FC2ブログ

山形「やまもり弁当」と「山形ワイン街道」

書いたと思ったけど、探してもないし、きっと書いていないのだろう。どっかに紛れてあるのかもしれないけど、わかんない。てなことで既出だったらごめんですが、今日中に駅弁講座の資料を作ってしまおうと思って。とりあえず、書いちゃえ。こちらは山形の「やまもり弁当」です。

山形駅弁「やまもり」
山形のお米「つや姫」をつかったご当地弁当ということです。

山形駅弁「やまもり」
正直、記憶が曖昧なのですが(当然値段は覚えない)いろいろなところでも書いている人もいるので「ぐるたぴ」とかで見てみてください。見た目派手さはないですが、地元食材を使った和ティストのお弁当でした。なんだろう?どっかで書いたような気がするけど、ツイッターとか?あなたのことでしょ?なんですけどねー。ぐるたびでは地域愛され度1位にはなってるけど、これサンプル数がないから、あまりデータとしては参考にならないんだよね。売上とかどうなんだろうか?

山形駅弁「やまもり」と山形ワイン街道
でもワインを飲んだことはすごく覚えている。仕事帰りの電車の中で、山形のワインを飲む。山形って実は11もワイナリーがあって・・・って前「山形ワイン街道」のHPあったのになくなってる?それも残念だよね~。補助金事業だったのかしら?あと事業主体が合併等でなくなったとか?
スポンサーサイト



テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

山形米沢名物「牛肉どまん中」VS牛肉弁当比較

駅弁といっても、そこには幾つかのカテゴリーが存在する。定番の幕の内のほか肉系、海鮮系などがある。その中でも「牛肉」はそれぞれのブランド牛をこれでもかと使った弁当が目立つ。その中で「牛肉どまん中」は誰もが知る人気駅弁となっている。

山形米沢名物「牛肉どまん中」VS牛肉弁当
すでに書いたつもりでいたけど、まだ書いてなかったので、今回のむつの駅弁・まち弁勉強会もあるので、サルベージしてみた。

山形米沢名物「牛肉どまん中」VS牛肉弁当
米沢駅にはどまん中の看板を掲げた駅弁屋もあるくらい、どまん中はメジャーで、かつ人々に愛されている。

山形米沢名物「牛肉どまん中」VS牛肉弁当
中を開けるとこんなふうにびっしりと牛肉が敷き詰められている。正直40過ぎると、こういうのは見ただけでお腹がいっぱいになる感じだが、甘いもの同様、駅弁も好き嫌いじゃなく、仕事で選択する。幾つかの牛肉、或いは肉系弁当を食べてきたが、それだけにどまん中のすごさを感じるものである。


高山本線駅弁「飛騨牛しぐれ寿司」
たとえば、こちら高山の「飛騨牛しぐれ寿司」は牛丼形式ではないので、さっぱりしていて食べやすいのだが

CIMG6035_20111107185355.jpg
この島根の「牛みそ玉丼」は確かに美味しいのだが、食べ進むと飽きてきて、若干苦痛も感じるが、どまん中にはそれがない。最後まで美味しく食べることができる。それがまた牛肉弁当を食べるなら、これを買おうという気持ちにさせる。3周り以上押さえてはじめてのエースだぜ(byたっちゃん)、じゃないけど、今の時代、どんなに売れても、リピートされない商品はいずれ消える。

ちなみに私の中でNo.1駅弁はやっぱりシュウマイ弁当だ。あの食べ飽きない、昔懐かしいさを内包した弁当は、日本人のDNAに反応し、幸福感のデジャブーを引き起す。本も出ちゃってるもんなー。

なぜ今日もシウマイ弁当を買ってしまうのか?なぜ今日もシウマイ弁当を買ってしまうのか?
(2012/05/25)
ラズウェル 細木

商品詳細を見る

でもあれですよね~、小林しのぶさんってすごいですよねー。5000食とか駅弁食べてるんでしょ?いやいや、駅弁って結構塩分きついからさー。よほど好きじゃないとね。そういう意味では、駅弁を食べる派、駅で食べる派、結構、あると思うよね。駅ビルや空港内のレストランも充実している今、駅弁の戦いは駅中との戦いでもあり、激しさを増している。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

駅弁・まち弁開発勉強会(むつ商工会議所)

今月は恐山のある青森県むつ市「むつ商工会議所」で駅弁・まち弁開発勉強会が開催されます。むつ市の平成22年の観光入込客数101万人(延べ人数)、恐山には26万人が訪れています。皆さんはむつで、どんな駅弁・まち弁があったら嬉しいかしら?ちなみに恐山には行ったことがなかったから、行きたかったんだけど、今月11日からは完全閉山で入ることができません。残念!あれだよね、恐山ってイタコがいるところだよね。

駅弁・まち弁開発勉強会

日時:2012年11月22日(木)、29日(木)14:30-16:30
場所:むつ商工会議所
講師:合同会社フォーティR&C 地域再生コンサルタント 水津陽子
主催:むつ商工会議所

カリキュラム
・売れる駅弁・まち弁の企画の立て方、考え方
・お客は誰か(客層)、何処で売るか(販売方法)を明確にしよう
・客の嗜好性、ニーズと利用機会、プライスレンジ(価格帯)
・地域の特性を生かす、駅弁・まち弁の企画とは?
・自社資源+地域資源の掘り起こしと打ち出し方
・競合他社分析、どこに違い、こだわりを置くか
・企画案を考えてみよう
・駅弁・まち弁開発の進め方と注意点

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム