FC2ブログ

和の暮らしに生きる石州半紙・石州和紙(浜田・三隅)

浜田市三隅「石州和紙」とユネスコ文化遺産「石州半紙」

島根県浜田市三隅「石州半紙・和紙」
東京から飛行機で一時間半、萩・石見空港(益田市)から、浜田市へは車・電車とも、一時間弱。その中間にあるのが、浜田市三隅地区(旧三隅町)です。ここには、石州半紙、石州和紙があります。石州は「せきしゅう」と読みます。

ユネスコ 無形文化遺産 石州半紙
石州半紙は、ユネスコ無形文化遺産一覧表76件の一つとして、2009年に記載されました。今回、「石州和紙会館」にお邪魔し、その製作工程や作品などを見たり、和紙を使ったうちわづくりに参加してきました。

三隅 和紙会館
和紙の材料は、三椏(みつまた)、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)です。その材料の違いも、実際の展示で見ることができます。

浜田市三隅 和紙会館
こちらの和紙の凹凸模様は水滴を落としてできるものだそうです。面白いですよね。

三隅 和紙会館
布のように見えますが、和紙です。

和紙の服 三隅 和紙会館
こうした洋服のかたちになったものもあります。実用的かとか、着心地とか、取扱いのしやすさやコスト面を考えると、こういうこともできますという事例かもしれませんが。

島根県浜田市三隅「石州和紙」
でも、このバッグはデザイン性も優れていて、買えるのなら、買って帰ろうかと思ったくらいです。フェアトレードで、バングラデシュのジュートを使ったバッグを製作販売しているファッションブランドの「マザーハウス」のように展開していくこともできるのではないかと感じますが、今は参考展示ということでした。

浜田市三隅 石州半紙・和紙 和紙会館
面白いと思うのは、やはり、こうしたインテリアデザインなどの分野。建材や照明の分野、店舗はもちろん、様々な企業用途での活用、特にオーダーメイド品の提供が可能ではないかと考えています。まあ、自ら販路開拓し、売り込んでいく姿勢が前提ですが、伝統工芸の現代での活用には、漆器で成功事例もあるが、戦略性が必要だと考えている。

ただ、今は、具体的な用途=ニーズを想定して作っていないようなので、原石としての可能性。店舗デザインなどで、オンリーワンの店づくり、トータルコーディネートなどの提案ができれば、販路もないわけではない。

三隅 石州和紙会館
単にモノを売る、置いておけば売れる(と思っている)ものを作っている発想から、そこへシフトし、ビジネスモデルを構築できれば、結構、でかい産業に化ける可能性がある。これは、ここだけの問題ではなく、地域資源活用に取り組む全ての地域に共通した問題点であるが、それをできた地域とできない地域で、地域の豊かさの格差は広がるだろう。

三隅 和紙会館
こうしたものも、今や、もう一度、リバイバルできる商材ではある。あとは、仕掛けていくかどうか。生かさないと、もったいない。いや、私たちは職人、伝統技能だから、そんなこといいんですよと言われれば、それまでだが、地域の産業振興として根幹の問題に入ってくる。もちろん、地域のやる気が大前提だが、金城の神楽衣装・面の技術、弥栄の西陣織の技術と併せて、私なら、これを文化振興ではなく、産業振興の重点戦略として推し進めるだろう。

三隅 和紙会館 印刷用の和紙
面白いと思ったのが、この紙。印刷できる和紙は、量販店でも見たことがあったが、こうした使い方ができる。

島根県浜田市三隅「石州半紙・和紙」
印刷したものを丸めて、ランプシェードにする。お気に入りの絵や写真で作れば、オリジナルの灯りがつくれる。(量販店のものも同様にできるかは?)

三隅 和紙会館 うちわづくり体験
さて、今回は、和紙を使った「うちわ」づくりに挑戦してみました。自分で和紙を染めて、その紙でうちわを作るのです。

和紙会館 三隅 うちわづくり体験
こちらは、葉っぱを配してデザインするタイプです。空いた空間には、自分で作った短歌を書き入れるそうです。

島根県浜田市三隅「和紙体験」うちわづくり
こちらが私の作品。ちょっと江戸っぽい。前回、輪島塗での失敗(先生の手直しをしてもらって、自分の趣味とは違うものになり、愕然としたこと)に懲りているので、もう少し白い部分をなくしたほうがいいという作家さんのアドバスをきっばり拒否。正解だった。(ちなみに、その時の失敗がこれねっ、ダサいでしょ?)

三隅 和紙会館 体験
ちなみに、これが見本で見せられたもの。好みの違いってすごいものがある。性別や年代の違いかもしれないが、もし、最後、これができたら、私死にます。いや、ゼッテー嫌だ!

三隅 和紙体験 うちわづくり
これも、ほら。なかなか、おしゃれ。

また、当然なんだが、遊んでいるように見えて、私はきっちり仕事目線で見ていたので、こうした体験学習の課題もここできっちりまとめました。(昨年秋から様々な体験リサーチをしていたので、それを入れてという意味ですが)今、各地で、こうした体験学習の取り組みがなされているが、それが売り物となり得ているものは極めて少ない。

それでいいというものもあると思うけど、そうでないものを作りたい地域向けに、秋以降、この体験講座の作り方講座を提供していく予定です。興味のある地域の方は、また、お声かけくださいませませ。

石州和紙 http://www.sekishu.jp/index.html
All石見 石見地域の情報 http://www.all-iwami.com/
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム