FC2ブログ

自治体職員向け「地域資源活用」研修

9/7島根県市町村総合事務組合さんで、市町村職員の方向けに「地域資源活用」研修を致します。すでに定員30名のところ、45名のお申込みを頂いているそうですが、今回は、地域資源を活かした商品や観光づくりについて、とくにマーケティングにテーマを絞ってお届けしたいと思います。

地域資源活用研修
人を呼び、売れる特産品をつくるための地域資源活用法


地域の認知度アップと市場の競争優位性につながる地域資源を活用に向けた業務の参考にするため、地域ブランド確立に欠かせないマーケティングの手法と、地域に人を呼び、売れる特産品をつくるための「しくみ」や「しかけ」づくりについて学ぶ。
また、豊富なデータと事例分析を用いた講義と演習を通じて、地域資源活用の現場で、今、行政担当に求められる事業の組立ての実践的なノウハウについても学ぶ。

●講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子

●カリキュラム
カリキュラムは、所要時間や主催者様のニーズに合わせて、カスタマイズしています。今回は、6時間で、演習を含む講座となっています。

島根県市町村総合事務組合様向けのカリキュラム(例)
午前 10:00~12:00
○地域ブランドの意義と目的
○マーケティング1 市場、消費者を知る
消費者動向、最新トレンドの分析
市場のニーズ、潜在需要の分析
○地域ブランド戦略の考え方
地域の市場優位性を分析する
目標設定と事業スキーム
○地域資源の把握・分析(地域ブランド力)
演習:外から見た地域の魅力

午後 13:00~16:50
○マーケティング2 人を呼ぶ、認知度アップ
口コミ、マスコミで取り上げられる話題
効果的な情報発信、PR
演習:人を呼べる話題、企画
○顧客の獲得と囲い込みの手法
見込み客の設定と地域に人を呼ぶ「しかけ」
顧客満足と顧客囲い込みの「しくみ」
○ひとをひきつける効果的なタイトル、ネーミング
演習:地域のキャッチコピー

地域資源活用のセミナーに関しては、農商工連携や第六次産業化など、特産品開発、観光まちづくり、地域ブランドづくりなどの視点で各地で開催されていますが、成功事例がどれだけあるかというと、厳しいものがあります。その原因の一つは、地方におけるマーケティングや戦略の不在、不足が挙げられます。

一般のビジネスの世界で、これだけ知ってれば、まっとうな視座を持ち、方向性や物事の判断をできるはず。今回の研修は丸一日かけて、事業開発に不可欠なマーケティングの基本を、ワークで理論を落とし込んで頂きつつ、きっちりと身につけて頂くカリキュラムになっています。

東北の復興、日本の再生につながる地域開発、産業開発。また秋以降、こうした研修セミナー、事業のコンサルティングも増えていきますが、一つでもそこにつながることができれば。
スポンサーサイト



テーマ : セミナーのお知らせ
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム