本州最南端の奇岩&絶景!串本町の魅力・見所

たびねすでの夏におススメの地域の記事、今回は和歌山県串本町のご紹介です。やーそれにしても、たびねすが最大15枚まで画像使えるようになって、使えるツールになってきました。私的にはきっちり地域の魅力を紹介したかったけど、少し前まで最大5枚でめんどかったんですよね。てなことで魅力・見所一挙公開シリーズがしばらく続きます。

たびねすNo.157 本州最南端の奇岩&絶景!
和歌山・串本町の魅力・見所を一挙紹介

本州最南端の奇岩&絶景!和歌山・串本町の魅力・見所を一挙紹介
「本州最南端のまち」和歌山県串本町は、緯度では八丈島とほぼ同じ位置にあります。三方を海に囲まれた紀伊半島の突端には、クジラの尻尾のかたちをした本州最南端の地「潮岬」、その海岸線には神秘的な奇岩や世界最北限のテーブルサンゴの群生地など、吉野熊野国立公園、ラムサール条約湿地、南紀熊野ジオパークに認定された豊かな自然美、絶景スポットが点在。近大マグロの養殖基地としても知られ、名物カツオ茶漬けも人気です。
詳細はこちら

というか、最近やたらタイトルにSNS映え使う人が多いけど、えっ、これで?って思うものも少なくないですが、今、ご紹介しているシリーズは正真正銘、一押しの絶景揃い。是非、この夏、いずれかの地域に出かけてみて頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

パンダコレクション双子仔パンダのじゃれあい-1

上野でパンダちゃんが出産しましたね。公開は半年後とのことですが、子パンダちゃん、今度は元気に育ってほしいですよね。待ち遠しさもあって、私のパンダコレクションを紐解いてみました。こちらは2016年3月に双子仔パンダの桜浜と桃浜を見に行ったときのものですが、2014年末に誕生したので1歳ちょっと、まだ小さくてかわいかったです。

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
アドベンチャーワールドにはこれまで何回行ったかな?前の双子が子どもの時に一度、この子たちが生まれた直後とこの時とで3回かな?いずれも和歌山出張の際に立ち寄ったのですが、双子はとにかくずっとくっついて一緒にいて、だいたいじゃれています。

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
かと思ったら、ごろ~んって寝転がったり。とにかく一挙手一投足がかわいくて、一瞬も目が離せません。4-5時間のうち、3時間くらいパンダを見て写真を撮ったりしていますが、全く飽きません。

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
枝の奪い合い。

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
ちょっとぉ~、どいてよね的なじゃれあいも、くすっと笑えてかわいいのです。

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
どうして違うところに行こうとしないのか?

MYパンダコレクション 双子仔パンダのじゃれあい
やっぱ、くっついていたんでしょうかね。あ~もう癒されます。また和歌山にも呼んでやってくださ~い。

テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム