箱根湯本名物「湯もち」と茶のちもとカフェ

CIMG9757.jpg
箱根湯本のお土産というとちもとの「湯もち」が有名です。こちらは店舗の隣にある「茶のちもと」の和カフェで出されているお茶とのセットメニューです。

CIMG9766.jpg
ちなみに店舗ではお昼過ぎにはすでに完売していましたが、カフェでは食べることができました。

CIMG9764.jpg
食べたことのない人に説明するのはちょっと難しいです。なんだろうな・・・うーん、和風マシュマロ?じゃないか。ふわふわしたもち?不思議な食感です。見た目としっくりくる、ふわふわ、ほのぼの、ほのかな味がするのだけど、とにかくものすごい軽さ、ふわふわさです。

CIMG9761.jpg
今日のお菓子でついてきたこの二つもとても美味しかったです。こちらは店舗では売ってなかったです。これ結構美味しかったので、お土産に買って帰りたかったのですが、日持ちもしそうだし、売ったらいいのに。

CIMG9767_20120328095534.jpg
カフェの外観。

CIMG9762.jpg
中のインテリアも白で統一されて落ち着きます。席は20席ないでしょうか。若いカップルの人が多かったかな。箱根湯本の中って、雰囲気のあるカフェが少ない、というかない感じがするので、貴重な一店かもしれません。

なんで和歌山ルポほっといて、先に箱根書いてる?って?それはですね。和歌山は片手間に書けないすごい量だから。とにかく今月中は時間がないので、和歌山は4月がっつり書きたいと思います。今月はとりあえず、箱根ルポにて~。
スポンサーサイト

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

箱根宮ノ下イタリアン「ラバッツァ」のランチ

富士屋ホテルから道なりに歩いて1分ほどのところに、箱根のガイドブックに載っていたイタリア料理店「ラバッツァ」があり、着いた日のランチに行ってみました。

CIMG9414.jpg
予想していたのと違う趣きですが、とりあえず、入ってみます。結構、昭和のにおいがしますが、長く愛されている店なんだと思います。

CIMG9415.jpg
パスタランチは1250円。5種類の中から選びます。

CIMG9418_20120327114450.jpg
サラダはポリュームたっぷり。新鮮でいろんな種類の野菜が入っています。

CIMG9419_20120327114451.jpg
パンは二種類。黒い方はなんだろう。オオムギとかそっち系のやつかな。

CIMG9424.jpg
今回のパスタは、おすすめの「海の幸とルッコラ」。味はそうだな。この近辺で、それなりにリーズナブルで満足できるランチを食べるなら、おすすめ。でも、これを食べに箱根に行こうってほどではないです。都内で、うちの近所でもこのレベルのイタリアンは結構普通にあるし、少なくとも首都圏や大都市の人にとっては、そんな感じです。

ちなみに平日でしたが、1時過ぎても、次々お客さんがやってきていました。コアタイムや土日祝は相当込むかもしれないです。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

箱根「富士屋ホテル」ケーキブレックファースト

CIMG9729.jpg
箱根宮ノ下のレトロホテル「富士屋ホテル」のレストラン「ザ・フジヤ」の朝食メニューに「ケーキブレックファースト」というのがあり試してみました。

CIMG9716.jpg
富士屋ホテルのメインダイニング「ザ・フジヤ」はそれ自体が芸術品、美術品です。

CIMG9718.jpg
今回は朝食付きの宿泊プランで、メニューはアメリカンプレックファーストとどちらかを選ぶことができます。また、その中でもメニューの選択ができます。今回はグレープフルーツジュースにしてみました。サラダはフルーツサラダwithヨーグルトドレッシング。

CIMG9723_20120326115817.jpg
ハム・ソーセージ・ベーコンの中から、今回はソーセージにしてみました。

CIMG9728.jpg
ケーキはパンケーキほか、数種からセレクトできますが、今回はホットケーキを選択。結構、ボリュームがあります。蜂蜜とメイプルシロップがついてきます。

CIMG9726.jpg
珈琲・紅茶・あと何かもう一つあった気がしますが・・・何だっただろう?

CIMG9721_20120326115815.jpg
私の席からの景色。窓の外には今回泊まった「花御殿」の美しい姿が見えます。あいにく前の夜から雨になりましたが、雨に洗われてその姿は一層美しく、本当に贅沢な朝食を頂くことができました。あっ、ちなみにですが、これは先週の木金の話で、一応仕事で行ってます~。一泊二日の箱根&富士屋ホテルルポまた書きます~。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

ご当地サイダー「熊野サイダー」うめみかん

和歌山ご当地サイダー「熊野サイダー」は、二種類あって、こちらはそのうち「うめみかん」の方です。何せ1月に行ったので、サイダーって季節じゃないので現地でも飲むというアクションにつながらないのと、瓶は土産としては「ワレモノ」かつ「重い」という二重のハンデもあり、とりあえず一本だけ買って帰ったものです。

CIMG9370.jpg
飛行機の中とかで飲むかな?とか思ったけど、二ヶ月経過しても未だ冷蔵庫に入っている代物です。ご当地サイダーも各地で見かけますが、ここ最近の話題といえば「鹿サイダー」。私的にはANAの機内で飲んだ島根の「ゆずサイダー」は絶品でした。

きっと暑くなったら、そのうち食すと思いますが、まだまだ肌寒くって。というか、土産にはガラス瓶じゃなく、ペットとかにしたらいいんじゃないかな。4本だか6本だかのセットだと、まず手土産にするって無理だと思うんだ。あと、熊野サイダーはこの白と「しそサイダー」の赤があったけど、二本セットってなかったけど、やっぱり二本セットをまず作るべきじゃないんだろうかと思うのであった。

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

柏崎鯛プロジェクト観光振興・地域活性化ルポ

CIMG9355_20120321105657.jpg
ふるさとご当地どんぶり選手権2012」で準グランプリを獲得した新潟県柏崎の「鯛茶漬け」。この鯛茶漬けを生んだのは、柏崎・出雲崎・刈羽地域で地域資源の鯛による地域活性化、観光振興を目指す「鯛プロジェクト」の取組みです。

CIMG9335.jpg
3月13日「鯛プロジェクト活用による観光振興と地域づくりセミナー」に呼んで頂いき、柏崎へ向かいました。三月中旬で雪の心配はしてなかったのですが、電車も遅滞なく、車窓に映る、時ならぬ雪景色は結構味わい深いものです。

CIMG9337.jpg
駅に着くと、早速昼食で「鯛めし・鯛茶漬け」を頂くことに。こちらは柏崎駅前の「柏崎ホテルサンシャイン」内にある「日本海」さんの「鯛めし」と「鯛茶漬け」がセットになったものです。

CIMG9341.jpg
まずは、せいろ蒸しされた「鯛めし」を頂きます。左にあるのは「なめろう」かな。これは後でお茶漬けで頂きますが、ちょっとだけつまみ食いもしてみたり。

CIMG9340.jpg
たぶん、こちらは予約が必要なんだと思うのですが、こうしてせいろで一人でも出して頂けると良いですよね。

CIMG9343.jpg
お茶碗に軽く2.5~3杯分くらいあるかな。

CIMG9345.jpg
二杯目は鯛茶漬けにして食べます。

CIMG9349.jpg
昼食の後、セミナー会場でもある「メトロポリタン松島」さんへ。

CIMG9351.jpg
松島さんでは「鯛茶漬け」の試食も。あっ、この「もぞく(もずくのことを柏崎では「もぞく」っていいます)」がほんとうに美味しいんですよね。先日、セミナーの前に、新宿伊勢丹で事前に試食させて頂いたのですが、何度食べてもこのもぞくの食感、食味は絶品です。これは絶対一度は食べるべき一品です。だいたい、もずくってもずく酢以外で食べたことないんだもん。こんな美味しいものを知らないなんて不幸だと思う。もし美食家気取っててまだ食べたことない人いたら、今すぐ食べにくべきと思うものです。

風味が素晴らしい。たった二時間くらい前に食べたばっかりで、相当な満腹で本当は食べるの苦しいけど、ぺろりと食べれてしまうのです。

CIMG9361.jpg
鯛プロジェクトの委員長をされている佐藤さんから、お土産を頂きました。かの田中角栄さんもおもたせもので使われたとか。柏崎の特産品「鱈の親子漬け」。新潟は米が旨い、酒が旨い。でも、この魚の旨さって、みんなそんなに知らないよね。

CIMG9372.jpg
ちなみにこんな感じ。珍味です。日本酒などに合うと思います。 

CIMG9359_20120321105609.jpg
鯛プロジェクトに関しては「鯛茶漬け」の成功の次のステージに入っていかれるところで、今回はいろいろなアイデアの御提案なども含めて鯛という資源を活用した地域活性化、観光集客のお話をさせて頂いたのですが、二部では具体的にアイデアをかたちにして試作してみようと思うというようなご意見も頂いたので、どういう内容かはsecret、そこはしょないで。もし、あれが実現したら、楽しいなーと思いつつ。

一つのものにきっちり取り組んで柱が立ったから提案できること、実現できることがある。鯛プロジェクトには期待が持てる。そういう地域に行けると頑張ろうって気持ちになれる。鯛プロジェクトのさらなる発展を心から祈るものであります。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

福島「榮川酒造」純米吟醸セット(亀の尾&雄町)

福島「栄川酒造」のお酒のセットを買ってみました。

CIMG9368.jpg
こでらんにふくしまのホームページには、宮城県産「亀の尾」を100%使用した純米吟醸酒「榮川亀の尾」(熟成酒2年以上)と岡山県産米「雄町」を100%使用した純米吟醸酒「雄町」(熟成酒2年以上)の詰合せです。「硬め」の酒類の「亀の尾」と柔らかい口当たりの「雄町」飲み比べをお楽しみくださいとあります。栄川酒造のホームページにはない商品・・・なんだろう?特別なのかしら?まず「亀の尾」を試してみました。確かにかっちりしてる感があったような。また、飲み比べてみたいと思います。

テーマ : 東北地域
ジャンル : 地域情報

思わず買ってしまう「まるごと春キャベツ」

思わず買ってしまった、成城石井で見つけた大胆にキャベツ半玉の漬物。

CIMG9330.jpg
ま、すごい期待した分、なんかイマイチ拍子抜けする味だったので、二度目はないんですが、思わず買わせてしまう商品開発力はさすがです。なんだろう、これはある種バケツプリンのロマンに似ているのであろうか?迷いなく即決で買わせてしまう商品はそうそうない。というか、成城石井は衝動買いとまではいかないけど、チャレンジして買ってみたくなる商品が並んでる店だよね~。

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

福島の自家焙煎珈琲「椏久里」

せっかく2月頑張って毎日書いてたんですが、3月に入り、先週まで締め切り地獄に落ち、ようやく脱して参りました。死ぬかと思った~。さてさて、そんこんなで、ひと段落ついたので、こでらんにふくしまに自家焙煎珈琲「椏久里」があったので、購入してみました。なんか美味しい珈琲飲みたいと思って。

CIMG9362.jpg
椏久里さんは、飯館村で珈琲の焙煎とカフェ事業をしておられた事業者さんですが、飯館村が計画的避難地域になり、福島市に事業所を移し、事業を再開されたそうです。この珈琲は手作業で悪い豆を取り除いているそうです。

CIMG9365.jpg
珈琲豆の下にフィルター発見。なんか高級そうなフィルターだ・・・。ちなみにこの珈琲のため、ミルを新調しましたー。最近、じっくり豆を挽くなんて手間省いていたのですが、その間にうちのミルはイマイチな雰囲気に変貌していまして、改め美味しい珈琲味わいたいと思います~。

和歌山レポートもすっかりペンディングになっておりましたが、ようやく復活できそうです~。いや~長かった~。

テーマ : 東北地域
ジャンル : 地域情報

和歌山特急くろしお「パンダ列車」乗車記!

わくわくわくわく「パンダ列車ー!」超テンション上がるイベントです!大阪から和歌山に向けて走る「特急くろしお」にはパンダシートがあります。

CIMG7375.jpg
ちなみに座って写真を撮るためのシートで、座席指定とかはできません。

CIMG7372.jpg
「特急くろしお」。「スーパーくろしお」と間違えないようにしましょう。

CIMG7374.jpg
写真だけ撮りに来る親子の方とか、おじいちゃんとお孫さんとかいました。かわいいよねー。なんか萌え死にそうになります。かわいすぎて、きゅ~んってする。

CIMG7376.jpg
こちらのように4席あります。ちなみに、同じ車両で近くの席を予約することはできます。(私はみどりの窓口の方が親切に近くの席を取ってくれて、すぐ後ろでした)でも、いろいろ撮影に来られるので結構騒々しいかもしれません。ただ知らないのか、来る人は限定されます。結構、海外のお客様が喜んで写真を撮られていました。日本を好きになって頂けたら嬉しいです。

CIMG7386.jpg
この車両の座席はこんな感じです。どうせなら、この車両を予約するともう旅がわくわく楽しいです。(パンダの飼育係になりたかった女)

CIMG7383.jpg
今回はこちらのお得きっぷを使いました。昨年秋の台風で大きな被害が出た和歌山、特に那智勝浦や新宮も今は普通に観光できます。南紀白浜から先は乗り降り自由で使えるお得きっぷは三月中。ぜひ、春休み和歌山にGoです。I love Wakayama.I love a panda.

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム