖の朝焼け。ちなみに、松江温泉はJR松江駅から車で10-15分くらいかな。とりあえず、出張の場合、朝とか駅まで渋滞するので、ビジネスでは駅前のホテルを使った方がいいと思う。

とりあえず、今回は、一泊朝食付きのビジネスユースだったので、ちゃんとした評価はまたしようと思う。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム