「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)

このブログもすっかり、テキトーな感じになってしまったが、いい加減、ちゃんと更新しよう。じゃないと記憶がどんどん低下していく、今日この頃。さて、今回は昨年の秋に行った青森県十和田市にある道の駅「奥入瀬ロマンパーク」を紹介します。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
ちなみにメインの施設はこちらの物産館なのですが、ここの目玉は主に2つあるんだけど、その一つがこれ!

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
最近、近くのスーパーにおいてあるので、ヤスダヨーグルトの呑むヨーグルトがすっかり御用達になっている私であるが、それと拮抗する美味しさがこのヨーグルトです。(この夏また呼んでもらったので、今度こそ、買いだめして帰るつもり)

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
敷地内の工房「手作りハウス味楽工房」で作っているんですよ。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
ついでに紹介しておくと、この道の駅ってすごい広大な敷地で、施設もいろいろあるんですが、こちらは地ビールの工房とレストランです。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
奥入瀬麦酒館

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
そして、ステーキレストランの「味蕾館」。ブランド牛「十和田湖和牛」や以前ご紹介したご当地B級グルメの「十和田バラ焼き」が上質な肉で食べられます。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
物産館前には、りんごなどを売るおじさんがいる。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
物産館の中で、いくつか気になった商品をピックアップすると、青森ではじめて知った「嶽きみ」。天ぷらがおいしい。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
長いもかりんとう。興味深い。このでかさがなんかいい。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
板昆布、この用途がわからなかったが。気になる一品。ちなみに、この道の駅のセミナーの実施プログラムで来させてもらっているので、いささか普通の道の駅取材でないところがある。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
乾物が安くて、なんかまとめがいしたい。ちゃんとこういうのをブランド化するといいように思うけど。まあ、ここではいいや。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
ハッシュドながいもがおいしかった。揚げ物だが、なんかヘルシーな気がする。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
この道の駅は、八甲田山のビュースポットでもある。まあ、多くの人には認知されないっぽいし、この日は曇天で見られなかった。

「道の駅奥入瀬ロマンパーク」(青森県十和田市)
なんか広場も、その名のとおり広いのだけど。。。とにかく、これから新緑の季節、十和田・奥入瀬に行く方もいると思うので、良かったら、私一押しのヨーグルトを試してみてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 青森のあれこれ
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・経営コンサルタント。1998年より、全国で地域活性化・まちづくりのコンサルティング、講演、執筆を行っています。本ブログ記事は、2009年10月以降に取材したものです。

水津陽子著書:新刊本
水津陽子関係リンク
日経ビジネスonline連載
日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」 2014年3月、連載スタート! 日経ビジネスオンライン「日本人が知らないニッポンツーリズム」
たびねすナビゲーター
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
無料メールマガジン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
講師依頼システムブレーン
講師依頼Speakers.jp
QRコード
QRコード
検索フォーム