FC2ブログ

金沢一の老舗旅館すみよしや旅館「赤壁の間」

今回、金沢一の老舗旅館すみよしやさんに泊めて頂いたのですが、その際「赤壁の間」を見せて頂くことができました。歴史もさることながら、日本の美しい宿として、恋する宿の一つに加えたいと思います。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
金沢に見られる「青」「赤」「緑」の壁の色。青は武家、赤は商家の色と聞いたのだけど、この鮮やかな色はここ金沢という土地にとても合っている。日本海側にあり、冬は曇天に覆われる金沢。そこにこの鮮やかな色はとても映える。私の写真力が乏しいので、実際の美しさが伝わらないと思うが、この赤は鮮やかに見えて抑制された渋い赤なのだ。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
泊まり客がなかったので、朝ちょっと見せて頂いたので、急いで撮ったこともあって、なんか焦りが写真に出て、イマイチ素晴らしさが伝わらないと思うけど、加賀友禅とか着てここで写真撮ったらとても素敵だと思う。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
こんなすごい部屋だけど、宿泊料金も決して高くない。一人ではもったいないので、家族や友人などとの旅行で利用したいところだ。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
調度品もレトロだ。この黒皮の椅子はこの赤に良く合う。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
すみよしや旅館は寛永15年創業。360年の歴史を誇る金沢で一番古い老舗旅館。宿泊客の中には日本地図を作った伊能忠敬もいるそうです。1803年に一行7名泊まった記録があるそうです。(ご主人のインタビュー記事)

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
今回私が泊まったのは赤壁の間ではないのですが、朝食を頂きました。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
これが地元加賀野菜を使った料理で、実に美味しかったです。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
ちなみに宿の裏手には近江町市場が徒歩1分のところにあります。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
せっかく金沢に行くなら、一泊はこんな素敵な宿に泊まってみたいですよね。

金沢一の老舗旅館すみよしやと「赤壁の間」
お隣は骨董屋さんかな?立地も最高。あとおかみさんが優しくて、ホスピタリティも高い宿です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム