FC2ブログ

夏休みの最後はどこに行く?Where am I?

は~い、皆様。夏休み最後の週末いかがお過ごしですか?私めは今朝までここにいました。
CIMG5763.jpg

もう一枚。で、ここが何処か、わかりますかしら?
CIMG5564.jpg

ここで、今日の夕方、「夕日いさり火神楽」が開催されます。ちなみに、これは昨日の夜の様子。昨日はちょっと夕日がイマイチでしたが、今日はどうかしら。東の空の下、オレンジの空になるように祈っています。
CIMG5609.jpg

イベント概要はこちら。私のレポートはまた今度~。戻って来て早々、また締め切りが~・・・

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

神話のふるさと島根~宍道湖の夕日(松江)

島根県松江市は、私が生まれたまちなのですが、7才までしか住んでなかったので、イマイチふるさと感がない。でも、一応、島根に30年は住んでいたんだし、そこそこ知ってはいるけど、そういえば、宍道湖の夕日ってほとんど見たことないなーと思って、今回、ちゃんと見てみよって、夕日スポットに行ってみました。

CIMG3734.jpg
西嫁島を臨む「宍道湖夕日スポット」には、多数見物人が、日没の数十分前から集まってきていました。最終的には100人は超えていたんじゃないかな。私は西嫁島の真ん前に陣取りました。

CIMG3756.jpg
キラキラ・・・金色だ。

CIMG3776.jpg
時間の経過とともに、色は変化する。

CIMG3851_20110402191821.jpg
季節によって、夕日の落ちる位置は移動する。春、この季節はここ。海とはまた違った夕日の佇まい、風情がある。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

東京で食す浜田港直送ブランド魚「のどぐろ祭」

CIMG9375.jpg
2010年9月首都圏中心に展開する居酒屋チェーン「一六堂」で、島根県浜田市、日本有数の漁港「浜田港」のブランド魚「のどぐろ」を産地直送で味わう「のどぐろ祭」が一ヶ月に渡り開催されました。故郷のイベントということもあり、接待などで二店に行ってみました。

 YouTube動画で見る「浜田お魚センター七輪で実食!」
CIMG9380.jpg
コース料理は予約だったみたいで、今回は、単品で浜田「のどぐろ」と食べたことがない他の産地の珍しい魚を食べ比べてみました。ちなみに、向こうに見えているのが、浜田のB級グルメ「赤てん」です。ただ、この店の赤天は赤天じゃありません。個人的には、全く違うもの?で、これを赤天っていわれちゃうとちょっと困る・・・んだけど。

CIMG9383.jpg
のどぐろは高級魚で、量もそれほどないので、名前は知れ渡っても、まだまだ食べたことのない人は多いと思うのですが、私的には、浜田に来て、でかいのどぐろを市場で買って、ついでにサザエとか、他の魚もいろいろ食べまくってほしいと思います。4-5人で来て、ここでしか食べられない安くて旨いものが食べるプランとか、どかな?まあ、のどぐろ食べなれた私には、産直っていっても、なんかイマイチものたらない・・・。

CIMG9392.jpg
これは焼き。のどぐろは塩焼きが独特のうまみがある。これは小ぶりで食べるのが面倒くさかったけど、大きめの魚体になると、ふっくらしてて、食べやすいの。

CIMG9388.jpg
他の産地のものでは、こんなものを食べてみた。でも、一ヶ月前のことなので、すでに曖昧・・・まあ、おいしかったと思うけど。煮つけの上手い魚の一種ってことかな。

CIMG9394.jpg
すでに全く記憶がない・・・程度ってことか。ちなみに、ここまでが池袋の八吉。

CIMG9395.jpg
こちらは数寄屋橋のほうの八吉。いずれも個室。店によってもおつくりに違いがありますね。

CIMG9397_20101025134108.jpg
これはサラダ二種盛。これが結構おいしかった気がする。(記憶がおぼろ)

CIMG9401.jpg
別のお魚も食べ比べてみました。この薄造りはポン酢で食べます。これがおいしかった。というか、薄造りポン酢で食べるのが好き。

CIMG9404.jpg
馬づらは浜田のものではなかったけど、どこだったろう。山口のほうかな?

CIMG9405.jpg
すでに何者かの記憶がない。

CIMG9409.jpg
これはしめのなんとか雑炊なのだが、それが思い出せない。結構、おいしかったけど。後半は、のどぐろ祭から離れたけど、こんなふうに都内の居酒屋チェーンでは、産直や産地へのこだわりも、もう当たり前になってきている。そこそこの居酒屋にいけば、同じようなものが食べられるし、空間にもほぼ違いがない。どこで差別化するのかが、難しいと思うが、でも、差別化ってそもそも、そういうことじゃないし、もちょっと頑張ってほしいと思う。

一つ上げるとすると、飲食はチェーンによって、店によって、接客のばらつきはかなりある。客としては、うわべじゃない差別化をしてほしいね。

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

珍百景候補!?「千畳苑」の謎の「和風洋食朝食」

島根県浜田市「国民宿舎 千畳苑」謎の和風洋食朝食
島根県浜田市「国民宿舎~千畳苑」
浜田の代表的な海水浴場というと、やはり「千畳苑」です。何十回、いや、何百回泳ぎに行ったかわかりませんが、今回、はじめて「国民宿舎千畳苑」に入りました。目の前が海という絶好のロケーションで、県外からの海水浴客などで夏はいっぱいになります。

島根県浜田市「国民宿舎~千畳苑」朝食~和食
今回は、ここがセミナー会場となっていたこともあり、二泊してみました。そこで、食べた朝食。和食と洋食が選べるのですが、ここの洋食の朝食が、謎の和風洋食朝食なのです!見本を見せられて、えっ?これ洋食ですか?と思わず聞き返したほど。まず、初日は無難に和食にしてみました。シンプルですが、結構、おいしくて、これなら謎の朝食にチャレンジしてもいいか、ってことで、翌日、わくわくしながら、海の見えるレストランへ。

島根県浜田市「国民宿舎~千畳苑」海の見えるレストラン
松林の向こうに、青い空と海が見えます。

島根県浜田市「国民宿舎~千畳苑」朝食~謎の和風洋食?
ん?あの陶板焼きは何者?と思いつつ、和の食器に盛られたものたちをじーっと観察。なんだろう?謎が謎呼ぶ殺人事件です(古っ)。パン、珈琲(結構、ちゃんとした珈琲だった)、サラダらしきもの、ヨーグルト、ぶどう、コーンスープ、そして、陶板に火が入れられる・・・。何が入っているのやら?

島根県浜田市「国民宿舎~千畳苑」朝食~謎の和風洋食?朝食~謎の和風洋食?
器は和だが、中は洋。たぶん、国民宿舎の経営が民に移管されて、ある食器を活用しているんだね。いや、この面白さをぜひ続けて、探求してほしいと思う。

千畳苑の朝食~謎の和風洋食?
特に、これとか見ると、そう思わずにいられない。「・・・すごい。これ、やっちゃう千畳苑、最高です!」これは、珍百景に投稿したほうがいいんじゃないだろうか?いや、絶対にすべきだよ。というか、もうされているのか?

朝食は、珈琲やおつけものなどがバイキングになっている。朝食は結構、おいしかったし、何より楽しかった。夜は食べてないけど、昼食はもっと工夫するといいんじゃないかな?夜になると、漁火を見ながら食事できたり、大浴場を楽しめる。オフシーズンの千畳苑もおすすめです。たぶん、私が最も愛する海。ここがもっと楽しいゾーンになるといいなー、と思いつつ。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

石見の愉しみは、紺碧の海と日本海の夕陽、漁火

島根県浜田市「千畳苑」海水浴場
梅雨明けした朝の千畳苑です。青い空、白い雲、青い海、白い砂浜。そして、波の音。

千畳苑 石見海浜公園千畳苑 石見海浜公園 
親子で朝の散歩でしょうか。遠くに見える「畳ヶ浦」。できたら、あそこまで歩いて行きたかったけど。

CIMG6744.jpg
千畳苑の特徴はなんといっても、この海岸線に沿って続く松林。

石見海浜公園 千畳苑千畳苑 石見海浜公園 松林
松は青々としていますが、下には、落ちた松の葉と松ぼっくりが大量にあり、ふかふか。

石見海浜公園 千畳苑 松林島根県浜田市「国民宿舎千畳苑」松林
まだ木にある緑のまつぼっくりと下に落ちた松ぼっくりが。

千畳苑 石見海浜公園
こちらは夕方の姿。この日は、まだ梅雨明け前で、曇天。波はやや高く、サーファーの姿もかなりありました。

千畳苑 石見海浜公園
朝とはまた違った風情があります。夜には、漁火も見られます。石見地方では、この季節から秋にかけて、たくさんのイカ釣り船が出ています。梅雨の大雨の間は見られなかったいさり美ですが、この直後から、一斉に漁に出始めました。

千畳苑 石見海浜公園とコタロウ
こどものえきTVの取材、コタロウの海の日記はこちらでご覧ください。8月20日から26日平日10:00~、東京では、北ケーブルテレビで放送されます。
 

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

浜田港の海産物を買う、味わう、しまねお魚センター

島根県浜田漁港~しまねお魚センター

浜田は、高級魚のどぐろ、カレイの一夜干しで有名な漁港です。浜田のお魚や水産加工品は、ここ「しまねお魚センター」で買ったり、食べたりすることができます。

島根県浜田漁港しまねお魚センター
浜田漁港のすぐそばにあるお魚センター。浜田港に水揚げされたばかりの新鮮なお魚や水産加工品を地方発送したり、レストランや七輪コーナーに持ち込んで食べることもできます。

しまねお魚センター(島根県浜田市)
のどぐろ、アジ、カレイは、浜田のブランド魚どんちっち三魚となっています。高級魚ののどぐろも、手頃な値段で購入することもできます。

しまねお魚センター 干物、のどぐろ、かれいほか浜田漁港しまねお魚センター
鮮魚だけでなく、そうしたブランド魚の干物の種類も多く、中にはこんな巨大なものもあります。手のひらより、大きいアジ。バーベキュー・パーティなんかで出すと、盛り上がりそうです。

しまねお魚センター(島根県浜田市)しまねお魚センター 鮮魚 さざえ
お魚センターの中には、買った食材を持ちこめるレストランや七輪コーナーがあります。私たちは、七輪コーナーに持って行き、浜田炙りパーティーをしてみました。このサザエは1000円と安いです。

浜田漁港 しまねお魚センター
買いこんだ食材は、浜田名物「赤てん」ぴりっと辛くて、ビールに合います。(この日は昼間だし、ノンアルコール)さざえは壺焼きにします。干物はのどぐろ、この時期脂が乗って一番おいしいブランドのどんちっちアジ、カレイは頭と骨を取った温泉カレイです。

浜田漁港~しまねお魚センター
金沢の温泉でも出されている、骨と頭を取ったカレイ。カレイは細かい骨があって、食べにくくて敬遠されがちなんだと思いますが、なんと言っても、この食べやすさが人気です。ただ、浜田のエテガレイの一夜干しなどは、脂で挙げて骨ごと食べるのがおすすめです。その香ばしさ、美味しさを一度知ると病みつきになります。

浜田漁港~しまねお魚センター
サザエは結構大きめを選んで、4個で1000円です。

浜田漁港~しまねお魚センター
これが名物、赤てん。最高です。

浜田漁港 しまねお魚センター
さあ、焼くか!ってことで、七輪に乗せていきます。

しまねお魚センター(島根県浜田市)
うーん、おいしそう~。

浜田漁港 しまねお魚センター
玄関口のコーナーなので、知り合いの輪ができます。

浜田漁港~しまねお魚センター
さあ、焼けたぞ。

浜田漁港~しまねお魚センター
こちらはのどぐろの干物です。小さなものだと、リーズナブルです。小さくても、ちゃんとのどぐろの味がして、おいしいですよ。

浜田漁港 しまねお魚センターしまねお魚センター レストラン
こちらは、その場で買って、レストランに持ち込めるお店です。他のお店で購入したものは×ですが、このお店のものでしたら、好きなものを買って入れます。お家で調理するのはちょっと・・・という方は、ここで食べて帰っちゃってください。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

浜田のおすすめ特産品・お土産リスト

浜田の特産品・おすすめお土産リスト

まず、代表的な浜田の特産品、私がおすすめできるお土産ベスト3をご紹介します。

浜田港の鮮魚・海産物・水産加工品(お魚センターの記事参照)
赤てん(浜田に3社あります)
仲屋の利休饅頭(今回は取材・写真なし)

島根県浜田市「赤天」
赤てんというと、江木の赤てんが一番有名です。市内にはほかにも赤てんを作っているところがあり、スーパーなどに並んでいますが、外から来られた方が目にするのは、江木さんのものが多いでしょう。市内のスーパーでは揚げたての赤てんが出ていることもあり、まだほんのりあったかい赤てんを食べることもできます。今、市内に三社あります。それぞれに少しずつ違いがありますが、その違いも愉しんでほしいです。ちなみに、浜田以外でで作られたものは正当な赤てんではありません。赤てんは江木さんが商標登録されています。

赤てん 江木蒲鉾
みなさん、赤てんって食べたことありますか?びりっと辛くて、ビールにもご飯にも合うんです。80年代だったか、一度、テレビで取り上げられて、ちょっとしたブームになりましたが、最近は、またB級ご当地グルメとして注目されています。ファンも多いと思く、遠くからも買いに来られます。最近では、ネットでも買えますしね。

赤てんせんぺい 浜田道の駅
最近では、その赤てんブームにあやかったこんな商品も出てきました。500円で、浜田の道の駅「ゆうひパーク」で売られています。これはまあ、話のネタにでもしてもらうとして、赤てんは、一度、試してみてください。できたら、東京のスーパーで売って欲しいです。これでビールは最高です。

人気の高級魚のどぐろをお手軽に、のどぐろ関連商品

最近ののどぐろ人気もあって、浜田のお土産品には、のどぐろを使ったものが多く見られます。売れ筋は、浜田の水産高校と共同開発したの「どぐろふりかけ」(シーライフ 500円)ですが、炙りのどぐろだし茶漬けなどの高級品など、その数はかなりのものです。

島根県浜田市の特産品
シーライフさんののどぐろふりかけなど。

河野商店「炙りのどぐろ茶漬け」(島根県浜田市)
こちらは、河野乾魚店さんの「炙りのどぐろだし茶漬け」。実は、こちらを河野さんから頂いたのですが、まだ食していません。近く、またご紹介しますね。

浜田の特産品・お土産を買える場所

鮮魚や水産加工品などはお魚センター、一般的なお土産は道の駅といったところでしょうか。ただ、利休饅頭はぜひ、直接、店舗に行って買ってください。売店などにあるものとは味が全く違います。この利休饅頭の製法は秘伝で、他にはないテイストです。上品で奥深く、味わいがあります。また、地元のスーパーに行くと、土産物屋にはない面白いものが発見できるんじゃないかと思います。

1.しまねお魚センター
2.浜田道の駅「ゆうひパーク」
3.JR浜田駅一階の「コンビニ」か「観光案内所/市民サロン」売店

浜田道の駅 ゆうひパーク
なんていうか、どういうコンセプトだろうか・・・ゆうひパーク・・・このB級感を愉しんで・・・って、どうなんだろうか。いやはや、微妙~ですなぁ。

JR浜田駅浜田駅 観光案内・物産JR浜田駅 コンビニ売店
こちらは、リニューアルしたJR浜田駅。一階にコンビニ、観光案内所などがあります。観光案内所では、特産品の一部がおいてあります。

伊藤園にも出荷している浜田唯一の茶園「扇原茶園」

島根県浜田市「扇原茶園」扇原茶園
駅の売店には、浜田で唯一の茶園「扇原茶園」さんのお茶が買えます。伊藤園に出荷していることで、品質の高さが伺えます。一回分ごとに小袋になっていて、使いやすいです。私は、緑番茶、ほうじ茶、玄米茶の三つを買って帰りました。

島根県浜田市観光協会 http://www.kankou-hamada.org/

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

安全安心の鮮魚加工工場「若女食品」を見学(浜田)

島根県浜田漁港~安全安心の鮮魚加工工場「若女食品」を見学

鮮魚の加工で、徹底した安全管理、トレサビリティに取り組む企業があると聞き、工場見学をさせて頂きました。島根県西部、浜田は、カレイ一夜干し生産量で日本一、最近では、高級魚のどぐろなど、ブランド魚どんちっちで有名な日本有数の漁港です。そこに、ブランドあじをはじめ、鮮魚の加工で注目される企業「若女食品」があります。

若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学
鮮魚の加工というと、市場の横でまないたで魚を開いて・・・というイメージがありますが、ここでは徹底した衛生管理のもと、K値という、魚の新鮮さの科学的指標を用いて、鮮度や品質の管理を行っています。

島根県浜田市「社会科・工場見学」若女食品
実は、これお刺身として、食べることができます。私は7才の時から、今朝水揚げされたばかりの魚ばかりを食べてきた人間です。正直、これってどうなんだろうという印象もあったのですが、まだ生きているようなアジのたたきを食べてきた人間が、思わず、これおいしいと声を上げるほどの味と鮮度です。6月から7月にかけて、味の脂質含有量は高くなります。

CIMG6698_20100801092126.jpg
特においしい時期のものということもあり、この寿司ネタ、ブランドどんちっちアジはものすごく厚みがあります。脂がのっているといっても、おいしさの脂ですので、ひつこくもなく、味わい深いのです。

CIMG6700.jpg
若女食品の加工品を見ると、おつくり用、かのこ(寿司ネタ用)などがあります。この袋はまだ一般ユーザー向けには、管理の問題もあり、販売していないそうですが、みんな買って帰って、うちで、このお寿司を食べたいと言っていました。現在、都市のスーパーには、この若女食品の鮮魚加工を刺身や寿司として提供しているところもあります。

CIMG6705.jpg
若女食品さんの安全安心への取り組みについて、いろいろとお聞きした後、品質管理室の担当稲垣さんに工場の案内をして頂きました。

島根県浜田市「社会科・工場見学」若女食品若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学
実際の加工現場に立ち入ることはありませんが、外廊下から見学する人もちゃんとこうした帽子などの着用を行います。菌の流入を徹底して排除するためです。生で食べるものを扱っている企業の安全への姿勢、徹底したシステム・マネジメントは素晴らしいです。

若女食品(浜田)安全安心の魚加工工場見学CIMG6677.jpgCIMG6682.jpg
製造業では当たり前の「5S」が、漁業や水産加工の現場でどれほど取り入れられているのかわかりませんが、こうした取り組みは、まだ多くありません。若女食品では、商品のトレサビリティにも取り組んでいます。トレサビリティとは、食品の生産、処理、加工、流通、販売等の段階で、仕入先、販売先、生産・製造方法の記録をとり、その情報を保管、追跡できることです。

浜田を離れて20年近く経ちますが、浜田にもこうした先進的企業があることを知り、とても嬉しいです。

若女食品株式会社 http://wakashoku.jp/
びーびー工房 http://www.bb-koubou.jp/

※ちなみに、びーびーとはお魚のことです。子どもが使う言葉です。(注釈不要?これ標準語かな?)

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

体験活動サポートセンター「やさか村」の愉しみ方

廃校活用、体験活動サポートセンターやさか村

体験活動サポートセンター「やさか村」
浜田市弥栄町(旧弥栄村)に、廃校を活用した体験活動サポートセンターやさか村があります。運営するのは、グリーン・ツー・ネットさんです。この日は、わざわざメンバーの方が集まってくださって、お昼御飯をご用意してくださいました。弥栄で、有機農業を実践する「みずすまし」が食材を提供してくださったり、農場を見せて頂いたりもしました。

島根県浜田市弥栄
見送りに出てきてくれたお母さんたち。ほがらかで明るいです。ここでは、親子キャンプや食農体験、夜の海観察会など、様々な体験プログラムを提供しています。この日は米粉を使ったパンやピザ、有機野菜のサラダなどをご用意してくださいました。

島根県浜田市弥栄、有機食米粉ピザ やさか村
もちもちした米粉のパンは腹もちもいいのが特徴です。卵は有機農業で使う合鴨の玉子です。

島根県浜田市弥栄やさか村 ドッグラン
校庭だったところは、ドッグランになっています。

田屋城 弥栄杵束体験活動サポートセンター「やさか村」
その裏には、こんな史蹟。田屋城にまつわる伝説はいろいろとあるようです。そして、未活用の・・・資源の宝庫?廃墟好きには垂涎のスポット。実は、この校舎には、ミステリーな噂話もあり、ぜひ、歴史的な伝説も含めて、名探偵コナンの舞台にどうでしょうか?と思うのでありました。

島根県浜田市弥栄やさか村 廃校活用
校舎はほとんど手が入っておらず、当時のままの保存状態も良好。変に作り込んでいないところが、ここの素敵なところだ。

体験活動サポートセンター「やさか村体験活動サポートセンター「やさか村
くーっ、いい!しびれるぅ・・・。こういうのたまんないです。(無類の廃墟好き。9月には念願の軍艦島上陸作戦も予定)作ろうと思っても作れない。この感じ。映画も撮れそう。ちなみに、このプールまだ使えるそうです。やー、夜会をやりたいね。水張って、アジアンリゾートのようにして、ランプやろうそくでキャンドルナイトもいい。ミステリーナイト!きゃっ。

コタロウの農業体験 体験活動サポートセンター「やさか村」
水澄ましの里創りグループ「みずすまし」さんの農場見学などのレポートは、コタロウが「こどものえきTV」の取材でしています。こちらもぜひ、見てやってください。この野菜の花、何かわかるかな?

コタロウの社会科見学~農業と農家さんのお仕事
ドッグランもある、廃校活用の体験施設「やさか村」へ

島根県浜田市ツーリズム協議会 http://www.h-tourism.com/
体験活動サポートセンター「やさか村」グリーン・ツー・ネット
水澄ましの里創りグループ「みずすまし」  有機農業研修生募集情報

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

グランドゴルフ場併設、波佐温泉「ほたる湯館」

金城 グランドゴルフ場併設、波佐温泉「ほたる湯館」の愉しみ方

金城 野菜の無人直売所
浜田市は、平成17年、市町村合併で、浜田市、金城町、旭町、弥栄村、三隅町、5つのまちが合併しました。海に面し、島根県の主要国道9号線が通る浜田市と三隅町以外の3つのまちは、山間部にある農業が中心の小さなまち。それぞれ個性を生かしたまちづくりを推進してきました。そんな地域が一生懸命頑張る姿が、こんなかわいい無人市場も表れている気がします。

ほたる湯館 波佐温泉波佐温泉 ほたる湯館
くわの木工房からの帰り、気になっていた「波佐温泉ほたる湯館」さんに立ち寄ってみました。アポなしで突然の訪問。まだ、準備中の札がかかっていたのですが、親切にも、中を見せてくださいました。

波佐温泉 グランドゴルフ場
隣接するグランド・ゴルフ場には、隣の江津市からシニアのグループが来られて、プレイされていました。ここは、日本グランド・ゴルフ協会認定のコースで、敷地面積7000平方メートルに、8ホール、2コース。駐車場50台を完備しています。隣に温泉、バーベキューもできるクラブハウス、週末には野菜市も開かれるそうです。しかも、ここで、グランド・ゴルフの大会もあるのだとか。

波佐温泉 グランドゴルフ場波佐温泉 バーベキュー
クラブハウスの横には、川が流れ、せせらぎの中、バーベキューも楽しめます。ちなみに、バーベキューハウス使用料は一人200円。鉄板の貸出は500円、網は200円と格安。材料は持ち込みということですが、予約したら用意してくれるサービスもできるといいですよね。グランド・ゴルフって、ゴルフほど難しくなさそうだし、子どもとかでも、なんか簡単にできそうですし、家族や仲間で来て、グランド・ゴルフして温泉入って、バーベキューして、わいわいするの楽しそうじゃないですか?

波佐温泉「ほたる湯館」 浜田市観光情報案内

島根県浜田市金城町波佐(はざ)イ267-2 TEL/FAX(0855)44-0555
営業時間 13:00-21:00(休館日は毎月曜日・第四火曜日)
泉質 低張性アルカリ性冷鉱泉
入浴料 大人400円 小学生100円 お得な回数券あり
※休憩室は自由に使えます。

土日・祝日は、「菜々きんさい野菜市」があります。
グランドゴルフはクラブの貸し出しなどもあります。

食事や宿泊については、200メートル離れた場所に民宿「川根荘」、食事処「山女」があるそうです。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム