FC2ブログ

No.4 富士屋ホテル「花御殿」文化遺産の宿

一つのホテルで、これだけ書くことがあるのも珍しいことだけど、富士屋ホテルの建造物としての魅力はもしかしたら日本一かもしれない。

CIMG9493.jpg
接客や料理の面では、必ずしも高い質とホスピタリティがあるとは言い難いのですが、その佇まい、そして、客室の完成された空間、世界観の素晴らしさは、実際に泊まってみないとわからない。過去、奈良ホテルなど、国内の代表的なレトロホテルにはだいたい泊まったけど、やはりここは三指には入ると思う。

CIMG9465.jpg
この部屋はグレードでいうと、スタンダードツインになる。デラックスツインもそんなに値段は変わらないから、そっちでも良かったのだけど、まあ、とりあえず今回はお試しつてことで。ちなみに、この日のプランは、じゃらん経由、シングルユース朝食付きで20,850円(実際にはクーポン/ポイントを使ったのでもう少し安く泊まったのですが、クーポンがなかったら、たぶん、富士屋ホテルのHPからインターネット予約すると一番安く泊まれます)。

CIMG9483.jpg
右奥のボックスはウォークイン・クローゼットです。長期滞在用のホテルですよね~。一週間くらい泊まってゆっくりしたかったです。

CIMG9464.jpg
このベッド、じつに寝心地は最高でした。過去泊まった中で一番快適でした。

CIMG9712.jpg
この窓辺のデスクの仕事の捗ること。すごい集中できる。ここしばらくないほどの集中力を体感して、集中できる空間づくりって大事って改めて思ったものです。片付け&模様替え!そして、思索できる空間を確保するんだ!(自分に言い聞かせてます)

CIMG9487.jpg
私の泊まった部屋の花について書かれています。バーには部屋の名前をつけたカクテルがあるんですよ。夕食のワイン一杯で酔ってしまって、バーに行けなかったんですが、なかなか。こういうところはやるや富士屋ホテル。バーに行ってみたかったけど、NEXT!

CIMG9469_20120406181920.jpg
家具も古いものです。真中にスイッチがあって、下からライトが当たるようになっています。やっぱり文化財って使ってなんぼって思いますよね。よく記念館みたいな観光施設で、ただ飾ってあるの見るだけってやっぱりイマイチなんだよね。建物も家具もそれじゃ、死んじゃう。よほど国宝みたいなものでない限り、大切にして使うって大事だと思う。

CIMG9486.jpg
今回はロケーションも良かった。窓からは、目の前に西洋館、向こうに本館が見える。

CIMG9476.jpg
お風呂の良いところは、温泉が出るところ。うん、これはいい!

CIMG9479.jpg
アメニティは何だっけ?そんなにすごい特別なものではないとは思うけど、ロクシタン?かもしない。

CIMG9496.jpg
こういうオフィスだったらね~。めちゃくちゃ仕事できそ~。中には、素泊まり14000円くらいからお得なプランがあるみたいです。ここはやはり最低二泊三日ですかね~。ちなみに食事は外で食べるといいと思います。ザ・フジヤの朝食はお勧めだけど、2000円くらいしますし、あとは特別ここで食べるほどの料理ってそんなにはないと思うので、近くの美味しいパン屋とか、レストラン行くといいと思います。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

認定No.3 「出雲グリーンホテルモーリス」(島根) 

出雲No.1ホテルとして私がお勧めするホテルは、出雲グリーンホテルモーリスです。

CIMG5823.jpg
場所は、JR出雲市駅前。徒歩1分。目の前です。

CIMG5817.jpg
部屋はゆったりとしています。

CIMG5818.jpg
シンプルですが、なんだろう・・・寛げる感じ。写真はないのですが、大浴場もあります。あ、アメニティとかの写真撮らなかったのかしら?

CIMG5822.jpg
写真からはあまり伝わらないかもですが、すごく雰囲気が柔らかいです。天気のせいもあるかもですが。

CIMG5832.jpg
私が気に入ったのは、この出前サービス。いろいろな飲食店のメニューがあって、お部屋に出前してくれます。これは中華定食セット。えっと、いくらだったかな?1200~1300円くらいだったと思います。もう出るのおっくうとか、部屋で仕事したいとか、まったりしたいとか、そんな時にとってもいいサービスです。とっても美味しかったです。

CIMG5835.jpg
朝食付きで、たぶんですが、6000円くらいかな?スーパーホテルだと4980円で泊まれますが、このゆったり感、大浴場もあるし、接客もすごくよかったです。一階ロビーには、いろいろなサービスもありました。出雲で泊まるなら、また、ここにしようと思っています。ちなみに、★5つ、満点のホテルでございます。

テーマ : 島根県
ジャンル : 地域情報

No.2満足度五つ星 長良川温泉「十八楼」(岐阜)

恋するまち・商店街認定のおすすめ宿No.2(行った順じゃなく、書いた順)はこちら。

CIMG2367_20110306163851.jpg
観光経済新聞でプロが選ぶ、2010年度の「日本の温泉旅館ホテル250選」で、今回初選出された「十八桜」。予約した時はそれは知らなくて、Yahooトラベルで岐阜県で一番評価の高いホテルだったので選んでみた。2009年秋から2011年1月までに泊ったホテルや旅館の中でNo.1の五つの星の満足度が得られた宿、それが今回ご紹介する「十八楼」。岐阜駅から車で15分。鵜飼で有名な長良川に面する老舗の温泉旅館。創業1860年の宿です。

CIMG2639_20110306163852.jpg
長良川鵜飼遊覧船事務所や待合所がある川原町の入口に位置。でも、正直、表からは特別な感じはうけません。

CIMG2368.jpg
部屋に案内されて、まず目に止まるのは、この長良川の風景。上の写真も部屋から撮ったものです。

CIMG2372.jpg
でも、部屋だって、特別すごいというわけではありません。

CIMG2386.jpg
じゃあ何がそんなに満足度が高いのか。すごいのかってことですが・・・

CIMG2388_20110306165050.jpg
やはり、そのホスピタリティの高さに尽きます。ホスピタリティ、いわゆる「おもてなし」ってやつですが、言うは易し、行うは難し。それを実現できている宿は実に少数です。それは、この宿の入口を入った瞬間から、出発の時、ここを出るその時まで、一貫して提供されました。ちなみに、この方は昨年の秋から毎日宿泊者に無料で提供している川原町散策の案内人さん。この方がまた素敵で。

CIMG2389_20110306165831.jpg
十八桜は、1688年(貞享5年)俳聖・松尾芭蕉翁が岐阜を訪れた際、長良川畔にあった水楼を「十八楼」と名づけ、かの有名な「十八楼の記」を記したところから、その名がつけられたそうで、案内人さんの後ろにはその由来が綴られ、ロビーには句を投稿するコーナーが作られていました。ここでゆっくりされて、句を詠んだ方も多いのでしょう。

CIMG2466.jpg
さて、今回、私が予約したプランは領収書によると(覚えてない)、一泊二食22,620円(税・サービス込)なのですが、その晩御飯。さてさて、今日のお料理は?っと。

CIMG2467.jpg
食前酒には山査子サワー。お通しと前菜など。

CIMG2476.jpg
お供は、こちらの地酒。十八桜バージョン?

CIMG2479_20110306171259.jpg
うーん、のっけから期待が高まります。

CIMG2480_20110306171258.jpg
お吸い物は蛤真丈。さすが老舗温泉旅館、上品~。

CIMG2483_20110306171258.jpg
お造り。

CIMG2489.jpg
焼き物はギンダラの「朴葉焼」です。

CIMG2493.jpg
中はこんな感じ。

CIMG2492.jpg
蓋物は鯛。

CIMG2484.jpg
そして、メインはこちら。

CIMG2486.jpg
飛田牛のしゃぶしゃぷ。最近、宿でもレストランでも、メインがどれか見えないところって結構あるんですが、メリハリないと結局いろいろ出ても満足度高くならないんだよね。メインがしっかり見えるって大切。

CIMG2497.jpg
そして、絶品だった「鮎雑炊」。これはおすすめ。私的には、これが一番美味しかった。また食べたい。これ食べに行きたい。そのレベルでおいしかった。

CIMG2498.jpg
デザートは無理して食べた。おなかいっぱいです~。

CIMG2501.jpg
ちなみに、こちらが朝ごはん。バイキングではありますが、アンパンマン?とか、いろんな楽しいパンケーキを焼いてくれたり、いろいろします。

CIMG2529.jpg
入口にある「手湯」は、そこを歩く人、誰でも使うことができます。寒い時には、本当にありがたいサービスです。

CIMG2379_20110306165052.jpg
トイレにはにおい袋。しかも、京都の土産物屋で売ってるような高級な香り。トイレに行って、毎回、癒されるのってはじめて。

CIMG2380_20110306165052.jpg
川原町にある和菓子屋さんのお菓子がちゃんと使われている。これ、抹茶餡だったかな。甘すぎず、美味しい。冬とか、寒いところ歩いてきて、ちょっと一休みするのにいいです。

CIMG2383_20110306165051.jpg
テレビの番組表にも一工夫。素晴らしい!

CIMG2378.jpg
洗面台はごくシンプル。でも、せっけんは使い捨てタイプじゃないほうがいい。減点するところってここくらいかな。

CIMG2376_20110306163848.jpg
クレンジングとか、基礎的化粧品が備わっていました。

テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

No.1 甲賀忍びのかくれ宿「宮乃温泉」(滋賀)

恋するまち・商店街のおすすめ宿認定第一号はこちら

甲賀流忍びの宿「宮乃温泉」http://www.miyanoonsen.com/ ★★★★☆

CIMG7105.jpg
宮乃温泉にやってきましたー。わくわく。何故なら・・・

CIMG7103.jpg
2月16日から17日朝にかけては、こんな雪交じりのお天気。ちらちら雪が舞い、ちょっと寒いです。さあ、温泉じゃ、温泉じゃ。

お部屋
CIMG7090.jpg
まずはお部屋にご案内してもらいます。

CIMG7092.jpg
広々ですが、寒いので、障子を閉めて、さあ、とりあえず、温泉に行こっと。

CIMG7099.jpg
今時、珍しいですよね。このレトロ感、なんか温泉ぽくっていいです。

CIMG7098.jpg
温泉っぽい。最中は食べても良かったんだけど、お風呂からあがったら、夕食なので、食べませんでした。結局、食べなかったなー。

夕食
CIMG7061.jpg
さあて、まずは、地酒を一杯。

CIMG7056.jpg
ここから怒涛のお料理祭りはじまります。これでもか、ってくらいきます。

CIMG7060.jpg
すごいのは、料理一品、一品が本当においしい。これ、当り前のようだけど、滅多にない。本当に素晴らしいよ。一切、手を抜いた感がない。一つ一つの料理に、愛を感じる。

CIMG7059.jpg
カニもほんと美味しかったな。お酢の味付けもとってもいい按配。やっぱ、滋賀は、京都の料理なんだよね。でも、京都みたく気取ってなくて、暖かい。

CIMG7062.jpg
お刺身も、一つ一つが美味しい。

CIMG7068.jpg
煮物も上品な味。ここ、絶対、女性は好きだって。

CIMG7066.jpg
鮎は小さいけど、絶品!しかも、二匹も!?贅沢過ぎです。

CIMG7067.jpg
陶板の中身は・・・?

CIMG7071.jpg
こいつじゃ!やわらかくておいしいお肉です。このあたりで、すでにお腹いっぱいです。

CIMG7074.jpg
えっ、茶碗蒸しまで・・・。

CIMG7077.jpg
また、何か出てきた。奉書焼きです。凄過ぎます!もう食べられないよー。

CIMG7080.jpg
このデザート、絶品です。全ての料理が美味しいのですが、もう満腹で、ご飯すら、一口口にしたか、しないかなのに、このデザートはビックリするくらい美味しかった。

朝食
CIMG7085.jpg
朝食が豪華すぎて、シャケが食べきりませんでした。朝といえど、一品、一品が心がこもっていて、本当においしいです。甲賀に住んでいたら、たぶん、月に二回のペースで行くと思います。

CIMG7088.jpg
忍者汁、だっけ?途方もない量です。いろんな具がたくさん。

その他宿情報
CIMG7104.jpg
ご主人です。お料理、朝も夜も、本当に一品一品がちゃんと美味しかったです。こんなリーズナブルな値段で、すごいことだと思います。でも、女性とか、高齢者とかは、それぞれ一品ずつ減らしてもいいかも。どうしても食べきらなかった。美味しいのに。限界です!

CIMG7106.jpg
ここははなれ家みたい。

CIMG7102.jpg
何気ない花が美しいんだよね。

CIMG7108.jpg
おすすめ温泉宿~甲賀流忍びの宿「宮乃温泉」 http://www.miyanoonsen.com/

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

著書
水津陽子のプロフィール

水津陽子

Author:水津陽子
合同会社フォーティR&C代表・地域活性化・まちづくりコンサルタント。1998年経営コンサルタント・行政書士として独立開業。全国で講演、コンサルティング、調査研究、執筆活動を行っています。

水津陽子関係リンク
著書
トラブル解消、上手に運営! 自治会・町内会 お悩み解決実践ブック(実業之日本社) トラブル解消、上手に運営!自治会・町内会お悩み解決実践ブック」   日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地(日経BP社)   著書
LINEトラベル.jP
国内旅行のナビサイト「たびねす」ナビゲーターやってます! たびねすナビゲーター水津陽子 2013年12月より、記事執筆中
四谷活性化プロジェクト
四谷まち歩きパスポート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
検索フォーム