FC2ブログ

館林レトロさんぽ 田山花袋旧居と文学館+(群馬)

館林市にある「田山花袋記念文学館」と田山花袋の旧居がおかれた「第二資料館」周辺には館林市のハコモノの観光施設が集積している。

田山花袋旧居と記念文学館周辺さんぽ(群馬県館林市)
こちらは「向井千秋記念こども科学館」。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
こちらが「田山花袋記念文学館」。通りをはさんだ反対側に第二資料館「田山花袋旧居」が移設展示されている。といっても、田山花袋は高校の現国で名前と「蒲団」という作品名を試験に出るので覚えただけで読んだこともないし、「蒲団」って・・・と、その頃から、ちょっと読みたいタイトルじゃないと思っていたんだけど。これを資源として活かすにはやはり知恵が必要だ。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
こちらは第二資料館の敷地内にある「旧上毛モスリン事務所」こちらの洋館はテレビドラマ「イケメンパラダイス(リメイク版)」のロケで使用されたそうだ。このときは改修中。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
そして、第二資料館の敷地内には田山花袋の旧居がある。

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
環境の良い場所に移されて、雰囲気はあるのだけど

田山花袋旧居と記念文学館周辺(群馬県館林市)
悲しいかな、田山花袋を研究している学者か、ファンでない限り、これは「歴史的ハコモノ」でしかない。(言い過ぎだぞと言われそうだけど。活かせていないものを見ると、とにかくとても悲しいのだ)

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
もっと違った活かし方があるはずだ。そしてそれはハードじゃない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
一般ピープルの大半は、ここにお金を払って入らない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
とりあえず、誰が田山花袋を愛しているのか。ファン層が見えない。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
貴重なものかもしれないが、観光資源とするには知恵とそして何より愛が必要だ。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
第二資料館の入り口。

田山花袋旧居と記念文学館さんぽ(群馬県館林市)
館林城の二の丸、三の丸等から出土した城郭の「間知石」と「角石」が園路にありました。動物園という資源は行動展示によって付加価値化した。さて、こうした歴史的、文化的資源をどう付加価値化するか、そろそろみんな真剣に考えようぜ。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

群馬ご当地グルメ&グッズ「館林うどん」

館林の名産品の一つ「館林うどん」。今回、本来お昼にうどんを食べる予定だったけど、ガーデンレストランに行ったため、食べることができなかったのですが、こちらでお土産を買って帰りました。

ご当地グルメ&グッズ「館林うどん」(群馬)
館林駅前、駅から真っ直ぐ徒歩1分もかからないところに

ご当地グルメ&グッズ「館林うどん」(群馬)
こちらのお店があります。「花山うどん」かな・・・たぶん。手元にレシートがあるけど、薄くて見えない。どっかにもらったショップパンフレットがあるはずだけど、探せばあるはずだけど、なんか資料の海が・・・ま、仕事じゃないし、いいか。

ご当地グルメ&グッズ「館林うどん」(群馬)
たぬきのパッケージは1000円くらいしてたけど、余計なものないと、レシートによれば、うどん550円2食分×3本てな感じで、だし3袋315円の865円。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)

講演の後、議会の方が市内何か所かを案内してくださった。その一つ「茂林寺」。あの文福茶釜ゆかりのお寺です。ここは館林駅の隣の駅が最寄駅で、そもそも回れなかったところなのですごく有難かった。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
総門(黒門)から、山門(赤門)を臨む。本堂はずっと奥に見える。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
総門から赤門へと続く参道には、21体の狸像が並び参拝者を出迎えてくれる。

群馬県館林市 茂林寺 ぶんぶく茶釜
なんか服着てる。

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
たぬきのお姫様?

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
茶釜、の上にカメ?

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
ユーモラスなたぬきたちだが、どういういわれがあるのか。一つ一つ、結構違う。名前つけたらいいのにって言ったんだけど。

館林市 茂林寺 ぶんぶく茶釜
ん?あれ?あれは・・・

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
つい走り寄る。もしかしてトトロ?と見紛う、若干間の抜けた・・・というか、なんかやたらデカい。(というか、もう行きますよと言われて、急いで撮ったので写真が曲がってる・・・)

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
茂林寺さんは

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
もすごく大きなお寺だ。フレームに全部納まらない・・・。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
そして、立派なお寺だ。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
分服茶釜に関する資料展示もあって

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
これとかもゆっくり見たかったけど

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
ゆっくり拝見する時間がなかった・・・

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
次に向かうため歩きながら、斜めな体勢ながら、写真だけ撮る。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
この桜は、今、ちょうど咲いている頃じゃないでしょうか。

ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
この仏様もすごくデカかった。ていうか、茂林寺さんにあるものってすべてがなんかサイズがXLな。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お寺を出たところに

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お土産物屋さんがありました。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
いろんなものがあって楽しそう。

トトロ?文福茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
これは何!?って聞いたら

トトロ?ぶんぶく茶釜の「茂林寺」(群馬県館林市)
お店のおじさんがこちらをくださいました。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

山形(1)温泉はしご旅2013冬INDEX(村山-赤湯)

2013年1月、2度の山形出張で歩いた村山市、かみのやま温泉、赤湯温泉の旅をレポします。

山形温泉はしご旅2013冬INDEX(村山-赤湯)
山形温泉はしご旅2013冬INDEX(村山,赤湯,かみのやま)

山形県村山市への旅 
温泉宿・SAPプール「クアハウス碁点」滞在記1
全国ホテルライフ評価「クアハウス碁点」滞在記2
村山郷土料理百選「食の記憶あずだす」
山形新幹線「つばさ」グリーン席の旅
駅弁「特選米沢牛まつかわ 牛めし弁当」

山形県上山市「かみのやま温泉」まち歩き
巨大つららと足湯、雪の「上山城」登城記
かみのやま温泉街と「武家屋敷」さんぽ
全国駅&観光案内所評価 JRかみのやま温泉駅編 

山形県南陽市「赤湯温泉」まち歩き
赤湯温泉 ご当地ラーメン「ほとり」
5つ星の宿「上杉の御湯 御殿守」日帰り温泉体験
山形ワイン「酒井ワイナリー」まぜこぜと原液
全国駅&観光案内所評価 JR赤湯駅編

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

全国駅観光案内所評価-赤湯駅

全国駅・観光案内所評価、山形県JR赤湯駅編。ここではロッカーの鍵紛失事件(弁償寸前に鍵発見)を起こし、本当はもっと写真撮れたはずなのに撮れてないところがあります。駅もいろいろあって楽しいし、観光案内所もホスピタリティが高くて良かったです。

山形 JR赤湯駅
駅舎外観、かまぼこ型。というかもう雪が楽しい!

山形 JR赤湯駅
駅舎入り口。JR駅ってどうしてこうも、ファストフードか、ファミレスのチェーン店みたいに無個性なんだろう?というか無機質さというか。コスト至上主義?価値創出する思考はないのか、ローカルな駅にそこまでしなくていいと思っているのか。赤湯ならではの駅舎とか、もっとあるんじゃないのかなぁと思う。

山形 JR赤湯駅
観光案内所のスタッフの方のホスピタリティはとても高かった。やる気のない留守番事務員的じゃなくて、ちゃんと観光コンシェルジュしている観光案内所だった。

山形 JR赤湯駅
でも、ぶっちゃけ、これは何の役にも立たない。使ってみたが、内容がしょぼい。業者が作ったものだろう。情報が何か、客のニーズも理解できてない。これも税金なんだけどね。

山形 JR赤湯駅
ご当地の物産、飲食コーナー、テレビのある待合などもあり、駅としては快適で、過ごしやすい。

でも、赤湯での一番の思い出?は、ロッカーの鍵がわからなくなり、パニックになったこと。新幹線が5分後に来るのに!仕方ないからロッカーの鍵を弁償し、開けてもらうことにしたら、その払う小銭入れの背ポケットに鍵があった。あんなに何度も小銭入れを見たのに・・・パニくってると見えない。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

全国駅観光案内所評価-かみのやま温泉駅

全国駅・観光案内所評価、山形県JRかみのやま温泉駅編。駅舎としては割と新しい感じ。待合にはストーブもあったりして、快適です。駅の観光案内所はお昼休み無人になるみたいなのと、案内所スタッフは、観光コンシェルジュとしての専門研修などは受けた感じはなかったです。

山形 かみのやま温泉駅
駅舎外観はこんな感じ。

山形 かみのやま温泉駅
駅の中はこちら改札や緑の窓口があるところと

山形 かみのやま温泉駅
この改札前のスペースにはストーブがあって、あったかかったです。

山形 かみのやま温泉駅
その隣に観光案内所があります。(お昼は締めちゃうのは平日だから?)観光案内所は全国的に観光協会とセットで課題が多いのですが・・・とりあえず、観光立県とかいう県は、ちゃんと専門研修をして、観光コンシェルジュは資格制とかにした方が良いと思っています。

山形 かみのやま温泉駅
こちらは観光案内所前のスペース。ここはストーブもなく、外と同じくらい寒かったです。

山形 かみのやま温泉駅
温泉観光地の駅としてはちょっとさびしいかなぁ。駅についたときに、やっぱ、わくわくする感じがほしい。今、鉄道が旅客業だと思ってるやつがいたらそいつは馬鹿だ。

山形 かみのやま温泉駅
電車もねー、JR九州くらいみんな楽しくなるといいんだけどね~。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

宇部ボタニカルガーデンとエトセトラの旅

2013年1~2月にかけて、2度、山口県宇部市へお伺いした。各2泊3日、仕事の合間などで宇部のまちを歩いたり、ご案内頂いたりした。子供の頃、一度行ったことがある常盤公園にも久しぶりに行ってみた。宇部は彫刻によるまちづくりを行っていて、公園やまちに多数の彫刻があった。私的には植物園が魅力的だった。

山口県宇部市 常盤公園 植物園

ときわ公園
日本の都市公園100選,さくら名所100選「ときわ公園」
ときわミュージアム「緑と花と彫刻の博物館」熱帯植物園
宇部一望!無料公開「石炭記念館」炭都の歴史と展望台

宇部まち歩きさんぽ
歴史的建造物さんぽ「渡辺翁記念会館」&「旧宇部銀行館」
宇部まちあるきさんぽ彫刻とまちの遺構、珍百景

ご当地グルメ&グッズ編
宇部のおすすめ居酒屋、旨い魚を食べるなら「海鮮問屋」
居酒屋「土火土火(DOKADOKA)」
山口県川棚温泉のご当地グルメ「瓦そば」in土火土火
和風居酒屋「まめ壺」
山口名物ういろう「豆子郎」
ANAクラウンプラザホテル宇部cafe「ケーキ一番人気」

全国ホテルライフ評価 ANAクラウンプラザホテル宇部編
全国空港評価 宇部空港編

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

ANAクラウンプラザホテル宇部の快眠プログラム

ANAクラウンプラザホテルについては、いつどこで泊まっても満足度は高い。特に快適性においては非常に寛げる。朝食は若干地域によってレベルの差があるが、概ね他のホテルよりレベルが高い。宇部はスタッフのホスピタリティも高かった。

ANAクラウンホテル宇部
今回は2013年1月から2月にかけて、二度、宇部に出張し、いずれもANAクラウンプラザホテル宇部を利用した。最初はツイン。もちろん、シングルユースのプランだけど。

ANAクラウンプラザホテル宇部
部屋は広々している。

ANAクラウンホテル宇部
二度目はダブルを一人使い。そういうプランなのか。あと、何でか二度目はウェルカムドリンクのサービスがついて

ANAクラウンホテル宇部
カフェでこちらのスイーツと一緒に珈琲を頂きました。

ANAクラウンホテル宇部
二度目の方が空間的にも、眺め的にも良くて、そういう意味ではホテルも部屋によって結構印象が違いますよね。


部屋からの眺め。こちらは二度目に宿泊した時の部屋からの工場夕景、いや朝かもしれないけど。

●アメニティ
ANAクラウンプラザホテル宇部
特に満足度が高かったのが、こちら「スリープアドバンテージ」プログラム。快眠のためのプログラム。カフェインレスで安眠誘うお茶、入浴剤、目の疲れをとる温熱マスク。


ボディクリームが良かった。冬は乾燥するから、風呂上りとかあるといいよね。有難い。すごくいい匂いもしたし。

ANAクラウンホテル宇部
以前、泊まった系列ホテルのシリーズとは違うような。

●朝食
ANAクラウンプラザホテル宇部
ANAの朝食は、毎回かなり満足度が高い。パンがいろいろ種類があって楽しかった。あとそれぞれ今回は二連泊したのだけど、2日続いて、まったく同じものでない点も評価できた。連泊してまったく同じだとなんだかなぁってなるし。それでなくても判で押したようにどこも変わり映えしない、オリジナリティのない、おんなじような朝食でうんざりしてる出張族も多いんだから、やはり、そこはちょっち工夫しないとね。

テーマ : 山口県
ジャンル : 地域情報

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」駅前食堂

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」お昼は、駅前にあった「日の出屋」で刺身定食900円を食べた。テレビのロケなども結構来ているようで店内にはサイン色紙なども多数あった。

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」駅前食堂日の出屋
メニューもいろいろあるみたい。

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」駅前食堂日の出屋
とりあえず、市場まではいけなかったけど、ここでは魚を食べなきゃで、刺身定食にしてみました。マグロが特に好きってわけじゃないので、イマイチ、ここのマグロがどうとうコメントできないのですが、とにかくすぐ電車で帰らないといけないので、急いで食べたし、美味しいといえば美味しいけど。

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」駅前食堂日の出屋
那珂湊の資料、昔の写真などもありました。難をいえば、もう少し愛想がいいといいのかな。まあ、港町だから、そういうのが苦手なんだろうということで。うちの田舎もそういう意味でのホスピタリティないし。でも、やっぱ、客商売、次また来ようとは思わないと思うから、もうちょい頑張るといいのかな。

ひたちなか海浜鉄道「那珂湊」駅前食堂日の出屋
駅出たら、すぐそこに見えます。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

ひたちなか海浜鉄道レトロ電車&那珂湊の旅

昨日は茨城県ひたちなか市に行ってきました。強風のため、常磐線が止まったり、徐行運転したりで、行きは50分遅れ、帰りは20分遅れでしたが、そんな中でも「ひたちなか海浜鉄道」に乗って、那珂湊駅に行ってきました。滞在時間36分ながら、地元の定食屋に入って戻ってきました。ちなみに「那珂湊おさかな市場」に行く予定だったんですが。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
ひたちなか海浜鉄道は、JR勝田駅の一番線にあります。一度改札出てしまった。なんか可愛い窓口&乗り場があります。でも、和歌山もそうだったけど、もう少し地鉄への案内をわかりやすくしてほしい。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
気づきました?田がハートのかたちしています。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
電車は博物館級のレトロ車両。すごーい!九州の鉄道博物館で展示されたのに近い。ちなみに、映画「鉄道員」とかでも使用されたそうです。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
那珂湊駅も超レトロ。まるでドラマのセットみたいです。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
うーん、渋い。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
なんか素敵です。もっとこういうの活かしたらいいのに。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
この文字は慶應の学生さんのデザインだっけ?そんな話をお聞きしたが。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
改札もドラマチックだ。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
おらが鉄道応援団?鉄道ファンってほんと有難いですよね。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
手作りのマップもなんかいいです。人のぬくもりがある駅って感じで。こうした公共交通が人に近い感じってもう地方のJRだってないですもんね。地鉄ならでは魅力の一つですよね。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
この線路のカーブがなんかいい感じ。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
車両もほんとうにお疲れ様って言ってあげたくなるくたびれようですが。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
車両もいろんなデザインで。中古の寄せ集め的な感じなのかな。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
こんなボロボロの車両も、いろんなドラマを感じさせる。

ひたちなか海浜鉄道の旅 那珂湊-勝田駅 レトロ電車の旅
勝田駅から那珂湊駅は15分くらい。本当は終点まで乗って戻ってくる予定だったけど、今日は強風ということで出発も遅らせたので、とりあえず、那珂湊の市場に行って、海鮮丼を食べようと思ったけど、それも時間がなかった。また、次回機会が会ったら、行ってみたい。

昼食は那珂湊駅前の「日の出食堂」刺身定食

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム