FC2ブログ

和歌山電鉄の旅(3)いちご・おもちゃ・たま電車

いちご電車
和歌山電鉄貴志川線といえば、3つの特別電車「いちご」「おもちゃ」「たま」の三つがあります。地域資源活用の視点で、駅や電車を「旅客事業」だと考える人はいないけど、とはいえ実態は未だその域を出ずという地域・事業者が少なくありません。それでも鉄道については銚子電鉄をはじめとして破たん寸前から黒字化に至った成功事例も少なくなく、それ自体が観光化しているものも増えています。今回三つコンプしました!

いちご電車
一番最初に投入されたのが「いちご電車」。デザインもさることながら、そのコンセプト、ネーミング。赤と白のみんなに愛されるショートケーキみたいな電車。

いちご電車
内部もいちごデザイン。

いちご電車
ソファも。

おもちゃ電車
次に投入されたのが「おもちゃ電車」

おもちゃ電車
この電車の楽しさは外観より中にありかな。

おもちゃ電車
ガチャガチャがあったり。

おもちゃ電車
おもちゃがあったり。

おもちゃ電車
テレビで情報が流れてきたり。とにかく小さな子供を連れた親子、おばあちゃんと孫など、子どもが楽しく遊べる。親子でお話したり、絵本を見たり、いろいろしながらここに来ること、電車に乗ること自体が目的化している。

おもちゃ電車
ここにはベビーベッドがあったりして、赤ちゃんを連れてきてもOK。赤ちゃんを寝かせて、お姉ちゃんと会話してあげることもできる。ここでどんな時間を過ごしてほしいか、どんな思い出を創ってほしいかイメージして作られている。

おもちゃ電車
椅子のデザインもとにかくものすごいいろいろなのがあって、あっちに座ろう、こっちに座りたいって思う。ちなみに、早めに行ったり、最後に下りたりして写真撮っているので人がいないように見えるかもですが、実際には席は7-8割埋まっている。(土曜日だったかな?)

おもちゃ電車
のれんといえば、水戸岡さんだ。

たま電車
しかし、やっぱり、一番はこれかな。一番最近投入されたのが「たま電車」。

たま電車
三つのうち、時間がない時どれに乗るべきっていったら、やはりこれを勧める。

たま電車
だって、究極かわいいし、こだわっているから。

たま電車
外観もたまちゃんがかわいいんだけど、中もね。

たま電車
本棚。

たま電車
こっちにも。

たま電車
あ、たま!

たま電車
のれん、くぐるのが楽しい。

たま電車
いたるところに。

たま電車
ドアだって。

たま電車
ほら、こんなところも。

たま電車
床だって。

たま電車
乗ってるだけで、しあわせになれる。

たま電車
ずっとふにゃふにゃしてしまう、笑ってしまう。おい、しっかりしろ!的な感じになる。貴志川線がたんなる猫駅長の鉄道じゃない。一つの地域再生ビジネスモデルたるゆえんである。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム