FC2ブログ

石見の旅~島根芸術文化センター「グラントワ」

益田市~島根県芸術文化センター「グラントワ」
島根県益田市グラントワ
文化センター・・・通販会社?というネーミングがイマイチだが(センスなさすぎ)、建物のコンセプトは「美術館」と「劇場」が一体となった施設で、建物には石州瓦(せきしゅうがわら)が全面に使われています。カラーコンサルタントがいう色の法則と照らしても、中国地方はその緯度から、この石州瓦の色がとても映えます。本当に風土に合った色というのは意味があり、美しいものです。

島根県益田市グラントワ
建物の外も中も、この石州瓦の色で統一されています。ただ、この日は何の模しものもなく、館内はひっそりとして、駐車場もガラ空きです。大丈夫なんだろうか・・・。日本でも有数のハコモノ県です。これを有効に生かしてほしいと願うものです。

島根県益田市「グラントワ」
ミュージアムショップなどもあります。結構、これまで島根県西部(大田市以西の石見地域のことをいいます)にはないタイプ、洗練された文化施設として意義深いですが、でも、なんていうか、ちょっと中途半端。石見文化のセレクトショップ感がないのが悲しい。石見という文化への誇りと愛着が感じられない、というと言い過ぎか。でもハートがね、熱くならないんだ。人の心を動かす独自性がもっと欲しい。

ま、でも、東京のゲストを連れて来たら、少しは喜んでもらえる施設ではある。だからこそ、そこが欲しい。ここに来るために来ました。そういう客を作らないと、ここは地域に貢献できない。

島根県益田市グラントワ
外には、石見神楽から来ているのか。こんなモニュメント「おろち」がある。口に手を入れると・・・という話があったり、変なマスコットキャラクターがいるのも、ちょっとイラっとするが、まあ、子どもが遊ぶにはいいのかな・・・と思ったりするけど、やはり、もっと違うことにお金使うといいんじゃないかと思う。文化とは人を作ることだ。

島根県益田市グラントワ
この日(特別な模し物もなかったので)、グラントワで一番良かったのが、このワッフルセット。悲しいことに、浜田や益田にはおしゃれにお茶できるカフェがほとんど存在しない。この日は、友人とドライブして益田まで来てみたが、他になかったので、そもそも、ここにはお茶しに来たのですが、このセットは結構美味しかったです。1000円はしなかったと思う。

難を言えば、接客。単に物を運ぶウエイトレスという意識しかない、また、それをよしとしているところが外部委託なのかもしれないが、経営が甘い。ここは益田市の代表的観光施設でもある。自分がまちのホスピタリティを示す役割であることが全く意識されていない。味は良かったけど、餌やりに来ているんじゃない。特別な空間、時間を過ごしに来ている人たちを楽しませる、そういう意識を是非持って頂きたいと思う。

一人でもいい、島根の、益田のファンを作るんだ。そういう気持ちがないなら、こんな施設は何の意味もない。

島根県芸術文化センター「グラントワ」 http://www.grandtoit.jp/
Allいわみ 石見地域の観光情報 http://www.all-iwami.com/
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム