FC2ブログ

恋するまち(14)日南線観光特急「海幸山幸」の旅

あれから一年が経とうとしている。2010年3月宮崎県小林市さんのお招きで宮崎に行った折、運よく「海幸山幸」に乗ることができた。とにかくJR九州というと、魅力的な列車が多いのだが、この日南海岸を走る「海幸山幸」は中でも特別だ。恋まち認定第14号は、宮崎日南海岸「海幸山幸」です。

CIMG8712_20110212163157.jpg
予定していた宮崎市の中心市街地の取材が思ったより時間がかからず、宮崎で丸々一日時間が取れた。朝早く、小林市を出て、宮崎駅に戻ると、その足で「海幸山幸」の乗り場に行った。指定券は全て売り切れ。乗るには僅か9席の自由席のうちの1席をゲトするしかない。その木でできた美しい車体を眺めるのはその後だ。

CIMG8711.jpg
ホームに上がると、すでに海幸山幸の姿があり、一気にテンションが上がる。

CIMG8732.jpg
車両は「海幸」と「山幸」の二両。こっちは「山幸」側の車両の正面。

CIMG8725.jpg
まだホームに人はまばら。一人掛けの自由席にまず荷物を置き、確保し、再び、ホームへ。

CIMG8734.jpg
すごい・・・!日本万歳!

CIMG8715.jpg
この列車を手掛けたのは、数々の名列車(つばめなど)のデザインを手掛け、グッドデザイン賞なども受賞した工業デザイナーの水戸岡鋭治さん。なんて素敵で遊び心があるんだろうか。

CIMG8716.jpg
こっちは「山幸」。二つの車両の連結部分は、こののれんをくぐって行き来する。二つの車両は微妙にデザインが異なる。ので、二つの車両を行ったり来たりして、楽しむ。

CIMG8717.jpg
こちらも自由席の一部、5席分。

CIMG8731.jpg
こっちが「山幸」側の自由席。こっちが2席。ということは、一人掛けの自由席は2つか。だって全部で9席なのだ。

CIMG8723.jpg
貴重な一人掛けの自由席の一つ。

CIMG8781.jpg
席がなかったら、ちょっと乗って下りようと思ったけど、席が確保できたので、南郷まで1時間43分の旅に出ることした。

CIMG8736.jpg
車掌さんっていうか、なんだっけ?名前があるんじゃないかと思うんだけど、女性の方もいて、制服もカッコイイし、接客も最高なのだ。

CIMG8727.jpg
灯りも装飾もこだわっている。

CIMG8795.jpg
日よけも和にこだわる。

CIMG8737.jpg
くーっ、シビれる。なんてわくわくするんだ!

CIMG8741.jpg
とにかく落ちつけ!って感じなテンションだった

CIMG8730.jpg
ここはトイレですよ!

CIMG8798.jpg
中は自分で確かめてください。

CIMG8718.jpg
こんなコーナーもある。ここでグッズとかを買ったりした。

CIMG3200.jpg
普段だったら、絶対に買わないものまで買ってしまった。冷静になると、これどうする?ってなる。(今見て思うのだが、その時は大興奮で考えなし。これどうすっかな、誰か欲しい人いたら、あげるけど)

あ、あと、乗車証明のスタンプ。こういうの大切だよねー。ホント楽しいよ。押してもらう時とか、子どもかっていうくらい、はしゃぐ。(かわいくねーぞって?んな、分かってるってば)

CIMG8784.jpg
こんな細部にまで、こだわりが・・・素晴らしいよ。

CIMG8764.jpg
鬼の洗濯板では、電車が減速、というか、ほぼ停車して、乗客に写真撮影タイムを作ってくれる。ファンタスティック宮崎日南海岸!JR九州ってホント優秀だよ。

CIMG8805.jpg
飫肥(おび)駅では、しばらく停車。駅で特産品の販売をしている。唯一、「海幸山幸」で難があるとしたら、それは食べ物の販売がないこと。

CIMG8810.jpg
で、何か食べ物を探したけど、特産品のさつま揚げとかもあったけど、とりあえず、この「飫肥せんぺい」で誤魔化すことにした。(宮崎駅ついて、速攻ホームに向かったので、何も買えなかったんだよねー)

CIMG8811.jpg
この「飫肥せんぺい」美味です。上品で、何枚でも食べれる。でもなー、なんかおにぎりとかさ、押し寿司みたいなものとかさ、あったいいのにね。

CIMG8813.jpg
トンネルに入ると、こんな感じ。うーん、素敵ですじゃ。

CIMG8824.jpg
ここは油津?南郷?とにかく、終点近くの日南海岸。本当にただ列車乗ってるだけで楽しかった。ちょっと感動して泣きそうになる。(とにかく海が好き。しかも、しばらく海見てなかったりする)

CIMG8837.jpg
終点「南郷」駅に着くが、売店すらない・・・お腹空いた~。腹ペコじゃ。

CIMG8829.jpg
駅にはこんなサービスもあるが・・・

CIMG8833.jpg
なので、駅近くで唯一食べるものが売ってた饅頭屋に入り、飢えをしのぐ・・・。甘っ!

CIMG8831.jpg
ちなみに、南郷に着くと、帰りはこのバスを利用することもできる。

CIMG8830.jpg
三時間かけて宮崎に戻る。観光バス「にちなん号」。途中、鵜戸神宮に50分ほど停車する。でも、私はどうしても「油津」に行ってみたかったので、パスしたが、後で考えたら、これで鵜戸神宮行って戻ったら良かった気がする。まあ、それはまた油津のところで書こ。

でも、何にせよ。海幸山幸は最高だった。ちなみに、帰りは油津から、また海幸山幸に乗って、宮崎に戻った。帰りは油津を4時頃出て、宮崎に5時過ぎについて、そのまま空港に向かったのでした。

そうそう、「海幸山幸」は毎日運航しているわけじゃないから、ちゃんと運行日を調べてね。春休み、夏休みなどを除くと、月に10日程度、通常土日運行です。指定席は結構早くに売り切れるので注意。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム