FC2ブログ

映画と坂のまち、尾道の旅(1)千光古道さんぽ編

びっくりしたことに広島ネタは初なんですね。ぶっちゃけ、取材したネタ、相当眠っています。あれ~っ・・・?です。とりあえず、ゆえあって尾道からいきます。ちなみに、このネタ、2009年11月のものです。いやはや、ビツクリです。

onom2010.jpg
JR尾道駅。尾道へはJR広島駅から新幹線を使いJR福山駅まで行き、そこから山陽本線に乗り換えた場合、JR尾道駅まで所要時間はおおよそ50分前後です。福山まで来たのなら、鞆の浦まで行って、来るのもありかと。(鞆の浦はまた書きます~)

onom2023.jpg
線路沿いに15分ほど歩くと、坂の入口があります。(先には「ロープウェイ」もあります)位置的なものはこちらのマップのコースが近いかも。

onom2028.jpg
千光寺様へ上っていく「千光古道」、石段の道です。

onom2035.jpg
坂道ロマン・・・坂道ってどうしてこんなにもワクワクするんだろう。

onom2041.jpg
坂を上りながら、ニヤける感じ、わかるかな~?

onom2033.jpg
坂道、脇道、横道、謎空間です。セブン先輩~!(byバトスピ)

onom2037.jpg
分かれ道は、まち歩きにとって、一種のコイン投げのようなもの。どっちに行く?その選択はゲームに似ているよね。

onom2046.jpg
丁寧寺の三重塔です。ちなみに、この日、尾道の滞在時間は3時間くらい。(先日夜着いての翌日朝からの~)走って千光寺目指して上がっております。この後、たぶん、呉に行かないと行けなかったんだよね。この辺はまだまだのんびりしてたけど、後半とか坂をダッシュする女でした。

onom2049.jpg
これ何だったっけ?言っても、3年も前の話ですしね・・・えーっと、たぶんですが、何かの情報。お店とか?不動産とか??でもさ、こういうのが楽しいんだよね。まちを歩いていろんなものを発見するの。この味は、○億かけて町並み整備しても公共工事にしか見えない、整形美女的まちには出せない味なんだよね~。謎も陰も何もないまち歩いて、どこが楽しいのかって話で。

onom2051.jpg
あ~たまんない。いい味出してるよね。さすがだよ。しびれるよ。そりゃ、映画も撮りたいって。このトタンの寂れ具合、いやいや。

onom2052.jpg
こういうところでお茶の一杯もしたかった・・・つくづく。

onom2053.jpg
人がいて、ここを愛して、暮らしている。それが滲み出ているよね。

onom2055.jpg
緑に縁取られた道。この絶妙な道幅。両手を伸ばせば、一尋。その世界観がね~、すごいですよ。

onom2056.jpg
この側溝の感じ。うわぁ~、分かってくれるかな。すげ~、参る。

onom2057.jpg
なんて美しい坂なんだ。

onom2059.jpg
もはや、頬ずりしそうになる。

onom2080.jpg
上った先にはここが・・・こんな美しい坂、完璧な坂道ってほかにあるだろうか。少なくともベストテンには入るよね。雄叫びそうになる坂であった。坂には物語がある、物語が生まれる。坂なめんな!って感じっすかね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム