FC2ブログ

坂の上の雲のまちづくり、松山の旅INDEX(愛媛)

愛媛県松山市の「坂の上の雲のまちづくり」、取材したのは2009年12月。書こう書こうと思いつつ、放置されている取材の一つ。とりあえず、このGWに一気に片してしまおうと思います。というか、何十箇所残ってるんだろ?三十はないと思うんですが・・・頑張って、なんとかリアルタイムに追いつこう!

坂の上の雲、松山の観光まちづくり。地域活性化。

坂の上の雲のまちづくり、松山の旅INDEX2009

恋するまち認定 第16号 松山城&道後温泉本館
「松山城」その1~美しき登り石垣、東雲口登城道編
「松山城」その2~21の重要文化財と大天守編
これぞ浪漫!5つ星「道後温泉本館」至高のひととき

松山まち歩き
坂の上の雲ミュージアム  ★★☆☆☆
地域資源、歴史的建築物の活用~国重文「萬翆荘」編 
道後温泉&道後ハイカラ通り商店街さんぽ

松山グルメ&グッズ
(1)伊予柑生ようかん(別子飴本舗)
(2)いよかん餅、みかんキャラクターグッズ
(3)松山城の売店と茶屋
(4)でかっ!松山あげ

 空港・駅・電車・観光案内所評価
松山城ロープウェイ・リフト ★★★☆☆
伊予鉄道レトロ「坊っちゃん列車」&「道後温泉駅」 ★★★☆☆+
路面電車~伊予鉄道「松山市内電車」とお得な1dayパス
全国駅評価~JR松山駅&駅ビル編 ★★★☆☆
全国空港評価「松山空港」編 ★★★★☆

にぎわいづくり研究室~賑わい創出のまちづくりレポート

にぎわいづくり研究室「まちづくりの教科書 No.2観光まちづくり編」
事例分析 中心市街地活性化と坂の上の雲のまちづくり
詳細はこちら
スポンサーサイト



テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

彦根城登城記(2)国宝天守・天秤櫓・本丸編

彦根城登城記・表門山道
彦根城登城、まずは表門山道を登っていく。

彦根城登城記・表門山道
ほどなく天秤櫓の石垣が見えてくる。

彦根城登城記・天秤櫓
天秤櫓は独特だ。

天秤櫓
重文です。

天秤櫓
橋から見下ろすと

天秤櫓
こんな感じ。

彦根城登城記・表門山道
これはどこの石垣だったっけ?鐘の丸あたりかしら?雨もあるけど、彦根城は「古色蒼然」とした風情の城である。

彦根城登城記・天秤櫓
この雨だけど、結構観光客がやってきていました。カップル、子ども連れなども多く。

彦根城
オオトックリイチゴは彦根城固有の植物だそうです。これってすごいことじゃないのかな?でも、たぶん、こんな看板に目を留める人は100人に一人いるかいないかだよね~。

天秤櫓
えっと橋を渡って

彦根城・太鼓門櫓
順路はこれで良かったかしら?たぶん、太鼓門櫓のほうだと思う。

彦根城・太鼓門櫓
この石段を行くと

彦根城・茶室
時報鐘「聴鐘庵(茶室)」がある。

彦根城・茶室
一服頂くこともできる。天気だったらね~

彦根城・太鼓門櫓
こちらが太鼓門櫓及び続櫓

彦根城・太鼓門櫓
こちらも重文。

彦根城・太鼓門櫓
こんな感じでござんす。

彦根城・太鼓門櫓
本丸への最後の関門。

彦根城本丸
彦根城の本丸はじゃっかんちんまりしている。どうしても松山城を書いた後だと比較してしまうけど。ちなみに、本丸天守の世界観ととしては高知城が好きである。

彦根城天守
傘差しながらなんでなんか写真が上手く撮れていない。

彦根城天守
国宝天守。天気が良いとまた違う景色であろう。姫路城・松本城・犬山城とともに国宝四城の一つになっている。

彦根城天守
いくつもの屋根様式を巧みに組み合わせ、美しい曲線の調和

彦根城天守
牛蒡積と呼ばれる石垣の上に二重三重の天守が聳える。

彦根城天守
大津城から移築されたもので、1607年ころに完成したとされている。

彦根城天守
天守入口

彦根城
天守内はそれほど見るものがない。

彦根城天守
がらん。

彦根城天守
こういうのもあったけど。他にもあったかな?撮影禁止のところがあったのかもしれないけど。

彦根城天守
景色とかもあまり見れないし。

彦根城
眺め的にはちょっと平凡。天守に入る、出るの時間はちょっと短い城である。

彦根城天守
改めて天守を眺めてみる。

彦根城天守
花が咲けば、また別の景色が見られそう。これは梅?(この時1月)

彦根城天守
裏手に回ってみる。

彦根城天守
石垣っていいよね。

彦根城天守
城よりむしろ石垣が好きなのかもしれない。

彦根城天守
石垣ロマン。

黒門へ
西の丸三重櫓を見るのを忘れた気がする。たぶん、そのまま黒門山道を下りたのではないだろうか。

彦根城売店
売店も雨で入らずじまいだった。たぶん、この時すでに16時頃だと思うんですよね。

彦根城
着見台というのがありました。

彦根城からの眺め
からの~眺め、かな?

彦根城
というか、これの意味がわからなかった。彦根城謎空間。

彦根城・石垣
ちなみに石垣好きとしては一応押さえて。ふーむ、排水路もね~。上手くできてるよね~。なんか私ってじいさんみたいだよな~。

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

彦根城登城記(1)いろは松・二の丸櫓・表門橋編

彦根まち歩き(1)「彦根城」いろは松
彦根グランドホテルを出ると、中堀沿いに「いろは松」や「井伊大老の歌碑」などがあり、佐和口「櫓」を抜けると「馬屋」から彦根城「表門橋」に出ます。橋を渡ると「彦根城管理事務所(券売所)」、ひこにゃんが現れる「彦根城博物館(表御殿)」があります。そこから登城になりますが、まずは入口まで。

彦根御城下巡回バス
いろは松の前は「駐車場」「彦根観光協会」のほか、巡回バスの停留所があります。

彦根まち歩き(1)「彦根城」井伊大老歌碑
少し行くと、井伊大老の歌碑があります。

彦根まち歩き(1)「彦根城」井伊大老歌碑
近江の海を自らになぞらえて歌ったものだそうです。

彦根まち歩き(1)「彦根城」中堀・白鳥
中堀には白鳥がいました。やはり堀に船や鳥や花があると絵になります。日本の文化は「花鳥風月」がともにあったこそなのだ。それがないものは、重文であれ、国宝であれ、結局、ハコモノでしかなくなる。

彦根まち歩き(1)「彦根城」中堀
右に行くと「埋木舎」がある。時間があったら行ってみると思うけど、雨は降るし、日は落ちて来るので天守へと急ぐ。そして、何より「埋木舎」が何か知らなかったが、井伊直助が青春時代を過ごしたらしい。な~る~。なんで回遊しないか、地域資源が生かされないか、ここに根本的原因がある。

彦根まち歩き(1)「彦根城」沢口櫓
左手には「二の丸沢口多聞櫓」

彦根まち歩き(1)「彦根城」沢口櫓
重文である。

彦根まち歩き(1)「彦根城」中堀
彦根城の面白さは、城の中道路が走っていること。なかなかシュールじゃ。

彦根まち歩き(1)「彦根城」への道
ほらこんな感じ。城と自動車。なんか時代が交錯する感じが面白い。

彦根城・二の丸道路
ねっ?なんかちょっとヨーロッパみたいだ。イタリアなんて遺跡の中を電車が走る・車が走るって感じだもんね。またカラフルな色の車が似合うったらないよね。

彦根まち歩き(1)「彦根城」馬屋
こちらは馬屋の壁。個人的には、もしかしたら、彦根城でこの壁が一番しびれたかもしれない。渋いな・・・。

彦根城・馬屋
馬屋にも一応入ってみる。たぶん、特別公開されていたんだと思う。

彦根城・馬屋
でも、なんかもうちょっと何かあってもいいと思うのだが。馬の模型とかおいてあったけどさ。多くの客は学者じゃなくて一般ピープルだってことをもう少し考えたい。

彦根城石碑
琵琶湖八景?って?これだそうです。知ってたかな?「近江八景」の説明も。

看板
案内看板。夢京橋キャッスルロード(商店街)はすぐそばです。

彦根城表門橋
表門橋です。ここを渡ると

彦根城博物館
彦根城博物館。ここや天守に日によってひこにゃんが登場してパフォーマンスしたりしています。ちなみに入場は無料です。

彦根城入口
すぐ横に管理事務所、その横に本丸・天守へ向かう「表門山道」があります。

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム