FC2ブログ

ラムサール条約と条約湿地

DSCF0604.jpg

ラムサール条約とは、1971年、イランのラムサールで開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」において採択された「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」のことです。開催地名にちなみ、一般に「ラムサール条約」と呼ばれています。日本には現在37ヶ所の条約湿地があります。

漫湖は、そのラムサール条約湿地の一つで、平成15年に登録されました。那覇市と豊見城市の市街地の中を流れる国場川と饒波川の合流点に広がる河口湖です。シギ・チドリ類、カモ類、クロツラヘラサギなど、水鳥など渡り鳥の渡来地にもなっています。干潮時に大規模な干潟があらわれます。

出典:環境省「ラムサール条約と条約湿地

芽基本原則「賢明な利用(Wise use)」について
人類は、湿地とそこに生息する多様な生物の恵みを受けてきました。その姿を子孫に伝えられるよう守りながら、湿地からの恩恵を受け、利用していくことが賢明な利用です。伝統的な狩猟、漁業などは、これまでその地で代々受け継がれ、続けてこられた"賢明な利用"です。適正に管理された観光利用もまた、"賢明な利用"です。

出典:IUCN(国際自然保護連合)日本委員会「ウエットランド(ラムサール条約)」

芽世界のラムサール条約湿地
ラムサール条約事務局ホームページ(英語)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 沖縄
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム