FC2ブログ

彦根城登城記(4)「玄宮園」と茶室「鳳翔台」編

彦根城・黒門参道
彦根城本丸・天守の裏にある「黒門参道」を下りていくと、黒門橋があり、「玄宮園」あたりに出る。茶室の「鳳翔台」などがある大名庭園からは、彦根城を臨むことができるのだけど、そちらへ下りていく人はほとんどいない。

彦根城・黒門参道
彦根城は城入口の表参道からすぐに本丸になる。天守には歩いて10分もかからない。彦根城の天守は国宝なのだけど、城の規模としては結構小さくて、松山城みたいに登城というスケールの大きさや面白みには若干欠ける。

彦根城・黒門参道
この山道も結構短くて、すぐに橋に着く。

彦根城・内堀
この辺りは少し風情があるが

彦根城・黒門参道
門を出ると近代的な建物などもあり、道も整備されているので、まち歩きを楽しむ感じではないのだけど

彦根城・内堀・玄宮園
桜が咲く頃は見事ではないだろうか。それにこの日はこんな雨だし、ここまで来る人はよほどの物好きか暇人だ。ここで会ったのは若いカップル1組と中高年の男性が一人だけ。

彦根城・玄宮園
玄宮園に入ろうかどうか迷ったのだけど、とりあえず、ここまで来たのだから、一応仕事だし、見るかって感じで入っていきます。

彦根城・玄宮園
茶室の脇を抜けて、庭へと入っていきます。

彦根城・玄宮園・茶室
晴れていたら素敵なのかもしれないけど、この日は誰もいないし、茶室でお茶を頂けたりもしません。お茶を頂ける日もあるようなので、いい時に行くと良いと思います。

彦根城・玄宮園・茶室
茶室の向こうにお城が見えるのわかるかしら?
彦根城・玄宮園
こんな感じで。

CIMG7307.jpg
この手の庭園は、ここを舞台とする人がいて初めて絵になるといつも思います。花鳥風月ではないですが、鳥でもいて、魚でもいて、この庭園を彩るものがないと絵にならないところがあって。

CIMG7308.jpg
花でも咲けばまた違うのでしょうけど。1月ですしね。一番寂しい時ではあります。雪でもあったら、それはそれで素敵なんだけど。(というかこの後ものすごい雪が降ったんですよね。私帰った数日後50センチくらい?)

CIMG7311.jpg
茶室は残念だったな~。彦根のお菓子とか頂いて、庭見てお薄でも頂けたらね~。

CIMG7312.jpg
屋形船だって乗りたかったな~。きっとそしたら、すごく楽しかったと思います。

CIMG7314.jpg
こちらは梅?と思ったら

CIMG7316.jpg
二季咲桜でした。珍しいもの見れて、これは嬉しかったです。

CIMG7320.jpg
ここを出て夢京橋の方に歩いていきました。

CIMG7317.jpg
そうだ、もう一つ。こちらのミラーのかたちが、お城?お屋敷?を模ったものになっていました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム