FC2ブログ

縁結び「八重垣神社」スサノウ・稲田姫壁画(松江)

CIMG3567.jpg
八重垣神社に女子たちが押し寄せるようになったのは、ここ数年だろうか。「婚活」や「パワースポット」のブームに乗り、縁占いの「鏡の池」もあって、この日も女性が大挙して押し寄せていた。正直、ちょっと怖いが、20-40代の未婚女子にとっては死活問題?最大の関心事だから、仕方ないよね。

CIMG3568.jpg
ちなみに、私の目的は、もちろん仕事関連で、一度、宝物庫に収められている「スサノウ」と「イナダヒメ」の壁画を見ておこうということだったんだけど、私がいた20-30分くらいの間に100人近い女性たちが来たと思うが、誰一人、ここを見る人はいなかった。なんだろうね。この神社のいわれ、わかってんだろうか??

CIMG3571.jpg
ただ、壁画は撮影禁止なので写真はない。

CIMG3587.jpg
まあ、私は神に祈るより、アタックすればいいんじゃないかと思うんだけど。鏡の池はおびただしい縁占いの紙で埋まって、なんか気持ち悪かった。こんなこと言っちゃいけないけど、見たら、うわ~怖~ってなるくらいの量だった。あれ一日分とかなんだろうか?(鏡の池の写真は、そんなこんなで気持ち悪いのと、何より女性たちが池の周りに二重三重にいて、池を撮るっていうより、人を撮る状態だったので断念)

CIMG3583.jpg
八雲立つ、出雲八重垣・・・」とうたわれたところから、八重垣神社と名付けられた。

CIMG3593.jpg
結構、渋い神社だが、こう喧騒にまみれてしまうと、ゆっくりするところでもなくなり、いささか、いや、かなり興ざめする。仕方ないことかもしれないが、稲田姫もどう思っている事やらである。

CIMG3569.jpg
こうしたものの写真を撮るものはほとんどない。

CIMG3592.jpg
こうしたものをゆっくり読むこともなく。

CIMG3591.jpg
とりあえず、そそくさと記録写真を撮り。

CIMG3588.jpg
こうしたところも、雰囲気はあるが

CIMG3589.jpg
立ち止まることもほとんどなく、帰って行ったのであった。そう広くない敷地だけにどこかゆっくりするところがあればよかったと思いつつ。ただ、壁画は極めて美しく、これだけを見に行く価値は十分にある。すっかり、縁結びなどと縁がなくなった諸子にもお勧めの地である。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム