絶品グルメ(28)キラキラ!神津島の「島ところてん」

神津島名物に「ところてん」があります。良質の天草を使い、キラキラして、つるつるして、普段スーパーとかで売ってるとは全く別の食感です。

絶品グルメ 神津島名物天然「島ところてん」
こちらは、神津島の民宿まつよしさんで出されたものです。神津島の天草を使った自家製だよといって出してくれました。これがもう絶品なのです。ちょっと私の写真がイマイチなので伝わらないかもなんですが、その辺で市販されているものとはもう全く別物です。弾力があって、つるんってしてて、なんかまるで生きてるもの食べてる感があります。 

ちなみに神津島のところてんについてはサンフーズさんで詳しく紹介されています。(神津島の仕事紹介リンク)神津島のところてんは、神津島の「よっちゃれーセンター」などで販売しています。都内とかも販売しているところがあるのかしら?
スポンサーサイト

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

地域資源活用の教科書-城・街道・宿場編-

2013年7月30日発行予定の「まちづくりの教科書-地域コーディネーター講座」第4号は、新章突入で本格的に「地域資源活用」にテーマを移します。中でも、今回はポテンシャルの高い資源でありながら、そのパフォーマンスの低さが大きな問題と位置づけている「城」「街道」「宿場」にフォーカスし分析検証、活用について掘り下げます。

まぐまぐ3 

地域活性化で、地域資源活用という言葉が一般化したのは、2006年、地域団体商標制度ができたあたりからでしょうか。

この国の変革は、常に外部からのプレッシャーによるところですが、その始まりも、バブル崩壊、それによる国や自治体の財政悪化にありましたが、それを加速させたのは小泉政権が推進した「三位一体の改革」です。同じく平成18(2006)年度に実行されました。

小泉改革の評価は様々ですが、国に水道の栓を閉められて、地方ははじめて本気で頑張るしかなくなった。そこではじまったのが、地域資源を活かした特産品や観光等の開発、地域ブランドづくりです。

2006年をスタートラインとすると、地域の取り組みは、知識やノウハウがほとんどないところから、よく頑張っているなというのが、正直な印象です。何より、とにかく何かやってみようという意欲、積極性が出てきたことは素晴らしいことです。

7年経過し、ご当地グルメやゆるキャラ、ニューツーリズムなどの新たな観光など、地域活性化事例も多数生まれました。そういう意味では、地域は一段ステップアップしました。

ただ再度、俯瞰して地域を見ると、その衰退や疲弊はむしろ加速しているようにすら感じます。そういう意味では、地域資源の活用もまだまだ限られたもので、地域が有する可能性は低く評価され、地域資源の根源的な価値と発揮するパフォーマンスには大きな開きがあります。

その要因は、幾つかありますが、今回は、その中で、価値が認められながら、有効な活用に至っていない、城、街道、宿場という資源にスポットを当てて、地域資源活用の問題を整理したいと思います。

これらは、私が地域資源の有望4源泉の中で、復古資源とカテゴライズしている、歴史的建造物や町並み等の資源の中でも最も課題としている三大不活性資源です。それが有する価値に対し、パフォーマンスはというと、歴史的ハコモノの域を出ず、極めて低いパフォーマンスとなっています。

それはまるで、日本代表としてワールドカップには出るが、シュートが打てないストライカーのようなもので、今後、世界から観光客を呼び寄せるためには、この体質を変えていく必要があります。

続きはこちらから。初月購読無料です。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム

神津島の図書館が新しくなって設備が充実するとともに、とても快適な場所となり、かつ活用の幅、可能性がより広がっています。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
神津島図書館は山の上にあります。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
ピッカピッカの真新しい図書館です。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
なんかコンクリートの味気ない建物じゃなくて良かったです。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
木がたくさん使われていて、中は天井が高いので圧迫感がなく、明るく開放的です。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
本もめちゃくちゃ新品率高くて、真新しく、かつ本の種類も豊富です。この前ご紹介した、魔術事典みたいに、えっ、こんなのもある?という書籍や雑誌などが充実しています。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
子どもたちのスペースはフロアになっています。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
あと、こちら!神津島の宿にはインターネット回線接続できないところもあるのですが、ここならコンセントもあるし、ネットも使えます。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
あと大小の研修室スペースもあります。スタディツーリズムにも活用できます。雨が降ったりしてすることないとか、場合によっては天候不順で飛行機が飛ばない、船が出ないというときにも使えます。

新しくなった「神津島図書館」でスタディツーリズム
ここは図書館の裏手にある建物で・・・なんだっけ?神津島の伝統的な民家を移築したんだっけ?とにかく、今後、ここも交流施設的に活用できるようにできればいいなと思う次第です。

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

神津島漁協市場で金目鯛のセリ体験

神津島港、神津島漁協さんの市場で、神津島を代表する魚、金目鯛が大量に揚がっていました。市場では、一般の方もお買い物をすることもできます。

神津島港、漁協、市場、セリ、金目鯛漁
こんな大量の金目鯛を見ることがないので、ちょっとわくわくします。

神津島港、漁協、市場、セリ、金目鯛漁
金目鯛以外の魚も揚がっていますが、この日は大半が金目鯛でした。

神津島港、漁協、市場、セリ、金目鯛漁
これからセリなのかな?

神津島港、漁協、市場、セリ、金目鯛漁
ちなみに、東京に来るまで、金目鯛の存在を知らなかった私は、伊豆ではじめて見て、この赤さと目に驚愕しました。赤い魚っていったら、鯛や甘鯛、喉黒しか見たことなかったので。なんじゃこれは!って。あ、そうそう、この日の夕食は、宿で一人一匹金目鯛が出てきました。結構、大きくてびっくりでした。

神津島港、漁協、市場、セリ、金目鯛漁
市場には、村中の宿なら、歩いても行けます。

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

神津島の記念写真シャッタースポット

こちらも神津島の子供たちが描いた絵だったっけ?シャッタースポットになっております。

神津島 シャッタースポットの額縁
家族や友達、恋人等と記念写真を撮ったり、夕日とか風景を撮る時にいいのではないでしょうか。

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

神津島のカフェ宿「だいじんご」スパイシーカレー

神津島の絶景カフェ宿「だいじんご」。

神津島だいじんご
神津港、村中から見ただいじんご。

だいじんご 神津島 ランチカレー
その絶景と癒しの宿については、以前、こちらでご紹介しましたが、神津港や天上山を一望する絶好のロケーションにあります。

だいじんご 神津島 ランチカレー
カフェでは、オリジナルカレーも出しています。

だいじんご 神津島 ランチカレー
結構、スパイシーでおとなな味です。

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

神津島中学校美術部の挑戦!アートで地域活性化

神津島中学校の美術部は、神津島港の防波堤(でいいんだっけ?)に神津島の魅力を伝える色鮮やかな絵を描く活動をしています。

神津島の地域活性化・まちづくり アート神津島中学美術部
とある土曜日の午後、神津島中学校の美術顧問の先生と唯一の部員である生徒さんが、猛暑の中、絵を描く作業をしていました。

神津島の地域活性化・まちづくり アート神津島中学美術部
連ねた絵たちはいずれも色鮮やかで、夏空によく合います。

神津島の地域活性化・まちづくり アート神津島中学美術部
神津島中学校では、授業で、神津島の観光ポスターやパンフレット、ビデオを作ったり、その前段階の事前学習では、生徒それぞれが神津島の旅行プランを考えることなどにも取り組んでいます。というか、このアートな取り組み、島外の人に参加してもらうとかできるといいかもですね。

っていうか、今日のノルマ終わったー!ぱんざーい!てなことで、なんとか今日もブログも更新できた。

テーマ : 東京の離島
ジャンル : 地域情報

ウオーターフロントの資源活用、まちづくりとブランド化

今週は締切地獄です。ちなみに7つ、いや有料メルマガ入れると8つ・・・。終わっても終わっても次の締切が待っている、蕎麦屋の出前状態なウィーク。とっと終わらせやがれですが、ウオーターフロントのまちづくり、ブランド化についてまとめていて、たまたま見つけたので備忘録代わりに今日の更新しとこうかって。

青森市ウォーターフロントのまちづくり
ウオーターフロント開発協会ってあるんだね。国内を代表するウォーターフロントってどこじゃってピックアップするため、ググったら出てきました。みなとまちづくりマイスター制度ってあるんだね。まあ、資格っていうより、表彰ですね。

ちなみに私の中で、ウオーターフロントの地域資源活用、まちづくりブランド化で一番の課題事例はこちら。奥には、その中でも最大の課題が見えております。歴史的な遺産を保全するだけでは活性化できないのは自明のことですが、あのハウステンボスですら再生できたわけですから。できるやつがやれば、活かせるんですよね。

第一歩はウォーターフロントとしてのコンセプト、ブランドイメージの打ち出しでしょうか。日本の港というと、横浜、神戸、函館って感じですかね~。あと港とはちょっと離れますが、軍艦島です。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

国の中心市街地活性化政策の見直しとは?

平成24年末、経済産業省は「中心市街地活性化政策の見直しの方向性について」の報告書を公表した。中心市街地活性化政策の検証と再構築を図るため、学識経験者、商業・まちづくり・NPO関係者などから構成する中心市街地活性化に向けた有識者会議を平成24年11月から12月まで計4回開催し、まとめたものだ。

中心市街地活性化政策の見直しの方向性について(報告書)

富山市 中心市街地 賑わい創出拠点 富山市 中心市街地

とはいえ、その方向性はというと主役は「住まい手」。ちなみに、住まい手とは居住者と狭く捉えてはいけない。通勤・通学・観光客まで含むという。いや、もうそれ「住まい手」じゃないしと思わず突っ込みたくなるのはまだかわいくて、「そもそも中心市街地の概念自体は必ずしも歴史的・自然発生的なものではなく、どのようなまちの部分や階層を中心市街地と呼ぶかは、定義の問題にすぎないことに注意する必要がある」って?と驚愕の記述に続き、広域的な観点の中身をみると、な~る、そういうことかと。笑える~。

直訳すると、今後の中心市街地活性化政策は、コンパクトシティ政策を継続。その中身は住まい手のため、公的施設を建てまっせということです。ちなみに住まい手を居住者としないのは、それだと作れるところが限られるためで、広域的な観点とは公的施設を建てるための調整のことを指す。

まあ、こうした拠点づくりで一定の成果を挙げている事例もあるから、全否定はしないけど、ハード型の事業だけに成功するには当然、成功する理由がある。そこが担保できなければ、青森市のアウガのような破綻例を全国に増やすだけになる。

てなことで、来週は、日本経営協会(東京)さんにて、地域力を向上する「まちづくりプラン」作成実践講座。只今、テキスト作成中で、ネタ的に一つ中心市街地活性化を入れたので、ついでにまともな更新一個しておこうって感じです。魔術事典で終わっちゃうとねってことで。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

新神津島図書館で遭遇した「魔術事典」

嗚呼・・・オーバーフローしそう。なんかてんてこまいでござる。てなことで小ネタを一つ。

魔術事典
こちらは先日、新しくなった神津島図書館で遭遇した「魔術事典」です!魔術って!!fate/zero?的な。ちなみにもっとディープな類書を図書館で取り寄せてみたけど、結局、読む時間なくて返してしまった。でも、こっちは図鑑的で軽くめくって見ることができます。リタイアしたら、魔術とか錬金術とか探求してみたい気もするようなしないような?あ、新しくなった神津島図書館のご紹介はまた後日~。よし、曲がりなりにも更新したぞ。

魔術事典 (「知」のビジュアル百科)魔術事典 (「知」のビジュアル百科)
(2004/10)
ダグラス ヒル、高山 宏 他

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム