ご当地ドリンク&観光ヒット商品開発セミナー

ようやく「まちづくりの教科書 No.2観光まちづく編」の入稿が終わりました。今日は、7/2,3の「地域資源の開発法とヒット商品の企画講座」の資料を創っています。今回は実践編ということで、実際の商品開発をすることをベースにマーケティングや企画の基本を学ぶということで、初日は「ご当地ドリンク」中でもブームの「地サイダー(ご当地サイダー)」。

CIMG5982_20120625113815.jpg
こちらは「Anaチョイス」でも採用され、ここでも絶品グルメでご紹介した「ゆずサイダー」ですが、この前ご紹介した「熊野サイダー」、まだご紹介していませんが、先日は大宮の「盆栽だー!」を頂いたので、これにするかってことで。

あなたは今日上司から、ご当地サイダーの開発を命じられました。さて、どうします?まず何をしたらいいでしょう?ただ創るだけでなく、ヒット商品を開発するにはどんなことを検討しなくてはいけないでしょう?マーケティングや企画力は、そういう時に必要になりますが、今回は単なる講義ではなく、具体的なテーマに基づいて、講義や実践ワークを行います。

二日目は、観光地での消費額を延ばすため、食あるいは土産物でヒット商品を開発して頂くのをテーマとしたいと思います。どんな食・土産品だったら、ヒットするか、売れるのか?ヒットするためには何を考えなくてはいけないか。初日サイダーである程度、基本の考え方を学んでいますので、その知識にのっとって考えて頂きます。

サンプルに使うのは「和歌山」の観光データを基にした開発にするか、「新潟・柏崎」の鯛を活かすアイデアか、今思案中です。両方取り入れるか、グループで違うテーマに取り組んで頂くのもいいかなと思いつつ。ちなみに私の回答例(アイデアの一つ)もある事例なので、それも紹介しつつ的なセミナーになります。

今回はまちづくりではなく、食や特産品などのモノ系の開発をすることをメインにお話します。まちづくりは7/17.18の講座にて。まだまだ申し込み受け付け中にて、どうぞ地域資源活用担当の職員の皆様、ご参加くださいませ。

7/2.3 ヒット商品開発セミナー概要

 
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

地域活性化・賑わい創出-百選INDEX

まちに賑わいを創り、地域を活性化するまちづくりの切り口はいろいろあります。一般的にどこでもやっててある程度集客が見込めるといえば「花」や「祭り」です。最近のトレンドで、どこでもやってるといえば、ちょっとうんざりな「ライトアップ」がありますが、これは地域によってかなり成否が分かれますが、「花」や「祭り」には外れがない。いわゆる定番といわれるイベント、元日は「初詣」に始まり、春なら梅や桜などの「花見」、夏は「花火」、秋は「紅葉」は、遠くに行かずとも、近場の「ハレ」を楽しみに来てにぎわいます。

それはまさに「定番」のなせる技。日本人のDNAに脈々と受け継がれた「文化」だからです。しかし、廃れた文化や知られていない地域の魅力、資源はなかなか響かないもので、かつ、地域もそれを鳴らして響かせる、そのやり方を忘れてしまっている。地域資源を活かすとは、まずはどう鳴らしたらいいのかさえ、その価値の本質すら見えなくなった地域の目を開かせる「大仏開眼」みたいなことが必要なわけです。

ということで、そんなあっても十分生かされていない、生かせない資源をリストアップしております。もちろん100括りだけじゃなく、リストアップしているのですが、こちらはとりあえず、その代表的な100括りをまとめた、備忘的なメモで、自分作業用のマッビングリスト。Wikiとかまとまっているようで使えないから。

【風土・景観】
美しい日本の歴史的風土100選(古都保存財団)
美しい日本の村景観百選(農林水産省)
日本の棚田百選(農林水産省)

水源の森百選(林野庁)
水の郷百選(国土交通省)
ため池百選(農林水産省)
名水百選(環境省)S60年選定
平成の名水百選(環境省)
快水浴場百選(環境省)
日本の森・滝・渚100選(日本の森・滝・渚全国協議会)
森の巨人たち(巨樹・巨木)百選

日本の道100選(旧建設省)
都市景観百選・都市景観大賞(国交省)
島の宝100景(国土交通省)
平成百景(読売新聞社) (候補地300)

【五感】
森林浴の森100選(林野庁・緑の文明学会)1986年選
残したい日本の音風景100選(環境省)
かおり風景百選(環境省)
郷土料理百選(農林水産省)

【風景・情景】
日本の夕日百選(NPO法人日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会)
夜景百選(夜景倶楽部)

百選には「日本百名山」や「日本百名城」など、それ自体にファンが多く、良く知られるメジャーなものから、知らない間に選定され、知らない間に消えていくマイナーなものまで様々。また「世界遺産」や「文化財」のように条約や法律に基づく明確な規定や評価判定が行われるもの、百名城のように選者によって評価が異なるものも結構あります。また百選といいつつ、棚田百選のように選定数が100を超えるものもあります。

でも、百括りは「選ぶ、選ばれる」ことがゴールで、それを活かすという視点は選者にも地域にもあまりありません。まあ、こうしてコンサルが何かする時、テーマごとにある程度事例をまとめていてくれるってことでは役に立っているわけですが、わけても環境省は多いな~。というか、素朴な疑問だけど、この100括りって意味あるのかな~?「世界遺産」みたいに権威がないとその効果が見えないよね~。モンドセレクションみたいなのもいはやはだけど。もうちょっと活用目的を明確にして税金使って欲しいよね。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

8/2.3「地域情報発信プロモーションセミナー」

近々の地域活性化・まちづくり系の講演セミナー情報、8月はあまりセミナーないので、夏はこれが今のところは最後になるのかな。とりあえず、決まっているところで公開セミナーはこちらが夏最後となります~。

クチコミ・マスコミへの情報発信とプロモーション
~ニュースの作り方、アプローチ法、プレスリリースの方法~


日時:平成24年8/2(木)13:00~17:00、8/3(金)9:30~16:30
場所・主催:社団法人日本経営協会 詳細HP
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子

13621.gif

地域資源を生かした商品や特産品の販売、観光誘客、ご当地イベントなどの成功を左右するものの一つは地域の情報発信力です。ご当地B級グルメやご当地キャラがブレイクしたのも、メディアで取り上げられ、話題となり、クチコミが広がったことがきっかけです。より広く、より多く情報発信ができれば、地域の認知度・注目度は一気にあがり、商品の引き合いは増え、チャンスは一気に拡大します。本講座では「マスコミ」はもちろん、それをも上回る影響力で商品の売れ行きを大きく左右する「クチコミ」で話題になるニュースの作り方やアプローチ法、プレスリリースの方法を実践的に学びます。

初日
1.アイスブレイク
2.地域の情報発信、シティセールス・プロモーションの現状
3.広報PR、セールスプロモーション概論
4.どうすれば、メディアや口コミで取り上げられるのか?
5.地域プロモーション戦略を描いてみよう

二日目
1.地域広報PR、マスコミ活用例とディスカッション
2.タダで宣伝してもらう、マスコミ活用とプレスリリース
3.マスコミが飛びつく、ネーミングの妙、絵になるニュース
4.プレスリリースの書き方(実践編)
5.プレスリリースを書いてみよう
6.質疑応答

まず、講義的には、どういうメディアに載せるかというメディア選定のところ。次にそのメディアの特性分析をきちんとすること。最後は、どうやったら載るかってところを押さえるところ。そして何より、載って喜んでちゃダメってことなどをお話しようと思っています。あと、今回は2日講座にして頂いて、実際にプレスリリースを書くところをやります。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

7/28まちづくりシンポジウム(岐阜)

7/28岐阜にて岐阜青年会議所(誇りあるまち創造委員会)主催にて「まちづくりシンポジウム」が開催されます。7月は岐阜に二度も行けて幸せです。岐阜大好きなんですよね~。

まちづくりシンポジウム(岐阜)

開催日時:2012年7月28日(土)13:30~
開催場所:ロイヤル劇場
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子
主催:岐阜青年会議所 誇りあるまち創造委員会

○第1部 基調講演
「地域ブランドがまちを変える」水津陽子
○第2部 パネルディスカッション
「これからの岐阜のまちを変えるのは自分たちだ」

20120728gifu.gif

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

地域資源を活かす地域活性化・まちづくり講座(岐阜)

7/19(木)岐阜県商工会連合会女性部さん主催で「地域資源を活かした地域活性化・まちづくり」講習会が開催されます。参加者は地域の女性リーダーのみなさんなので、さて、何をお話しようかなと思いつつ。

リーダー講習会
地域資源を活かした地域活性化・まちづくり


日時:2012年7月19日(木)15:00~16:30
場所:大垣市情報工房
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子
主催:岐阜県商工会連合会女性部

岐阜観光といば、グリーンミシュランでも取り上げられている「高山」(平成22年の観光客数244万人)、白川郷(同149万人)、下呂温泉(同118万人)。岐阜は魅力的な割に県外客の割合が低い(県内東海で87%を占める。だから宿泊率も低い)というか観光客数1位は「土岐プレミアム・アウトレット(同447万人)」って、ぶっちぎってんな~。ちなみに、出典、岐阜県観光レクリエーション動態調査の観光客数は実数(いわゆる入込客数)。1人当たりの平均消費額は、日帰り客は3,66円、宿泊客は23,042円。

30代の割合が高いのはアウトレットだろうけど、やはり50代、60代以上はすごいですな~。お金も時間もゆとりある層だからね~。そのあたりはアウトレットっていうより、高山、白川郷、下呂ってあたりなんだとは思うけど。その他の地域にも眠っている、知られていない資源があると思うんだけど、そのあたり、見つけて、知ってもらうってことだよね。

有名観光地以外の地域の情報収集って結構苦労するけど、近隣の?妻籠とか足助あたりでも結構書籍とかもなかったりするし、WEBもまだまだなんだよなーと思いつつ。まずは会場の大垣からリサーチしてみよって思っています。

 

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

7/17.18「これからのまちづくり推進講座」

7/17,18の2日間、自治体等の職員の方向けに「これからのまちづくり推進講座」が社団法人日本経営協会で開催されます。今回は、只今絶賛制作中の「まちづくりの教科書No.2観光まちづくり編」で紹介する課題事例とお手本事例のより詳しい解説、まちづくりの基本設計と評価指標をがっつり入れてお話する最初の講座になるかなと思います。もちろん、まちづくりの教科書は参加者に差し上げます。

これからのまちづくり推進講座

日時:平成24年7/17(火)13:00~17:00、7/18(水)9:30~16:30
場所・主催:社団法人日本経営協会 詳細HP
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子

●どんな賑わい、人を惹きつける「まちの魅力」~まちのコンセプトづくり
●地域資源を生かした、「着地型観光」~魅力あるまちづくりプランの作成
●まちの回遊性を高め、滞在時間を増やす~動線づくり
<講義とワークショップを通じて学びます>

13617.gif

【第一日】
1.アイスブレイク
2.中心市街地活性化、コンパクトシティ政策、にぎわい創出見直し
3.まちづくりプラン「にぎわい」の検証人をひきつける「まちの魅力」
4.まちづくりプランづくり、にぎわいのデザイン、まちづくりコンセプト

【第二日】
1.地域資源を生かす観光まちづくり、着地型観光、ニューツーリズム
2.まちづくりプラン「にぎわい」の検証②「顧客満足」とまちづくり視点
3.まちの回遊性を高める「着地型観光プラン」ワークショップ
4.質疑応答

詳細はこちらでご覧下さい。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

地域資源の活用法とヒット商品の企画セミナー

7/2,3の2日間、自治体職員などに向けた地域資源活用のマーケティングセミナーが社団法人日本経営協会で開催されます。昨年までは基本的な知識や考え方を学ぶ一日講座でしたが、今年は基本的な理解だけでなく、より実践的に事業の企画立案を行う実践的な講座となっています。

尚、同講座を受講される方には只今執筆真っ最中の「まちづくりの教科書 No.2観光まちづくり編」を差し上げます。今回は特に、地域の分析、ノウハウ満載で、かなり満足度の高い一冊になると思いますので、こちらもお楽しみに~。たぶん出来たてほやほやだと思います。

地域資源の活用法とヒット商品の企画
~市場分析から商品企画までを実践的に学ぶ!~


開催日時:平成24年7/2(月13:00~17:00,7/3(火)9:30~16:30
主催・開催場所:社団法人日本経営協会 
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子

地域資源を生かした特産品や観光開発、まちづくりに不可欠な戦略やビジョン、消費者や観光客のニーズを把握する「市場分析」や情報や商品を届ける「販売チャネルの選択」「消費者コミュニケーション手法」などを具体的な事例やデータを用い、具体的なニーズ分析やターゲットの絞り込み、地域の強みを生かす市場戦略、販路開拓や消費者訴求方などを学び、実際に受講者同士のグループワークによる企画立案までを行うことで実践的に学ぶ「2日間」の集中講座です。

13606.gif


【1日目】
消費者が何を求めているのかを知る「市場分析」を学びます。

1.アイスブレイク
2.マーケティングとは?(マーケティング概論)
3.実践講義&ワーク~ケーススタディで学ぶ、マーケティング手法~
4.実際のマーケティング調査から、市場やターゲットを分析してみよう

【2日目】
マーケティングに基づいた地域の戦い方「市場戦略」の立て方を学びます。

1.最新トレンド分析・消費者動向のつかみ方、最新トレンド分析
2.ヒットを生み出す、市場戦略、商品戦略
3.グループワーク「地域資源を活用したヒット商品の企画」
4.どう売るか「販売戦略」~販路の開拓と消費者訴求
5.グループワーク「販売チャネルとプロモーションの検討」
6.質疑応答

講座概要はこちら

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

グリーンミシュランガイドで星2つ「谷中」

The Grreen Guide、いわゆる「グリーンミシュラン」で三つ星(highly recommended)の評価を受けた地域には、近年、多くの外国人観光客が訪れています。東京近郊では、東京、高尾山、富士山、日光が三つ星で、鎌倉、修善寺、下田、伊豆半島が二つ星、その他、横浜、箱根・湯河原・河口湖が一つ星となっています。

よみせ通り塩ラーメン
最近?オープンしたけど、まだ行ってないよみせ通りのラーメン屋

東京の中では、浅草、銀座、皇居が二つ星の中、上野が三つ星になっていて、その周辺として「谷中」が取り上げられているのですが、実にこれが二つ星になっていて、ちょっと驚きです。確かに谷中周辺で、外国人の個人や少人数グループの観光客を良く見ます。

ミシュランも傾向があって、それが欧米の外国人観光客目線なのかなとも思いますが、写真が掲載されている例を見ると「三社祭」「吉原(浮世絵)」「築地場外市場」「千鳥が淵の桜」などがある中、「谷中霊園」があるのには驚かされます。また「久保田一竹美術館」という国内では結構マイナーなところがフューチャーされているのもへえ~って感じです。あと「長瀞の川下り」や「岐阜のうかい」などが写真入りで紹介されています。

Michelin Green Guide JapanMichelin Green Guide Japan
(2009/09)
Michelin Travel Publications

商品詳細を見る

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

セミナー「ロハスで島を元気に!」(神津島村商工会)

6/27「神津島村商工会」さんで「ロハスで島を元気に!」というまちづくりセミナーが開催されます。

軍艦島
ちなみにこちらは2009年かな、念願の上陸果たした「軍艦島」

日時:2012年6月27日(水曜日)19:30~
場所:だいじんご
講師:フォーティR&C 地域再生コンサルタント 水津陽子

今回は、島しょの地域活性化・まちづくりに特化したお話になります。伊豆諸島・小笠原諸島(いずれも東京都)には219の島があるってご存知ですか?最南端は東京から2000キロメール「沖ノ鳥島」。神津島には船や飛行機で行くことができます。

島で活況を呈している地域活性化の例も最近いろいろあり、いろんな切り口からのお話になると思いますが、ロハスっていうことでいえば、海外の事例、デンマークのチッタスローなどの例もご紹介したいなと思っています。最近では「小笠原」が世界遺産になりましたが、東京って実はすごいお手軽に島観光ができるところなんですよね。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

宇治「平等院鳳凰堂」まち歩き旅INDEX

またちょいと遡りますが、こちらは2010年2月宇治市に行った時、取材したものです。日帰り出張だったので時間はそれほどとれなかったのですが、久しぶりに「平等院」を見てきました。何年ぶりかなぁ?下手すると20年ぶりくらいかも?

平等院鳳凰堂

宇治「平等院鳳凰堂」界隈まち歩き旅INDEX2010
宇治駅~宇治川~平等院表参道さんぽ
世界遺産「平等院鳳凰堂」さんぽ

絶品グルメNo.16 京都宇治「中村藤吉本店」抹茶スイーツ

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム