FC2ブログ

飯能市自治会長研修「持続可能な自治会運営」

今年、自治町会関係の講演セミナーをいろんなところに行きましたが、年明けは飯能市さんで自治会長さん向けの研修会「持続可能な自治会運営」が予定されています。

飯能市自治会長研修会「持続可能な自治会運営」
日時:2014年1月17日(金)15:00-17:00
場所:マロウドイン飯能
講師:合同会社フォーティR&C 水津陽子

町会・自治会活動活性化講座 会員獲得・参加率アップ・会計講座
詳細はこちら

よくカバーする分野が広いといわれますが、地域活性化・まちづくりの基礎は、それを推進する地域のしくみや事業体づくりやその活性化が基盤です。その対象が営利の企業団体か、NPOのような市民団体か、自治町会のような地縁団体か、行政かという違いでやっていることはそれほど違うわけではありません。

自治町会活動は時代の変化の中、曲がり角にきていて、現在のシステムで持続することに無理も出てきています。自治会だけでなんとかできるものでもないのですが、そもそも自治組織でもあり、抜本的な改革にまだどの自治体も踏み出せなくて、まずは自治町会に改革を促していますが、2014年はどこかでその先に出ていくところが出てくればと願っています。
スポンサーサイト



テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

十和田市現代美術館 「アッタ」と「光の橋」と・・・

十和田市現代美術館の野外展示、こちらはアート広場ではなく美術館の敷地内にある「アッタ」と野外からも見られる館内展示です。

十和田市現代美術館の「アッタ」と「光の橋」
手前にあるのが、スペインの作家アナ・ラウラ・アラエズさんの「光の橋」。館内の展示でありながら、外から見れます。

十和田市現代美術館の「アッタ」と「光の橋」
その奥に見える巨大な赤い虫?怪獣?は、日本の椿昇さんの「アッタ」という作品です。HPには、巨大化した真っ赤なハキリアリとあります。張り切り蟻?じゃないですよ、たぶん。箱根や宇部で彫刻を見ても、正直、何かを感じることができなかったのですが、なんだろう?やはりこの作品の配置、空間設計が作品を活かすのかな~。そこが今一番の謎ですが、この美術館がすごく面白いところなんだと思います。

十和田市現代美術館の野外から見える館内展示
こちらは韓国の作家スゥ・ドーホーさんの「コーズ・アンド・エフェクト」。なんか新世紀エヴァンゲリオンの使途とかの世界を彷彿させます。      

十和田市現代美術館の野外から見える館内展示
館内はもちろん写真撮影禁止ですが、こうして外から作品が見れて紹介できるのは美術館にとってとてもプラスになっていると思います。

テーマ : 青森県十和田市 お勧め
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム