FC2ブログ

国の中心市街地活性化政策の見直しとは?

平成24年末、経済産業省は「中心市街地活性化政策の見直しの方向性について」の報告書を公表した。中心市街地活性化政策の検証と再構築を図るため、学識経験者、商業・まちづくり・NPO関係者などから構成する中心市街地活性化に向けた有識者会議を平成24年11月から12月まで計4回開催し、まとめたものだ。

中心市街地活性化政策の見直しの方向性について(報告書)

富山市 中心市街地 賑わい創出拠点 富山市 中心市街地

とはいえ、その方向性はというと主役は「住まい手」。ちなみに、住まい手とは居住者と狭く捉えてはいけない。通勤・通学・観光客まで含むという。いや、もうそれ「住まい手」じゃないしと思わず突っ込みたくなるのはまだかわいくて、「そもそも中心市街地の概念自体は必ずしも歴史的・自然発生的なものではなく、どのようなまちの部分や階層を中心市街地と呼ぶかは、定義の問題にすぎないことに注意する必要がある」って?と驚愕の記述に続き、広域的な観点の中身をみると、な~る、そういうことかと。笑える~。

直訳すると、今後の中心市街地活性化政策は、コンパクトシティ政策を継続。その中身は住まい手のため、公的施設を建てまっせということです。ちなみに住まい手を居住者としないのは、それだと作れるところが限られるためで、広域的な観点とは公的施設を建てるための調整のことを指す。

まあ、こうした拠点づくりで一定の成果を挙げている事例もあるから、全否定はしないけど、ハード型の事業だけに成功するには当然、成功する理由がある。そこが担保できなければ、青森市のアウガのような破綻例を全国に増やすだけになる。

てなことで、来週は、日本経営協会(東京)さんにて、地域力を向上する「まちづくりプラン」作成実践講座。只今、テキスト作成中で、ネタ的に一つ中心市街地活性化を入れたので、ついでにまともな更新一個しておこうって感じです。魔術事典で終わっちゃうとねってことで。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム