FC2ブログ

開府400年「松江城」-唯一の正統天守閣の城

私もそこそこ、いろんな城に登りましたが、松江城は築城400年。全国に現存する12天守のうちの一つ。国指定の重要文化財です。 唯一の正統天守閣ともいわれています。日本三名城の一つに挙げられる熊本城は40年前に再建され、中はコンクリートで、古い市役所の庁舎みたい。収蔵品もほとんどなくて、本物は横にある櫓のみ。そういう意味では松江城は収蔵品はトップクラス。でも、国宝にはなれない。それはやはり地味な外観とか、スケールが小さいからなんでしょうか。

※写真が多いので結構長いです。さらさら流して見てくださいませ。

CIMG3649.jpg
基本、城は時間がある限り、全部歩いて回ります。

CIMG3650.jpg
松江城の場合、表から登っても、裏から登っても、城はすぐそこにあります。宇和島も近いけど、坂道登っていくから、城に登る高揚感を味わいつつってあったし、高知もすぐそこに見えるけど、結構石段上がっていくし。宇和島城は小さいけど、優美だし。あと、高知城は世界観がすごかった。あそこは収蔵品もすごいし。これまで登った中では高知城が一番好きかな。

CIMG3651.jpg
城に登る高揚感は確かにないよね。(後から出てきますが、松江城は正面から上がると、いい感じになると思います)

CIMG3646.jpg
ちょいさかのぼりますが、ちなみにこっち方面から上がってきました。裏手のお稲荷様に行った足で城に向かったんだよね。

CIMG3647.jpg
看板をゆっくり読む時間がなかった。日が傾き始めているし、時間内に登城しないとってことで。

CIMG3648.jpg
順序的にはこうですね。
CIMG3655.jpg
城が見えてきて、さっきの石垣回り込むとこんな感じかな。この木の感じとかがイマイチなのかな。

CIMG3657.jpg
樹木とか、自然に生えた感じが、手入れされてない感じを生んでいるだろうか。

CIMG3658.jpg
この道も、結構地味で、ふと、実家のある浜田市の城跡のある城山の荒れ果てた山道とかを思い出してしまう。そういう意味では、熊本城って城自体はイマイチだけど、城全体の空間、世界観を味わうということでいえば、本当に満足度はあるんだよね。どっぷり異次元トリップできて、内省する時空扉が開くんだよね。(人と一緒に歩いちゃダメだけどね)

CIMG3659.jpg
もっとも歴史的価値みたないことでいえば、このその時代のまんまなのかな?という石段も味わい深いんだろうと思う。でも、なんていうか、もしそうだとすれば、情報提供が不十分だ。城跡ということでいえば、竹田市の岡城址は本当に美しいし、歴史ロマンにあふれていた。巻物の案内図も楽しかったな~。

CIMG3662_20120115095215.jpg
裏から上がってくると、こんな感じ。

CIMG3664.jpg
近づいていくと、こんな感じ。

CIMG3666_20120115100622.jpg
正面に回ると、こんな感じ。

CIMG3668.jpg
島根の県民性がにじみ出たような、地味な・・・華やかさは0だな。オレオレみたいな人、島根にはほとんど皆無で、誠実さでいえば47都道府県一ではないかと思っているんだけど。良く言えば、いぶし銀的な?

CIMG3669.jpg
でも、中に入ると、感動ものの収蔵品。

CIMG3670.jpg
すごい、って思います。写真撮影禁止ってなかったから、写真撮ったけど、良かったよね。松江城のホームページって、そういう情報ほとんどないし。もっと収蔵品アピールしなよって思う。つくづくPRの下手な県だよね。個人的には、ビジネスのためには何でもする人たちがあふれている東京にいると、愛すべき地域だとは思いはするんだけど。これこそ、おもてなし、ホスピタリティってこういうことなんだと思うんだ。その思いやりが表に出ないと、観光ってダメだと思うんだ。

CIMG3671_20120115100619.jpg
ゆっくりみている時間がなくて解説できなくてごめんですが、とにかくそこここにすごい収蔵品が。

CIMG3672_20120115101932.jpg
いや、すごいですよ。

CIMG3673_20120115101931.jpg
ゆっくり、ひとつひとつ吟味して見れたら良かったけど。時間ないし。

CIMG3674_20120115101930.jpg
すごい収蔵品だし、空間的にも歴史を感じます。

CIMG3675.jpg
これとかも美しいんだけど、説明がね。ユーザビリティ的に、一つ一つに説明が簡単に示してあるといいんじゃないかと思うんだ。価値をわかって、ゆっくり味わってもらって、記憶に残って、口コミとかしてもらうってことができない観光資源になっている気がするんだ。せっかく価値があっても、価値って価値あるものだとわかってはじめて、価値として成立するものだからさ。

CIMG3678.jpg
本物だけが出せる味がある。これは熊本城の中では絶対に味わえない。

CIMG3680.jpg
こういうものにしびれます。

CIMG3683.jpg
くーって。

CIMG3685.jpg
雰囲気あるでしょ?城にいるって感じがすごいする。

CIMG3686_20120115102850.jpg
400年前のまま?

CIMG3687_20120115102850.jpg
天守閣からの眺め。

CIMG3690_20120115102849.jpg
向こうは宍道湖。夕日がきれいな日だったら最高なんだけど。ここは山陰。個人的に夕日に染まった宍道湖を見たことはない。いつも鉛色なんだよね~。

CIMG3691.jpg
若干、日の光が・・・

CIMG3692.jpg
桜もそろそろ、場内にはぼんぼりが。

CIMG3695.jpg
日が落ちていく。ゆっくりする間もなく、降りまする。

CIMG3700.jpg
こちらが正面。後ずさりながら。

CIMG3702.jpg
ほら、ぼんぼりが。ちょっとピンクが入ってかわいい。

CIMG3706.jpg
桜が開き始めていました。

CIMG3708.jpg
2011年は開府400年祭でした。(2011年のうちに書こうと思っていたけど、年越しちゃって過去の話になってしまいましたが、ちなみに島根は2012年古事記1300年祭やっています)

CIMG3710.jpg
正面から入っていくと、案内板があります。でも、基本、場内にこうした案内版が少し少ないのかしら。

CIMG3711.jpg
何の神社だっけ?とりあえず、松江城のホームページはこちらで、内容は確認してくださいませ。

CIMG3712.jpg
正面横にはこの洋館もあります。

CIMG3714.jpg
個人的には、こういう風景が好きです。

CIMG3718.jpg
逆再生みたく、正面出口に向かっております。

CIMG3721_20120115104805.jpg
階段を下りていくと、お堀の方に出ます。

CIMG3723_20120115104804.jpg
やはり、城は、正面から登るのが正解ですかね。こっから登ると高揚感あるのかも。

CIMG3722_20120115104804.jpg
こういう風景が城っぽい。

CIMG3725.jpg
さよなら。

CIMG3726.jpg
水があると美しい。

CIMG3727_20120115105423.jpg
ちょっと風情に浸れる。

CIMG3728_20120115105422.jpg
と思いきや。。。景観より、商売的な・・・

CIMG3731.jpg
城の周りの安っぽい幟は景観を台無しにします。海外の歴史的建造物でこういうことしているところってないと思うんだ。日本の観光も、本物を見る時代に入っている。もう20世紀の観光めぐり、土産物観光は終わっているんだから、こういう景観を乱す、美意識の欠如の問題は解決してほしいと思う。

CIMG3729.jpg
堀をめぐる船があります。時間がなくて、乗れなかったけど。乗ってから、城に入るといいかもです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム